サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク

相川 亮二



名前 あいかわ りょうじ
生年月日 1976年7月11日
経歴 東京学館高校−横浜(94年D5位)−ヤクルト−巨人
入団年 94年ドラフト5位
在籍年 95年−08年
背番号 95年−03年[59]:04年−08年[8]
投打 右投げ右打ち
守備 捕手
横浜入団
94年のオフにドラフト5位で横浜入団。初年度は二軍でも1安打しか放てなかったが、二年目の96年には教育リーグで35打数16安打、打率.457と爆発し首位打者に。シーズンに入っても二軍で150打数39安打で打率.260と高卒2年目としてはまずまずの成績を残した。

サヨナラ
04年9月23日巨人戦。7対10とリードされて迎えた9回裏にニ死から河野の打ち上げた打球をライト堀田が照明で見失って三塁打にすると、続く多村の打球も見失い三塁打、さらに金城のファーストゴロを清原が照明で見失うという信じられない展開で1点差になった。そして古木が四球で歩いて二死一二塁とすると打席に入った相川が左中間を割る逆転サヨナラツーベースを放ち、6本塁打の巨人に0本塁打で打ち勝った。相川は「やるしかないと腹を決めて打った。自分たちが一番びっくりしている」と驚きを隠せなかった。

1回に2回
05年4月3日中日戦。5回表一死ランナー無しで相川が三振をしてツーアウトになった。しかしそこから横浜は2四死球を挟んで6連打の猛攻を見せて、二死二塁でまたも相川に打席が回ってきた。だが相川はまた三振をしてしまい、セリーグ史上27人目の1イニング2三振を記録した。

捕手で3割
05年にほぼフル出場を果たして正捕手を不動のものにすると、翌06年の春には日本代表に選出されて第1回ワールド・ベースボール・クラシックに出場した。更なる飛躍が期待された06年シーズンだったが出場119試合で打率.245という今一つの成績の終わった。だが同年から続けていた徹底した右打ちが翌07年に花開いて開幕から高打率をキープし、初のオールスターにも選ばれた。後半戦に一時戦列を離れたが、終盤に規定打席に乗せ球団の捕手では二人目となるの打率3割を記録、打率.302は球団捕手最高打率となった。

ヤクルト移籍
08年は腰痛の影響で101試合出場に留まった。同年のオフにはMLB移籍を目指してFA宣言したが、メジャー契約が得られず、翌09年にヤクルトと契約した。シーズンの前半は打率.272と結果を残して、8月4日に横浜スタジアムで行なわれた横浜戦で延長10回表に木塚から勝ち越しタイムリーを放ってお立ち台に上がるなど活躍したが、後半戦は故障もあって成績を落としてしまった。

骨折も強行出場
10年は打率.293、11本塁打、65打点という自己最高の成績を残した。翌11年は8月26日の阪神戦で右手親指を骨折し全治6週間と診断されたが、チームが優勝を争っていたため抹消せずに強行出場を続けてチームを引っ張った。巨人とのクライマックスシリーズファーストステージでは1勝1敗で迎えた最終戦で先制ソロを放ってファイナルステージ進出に貢献したが、中日に2勝4敗で敗れて日本シリーズ進出はならなかった。

故障
12年は開幕直後の4月12日の横浜戦で守備の際にファウルチップを足に受けて骨折。一ヶ月で復帰を果たしたが8月18日にも守備の際に投球を胸で止めて骨折。100試合出場が8年連続でストップしてしまった。翌13年はWBCに日本代表として出場したが、ペナントレースでは開幕直後の4月6日の横浜戦で中村 紀洋のライト前ヒットで本塁を狙った二塁走者ブランコに強烈なタックルを受けて左肩の鎖関節を亜脱臼して長期離脱となってしまった。

巨人移籍
14年は若手の中村と併用される形での起用が続いていたが、中村が開幕から3割を大幅に超える打率をキープするなど急成長した事もあってシーズンが進むにつれて出場機会が減少してしまう。同年はわずか58試合出場に終わると「勝負させてもらえる」環境を求めてFAを宣言し、巨人へ移籍した。年俸面ではヤクルトを下回っていたが、阿部のファースト転向で捕手が手薄になって横一線で勝負できる事が移籍の決め手となった。

故障に泣く
15年は開幕直後の4月2日中日戦で走塁中に右太ももを故障、5月下旬に復帰すると27日の西武戦で3安打、29日の楽天戦でソロ、6月9日からの日本ハム3連戦では7打数連続出塁を含む7打数6安打3四球という凄まじい活躍を見せて原監督から「今一番、信頼できるバッター」と称賛された。その後も正捕手として出場を続けて打率3割を超える活躍を見せていたが、7月28日の横浜戦で一塁走者としてマイコラスの送りバントで二塁へ進塁した際に浮いた送球をジャンピングキャッチで捕球した倉本にのしかかられて左橈骨(とうこつ)遠位端骨折および左尺骨(しゃっこつ)茎状突起骨折の重傷を負って離脱となってしまった。

菅野が9失点
16年は新たに就任した高橋監督が若手の小林を起用した事もあって2番手捕手として開幕を迎えた。小林が死球で骨折した6月中旬からスタメンマスクを被ったが、6月24日の横浜戦でそこまで防御率0点台という驚異的な成績を残していた菅野が2.1回9失点という衝撃的なKO劇を演じた事で評価を大幅に落として、以降は代打としての起用のみとなり、7月10日の横浜戦では代打で満塁走者一掃の勝ち越し打を放ったが、わずか37試合出場という00年以降ではワーストの成績に終わってしまった。

サヨナラ打
代打で起用が主になった17年は7月30日の横浜戦で8回裏に代打で起用されてファーストゴロに倒れて、この時点で13打数連続ノーヒットとなったが、そのまま試合に残ると3対4で迎えた9回裏二死一、三塁で山崎康から左中間へを逆転サヨナラとなる2点ツーベースを放って最後の晴れ舞台を作った。この一打は巨人史上最年長サヨナラ打となる41歳0か月での激弾となった。10月3日に現役引退を発表、同日のヤクルト戦で代打で起用されて最終打席で内野安打を放ち、試合後に神宮球場が相川コールに包まれる中で両軍の選手から胴上げされた。





初記録
初出場 99年8月21日ヤクルト戦
初安打 99年9月3日神:清原から
初本塁打 01年5月3日ヤ:石井弘から
初打点 00年8月20日神:湯舟から
初盗塁 03年9月19日中:4回にニ盗
記録達成日
1000試合 2010年6月2日ソフトバンク戦
1500試合 2017年8月4日中日戦
1000安打 2013年5月28日オリックス戦




99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17
オールスター 5回


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
99 横浜 8 8 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .250
00 横浜 39 73 6 16 2 0 0 18 7 0 0 3 1 3 2 11 2 0 .219
01 横浜 59 64 7 15 2 0 2 23 12 0 0 2 3 1 0 12 1 1 .234
02 横浜 73 174 16 39 6 0 1 48 12 0 1 1 1 6 2 34 5 4 .224
03 横浜 70 165 16 41 8 1 5 66 14 1 1 5 1 10 1 50 1 2 .248
04 横浜 102 304 31 80 16 1 8 122 46 3 0 5 1 13 0 77 8 2 .263
05 横浜 144 498 38 129 20 0 8 173 46 0 2 9 7 39 6 90 13 9 .259
06 横浜 119 388 36 95 19 0 6 132 39 2 1 9 7 29 5 83 11 5 .245
07 横浜 123 391 37 118 12 1 2 138 33 0 1 16 1 40 2 51 6 5 .302
08 横浜 101 306 27 78 5 1 7 106 22 0 1 11 1 19 2 52 7 4 .255
09 ヤクルト 122 413 26 102 21 1 5 140 43 2 2 6 3 23 1 69 14 3 .247
10 ヤクルト 120 427 44 125 17 2 11 179 65 2 0 6 7 30 4 70 8 2 .293
11 ヤクルト 126 409 24 100 14 1 1 119 33 0 0 11 4 30 4 62 13 8 .244
12 ヤクルト 72 220 19 54 8 0 1 65 28 0 0 1 2 20 1 33 7 5 .245
13 ヤクルト 66 219 23 61 13 0 6 92 30 1 1 4 2 14 0 42 2 1 .279
14 ヤクルト 58 192 19 48 8 0 2 62 21 0 0 2 2 9 2 31 5 1 .250
15 巨人 40 99 11 31 3 2 4 50 17 1 0 2 1 12 0 16 1 2 .313
16 巨人 37 41 2 10 2 0 0 12 4 0 0 0 1 6 0 10 0 0 .244
17 巨人 29 38 0 6 1 0 0 7 3 0 0 0 1 1 0 9 1 0 .158
球団 10年 838 2371 215 613 90 4 39 828 231 6 7 61 23 160 20 461 54 32 .259
通算 19年 1508 4429 383 1150 177 10 69 1554 475 12 10 93 46 305 32 803 105 54 .260


  プレーオフ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
09 ヤクルト 1 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 .000
11 ヤクルト 8 28 1 9 2 0 1 14 1 0 0 0 0 1 0 6 0 0 .321
12 ヤクルト 3 12 0 5 2 0 0 7 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .417
16 巨人 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 4年 13 44 1 14 4 0 1 21 2 0 0 1 0 1 0 7 0 0 .318


  オールスター打撃成績
回数 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算 5回 10 12 1 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 4 0 0 .167


  二軍打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死 三振 併殺 失策 打率
95 横浜 12 19 1 1 0 0 1 4 2 0 0 0 1 3 0 0 .053
96 横浜 58 150 11 39 8 2 1 54 19 1 0 1 11 36 4 4 .260
97 横浜 61 110 14 24 3 0 3 36 14 1 3 1 8 26 4 3 .218
98 横浜 83 242 17 60 8 3 1 77 20 2 7 0 16 22 10 8 .248
99 横浜 43 115 16 33 5 0 4 50 16 3 2 2 9 19 3 1 .287
00 湘南 50 145 16 44 5 1 3 60 21 2 0 1 12 18 3 4 .303
03 湘南 18 54 8 15 5 0 1 23 8 0 1 0 7 5 0 0 .278
06 湘南 3 11 2 7 1 0 0 8 3 0 0 0 0 2 0 0 .636
08 湘南 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000
通算 9年 326 848 85 223 35 6 14 315 103 9 13 5 64 132 24 20 .263
球団在籍時のみ


  WBC打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
06 日本 1 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500
13 日本 4 3 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 0 1 0 0 .333
通算 2年 5 5 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 0 1 0 0 .400


  オリンピック打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
04 日本 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 1年 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000







 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年