サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

石川 雄洋



名前 いしかわ たけひろ
生年月日 1986年7月10日
経歴 横浜高−横浜
入団年 04年ドラフト6巡目
在籍年 05年−
背番号 05年−09年[52]:10年−[7]
投打 右投げ両打ち
守備 内野手
スイッチ転向
3年夏の甲子園では14打数10安打を放った打撃と、50メートル5.9秒の俊足、そして強肩と3拍子そろったプレーヤー。04年のドラフトで横浜から6巡目指名を受けて入団。06年の8月からスイッチヒッターに転向。翌07年にはオープンで28打数11安打、打率393を記録し初の開幕一軍を勝ち取った。開幕第3戦の巨人戦では高橋尚から初ヒットも記録した。

初盗塁
07年4月19日ヤクルト戦。試合は初回に相川のグランドスラムが飛び出すなど、6回が終わって10対0と横浜が序盤から圧倒していた。だが先発の加藤がヤクルトのクリーンナップに3死球を与えるなど試合は荒れムードだった。そんな中で7回表に代走に起用された石川が大量得点差にもかかわらず盗塁をしてしまい、これにヤクルトの古田が激怒し横浜ベンチにヤジを飛ばし、続く内川、村田に連続死球という報復行為を仕掛けてきた。これに大矢監督も激怒しマウンドに突進し、両ベンチから選手が飛び出して乱闘になり、ヤクルトの投手遠藤、捕手古田が退場となった。なおヤクルトの古田は2000試合出場達成の記念試合だった。

チャンス掴む
08年には代打で徹底した流し打ちを続けて結果を残すと、8月に北京五輪でチームを離れた村田に代わってサードのスタメンを任された。石川は月間24安打を放ってチャンスを掴むと、9月以降も若手起用のチーム方針もあってショートのスタメンを与えられた。最終的には打率.243まで落ち込んだが、共にチームトップの5三塁打、10盗塁を記録するなど飛躍の年になった。

レギュラー掴む
09年には134試合に出場して打率.242ながら、23歳の選手としては球団史上3位の19盗塁を記録。112安打も横浜移転後では田代、吉村に次ぐ3位と、シーズンを戦える体力を身に付ける。すると翌10年には開幕から3割前後の打率をキープし、盗塁も広島の梵とトップを争うなどリードオフマンとしてチームを引っ張る。8月に自打球で負傷して登録抹消になった事が響いて盗塁王は逃したが、リーグ2位の38盗塁にチーム2位の打率.294と大幅に数字を上げた。

最終戦でエラー
11年は課題だった出塁率アップを目指してカットバッティングを重視したスタイルに切り替えた。ファール数がリーグトップクラスまでに増加して四球も多少増加したが、打率が.260に留まった事が響いて出塁率は.307に低下してしまった。シーズン終盤に故障で登録抹消となりシーズン最終戦の10月22日の巨人戦で復帰して2対1とリードして迎えた9回裏から守備固めで登場したが、谷が放った平凡なショートゴロをはじいて出塁させてしまうと、そこから山口が打ち込まれて長野にサヨナラ逆転満塁ホームランという最悪の形でシーズンを終えた。

骨折×2
12年は右太ももを痛めた事もあって1割台の低打率が続き、117打席連続で打点なしを記録するなど苦しんだが、打撃フォームをオープンスタンスに変えると5月下旬から16試合連続ヒットを記録するなど状態を上げる。6月30日の広島戦で4安打を放つなど連続ヒットが途切れた次の試合から再び8試合連続ヒットを記録して打率が急上昇。7月に入っても16日のヤクルト戦で3年ぶりのホームランを放つなど素晴らしい活躍を続けて首位打者争いにも顔を見せ始めたが、前半戦のラストゲームでファウルを打った際に球が右手に当たって小指を骨折。一ヵ月後に復帰したがその翌日にバントを試みた際に左手人差し指を骨折して再び抹消となってしまった。

二軍降格
13年は開幕戦で8回表に逆転のきっかけとなるツーベースを放つと、4月3日の巨人戦では3点を追う8回裏に絶対的リリーバーの山口から16球粘った末に気迫のヘッドスライディングで内野安打、6日のヤクルト戦ではラミレスが2000安打を達成した直後のチャンスでライトスタンドに逆転スリーランを運んで快挙に花を添えるなど開幕から8試合中5試合で複数安打を記録する上々のスタートを切った。だがその後は大幅に状態を落として打順降格を経てスタメン落ち。そして5試合連続で出場なしで迎えた5月20日に中畑監督から練習態度やベンチでの姿が「ふてくされてチンタラやっているように見える」と判断されて故障以外では5年ぶりの二軍降格となった。

8試合連続複数安打
6月8日のオリックス戦で一軍に復帰すると1番セカンドで起用されて3安打1四球という活躍を見せた。後半戦に入ると7月30日の広島戦で4安打、8月1日の広島戦で3安打、3日、4日の中日戦で2試合連続3安打と打ちまくり.237まで落ち込んでいた打率が急上昇。続く巨人3連戦、ヤクルト2連戦でもヒットを重ねて、13日の巨人戦では勝ち越し打を含む2安打を放って球団新記録の8試合連続複数安打を記録した。だが翌日の試合でホームでのクロスプレイで左肩を強打、16日には右足を痛めて途中交代となり抹消となってしまった。同年は打率こそ.275に留まったが、目標に掲げていた出塁率.350はクリアし、チームトップの75得点とチームを引っ張った。

138試合出場も
14年は開幕から11打数連続ノーヒットを記録するなど4月終了時点で打率.193と苦しみ、5月には月間打率323を記録して持ち直したが4安打を記録した5月28日のソフトバンク戦で盗塁の際に首を痛めてしまう。6月からは来日したグリエルに押し出される形で外野での起用も増えるなど厳しい立場に追い込まれ、8月27日の中日戦では3安打、1四球で4得点を記録したが、CSの可能性を残した9月には27打数連続ノーヒットに倒れるなど大幅に数字を落としてCSを逃す一因になってしまった。同年には自己最多の138試合に出場したが打率.248、出塁率も前年から四球数が大幅に減少した事も響いて.306という結果に終わった。

初回出塁で14連勝
15年は開幕を目前にした3月中旬に右肘を痛めて手術も検討されたがシーズンを棒に振ることになるため痛み止めの注射を打ち続けて試合に出場する事を選択。4月1日の広島戦で決勝打を含む3安打を放つと翌日には4安打を記録、7日の阪神戦でも4安打、翌日には2安打とスクイズ、さらに翌日には3安打、25日の中日戦ではホームでのクロスプレイでキャッチャーのタッチを華麗に交わしてホームインとリードオフマンとしてチームを引っ張った。また初回に出塁した試合は開幕から14連勝という不敗神話も話題になった。

サヨナラヒット
5月30日のロッテ戦から4試合連続複数安打を記録して打率が.306まで上昇したが、6月6日の西武戦で2打席連続の死球を痛めている右肘に受けて途中交代、翌日から出場を続けたが股関節も痛めるなど負傷が続いて月間打率.169と大幅に数字を落としてしまう。そんな中でも6月24日の巨人戦で筒香の併殺崩れの間に二塁から一気にホームへ還る好走塁を見せると、7月3日の阪神戦では抑えのオ・スンファンからサヨナラヒットという印象的な活躍を見せて前半戦首位ターンとなったチームを引っ張った。だが7月7日の広島戦ではホームでのクロスプレイで右膝に裂傷を負うと、31日には左太もも裏を痛めて登録抹消となり89試合出場に留まった。

右肘
16年はオフに右肘のクリーニング手術を受けた影響で出遅れると4月8日に一軍に合流して2番セカンドを任されたが状態が上がらず打率1割台に低迷、5月25日の試合目練習で手応えをつかむと同日の中日戦で3安打を放ち、次戦でも3安打を記録したが、右肘の痛みが引かず苦しい日々が続いた。同年は送りバントや進塁打を評価されて95試合に出場したが打率.209という自己ワーストの成績に留まった。初出場を果たしたCSではファイナル第3戦で8回裏にエルドレッドのファウルフライを好捕すると痛めていた右ひじをフェンスに強打したが打球を離さない気迫のプレーでチームを勝利に導いた。





初記録
初出場 06年10月12日ヤクルト戦:代打で三振
初安打 07年4月1日巨人戦:高橋尚から
初本塁打 08年8月31日ヤクルト戦:石川から
初打点 07年4月19日ヤクルト戦
初盗塁 07年4月19日ヤクルト戦
記録達成日
1000試合 2016年8月13日広島戦






  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
06 横浜 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 .000
07 横浜 19 24 5 3 0 0 0 3 1 1 0 1 0 2 0 6 0 0 .125
08 横浜 83 259 24 63 4 5 1 80 13 10 5 6 1 6 1 60 5 9 .243
09 横浜 134 463 38 112 15 3 2 139 24 19 4 15 1 13 3 98 8 17 .242
10 横浜 131 521 69 153 23 6 0 188 18 36 13 38 1 21 3 91 6 6 .294
11 横浜 125 466 49 121 11 1 0 134 22 12 7 32 0 30 2 95 8 13 .260
12 横浜 80 263 31 75 10 1 1 90 14 7 6 13 1 24 3 49 3 2 .285
13 横浜 119 459 75 126 12 4 5 161 41 5 2 5 0 51 8 76 6 14 .275
14 横浜 138 483 66 120 16 5 7 167 36 9 3 16 0 32 8 98 9 9 .248
15 横浜 89 343 43 89 8 1 1 102 18 6 3 9 0 16 7 82 2 8 .259
16 横浜 95 297 35 62 8 2 2 80 14 6 4 11 1 18 2 67 3 3 .209
通算 11年 1015 3580 435 924 107 28 19 1144 201 111 47 146 5 213 37 724 50 81 .258


  プレーオフ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
16 横浜 5 10 0 3 0 0 0 3 0 0 0 1 0 1 0 1 0 0 .300
通算 1年 5 10 0 3 0 0 0 3 0 0 0 1 0 1 0 1 0 0 .300


  二軍打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死 三振 併殺 失策 打率
05 湘南 45 74 12 18 5 1 0 25 2 2 1 0 5 25 0 4 .243
06 湘南 48 171 17 44 8 1 1 57 14 12 12 0 12 52 4 10 .257
07 湘南 39 115 15 26 0 0 1 29 5 5 5 0 6 30 0 4 .226
08 湘南 23 91 10 27 4 0 0 31 2 3 3 1 6 14 3 3 .297
10 湘南 2 8 1 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 2 0 0 .125
11 横浜 2 5 1 1 0 0 0 1 0 1 0 0 3 0 0 0 .200
12 横浜 3 6 4 2 0 0 0 2 0 0 0 0 5 1 0 1 .333
13 横浜 10 38 6 11 3 0 2 20 8 1 0 0 2 9 2 0 .289
15 横浜 7 22 3 7 2 1 0 11 0 0 0 0 0 3 0 1 .318
16 横浜 20 65 4 16 4 0 0 20 3 1 0 1 4 17 1 2 .246
通算 10年 199 595 73 153 27 3 4 198 35 25 21 2 43 153 10 25 .257







 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年