サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク

梶谷 隆幸



名前 かじたに たかゆき
生年月日 1988年8月28日
経歴 開星高校−横浜(06年D3巡目)
入団年 06年に高校生ドラフト3巡目で入団
在籍年 07年−
背番号 07年−13年[63]:14年−[3]
投打 右投げ左打ち
守備 内野手
県大会
4年時に「持田ボンバーズ」で野球を始める。当時は投手と捕手をしていたが中学から内野手転向。学業の特待生として入学した開星高では1年から野球部でショートのレギュラーを獲得。ヘルニアになり授業を受けるのも厳しい状態となり、医者からは「もうスポーツは出来ない」と言われたが、東洋医学の病院や整形外科にも数多く通うなど諦めずに再起。3年の夏には県大会で20打数9安打を記録し開星高校の4年ぶりの甲子園進出に大きく貢献した。

甲子園
甲子園の初戦では日大山形と対戦。梶谷は「甲子園で1勝して伝説をつくりたい」と語っていたが試合は劣勢のまま9回の裏に入り、サードゴロでヘッドスライディングを見せた梶谷も間一髪アウトになってしまい、そのまま試合にも敗れてしまった。同年の高校生ドラフトで横浜から3巡目指名を受けて入団。梶谷は「チームの一員として、まずは甲子園で1勝したいです」と語った。

甲子園で1勝ならず
09年には初スタメンとなった4月26日のヤクルト戦で松岡から初ヒットを記録。4月30日に甲子園で行なわれた阪神戦では0対0で迎えた5回表に久保から初本塁打となる先制ツーランをライトスタンドに運んだ。試合はそのまま9回表を終えて梶谷のお立ち台が目前だったが、9回裏に石井裕が連打を打たれて1点差に追い上げられ、なおも二死三塁というピンチを作ってしまう。そして続く関本が放った打球に梶谷がよく追いついたが、一塁への送球が逸れて同点に追いつかれると石井裕が鳥谷、金本と5連打を打たれてサヨナラ負けとなってしまった。

アスリート
10年は二軍で打率.251ながらリーグ2位の49四球を選んで出塁率.344を記録。リーグトップの33盗塁に19犠打とリードオフらしい活躍を見せた。だが梶谷を開星高の1年時から指導してきたトレーニングジム「アスリート」の平岡代表は手がけてきた数々のプロ野球選手と比較してもトップクラスの身体能力を持つ梶谷の体つきがプロ入り以来変化が無いことに業を煮やして、同年オフに梶谷を呼び出して合宿を敢行。高校時代より落ちていた筋力を何とか回復させた。翌11年は故障もあって二軍でも結果が残せなかったが、同年オフに行われたアスリートでのトレーニングを終える頃には足筋力が前年比で30%上昇するなど飛躍的に筋力が上昇した。

首脳陣の期待に応えれず
12年にはオープン戦で1試合3盗塁を2度記録するなど12球団トップの13盗塁、打率も.347(49打数17安打)という好成績を残して開幕一軍の座を勝ち取った。開幕戦に1番ショートで出場した梶谷はヒット性の打球を2本好捕される不運もあったが、7回表に能見から3年ぶりのヒットとなるライト前ヒットを放った。その後もスタメンで起用されたが36打数3安打で盗塁0と結果が残せなかった。5月11日の阪神戦から4試合連続ヒットを放って徐々に数字を上げると、6月20日の楽天戦で3打数3安打1四球を記録して打率が2割台に乗せる。だが7月11日のヤクルト戦で走塁中に右足首を痛めて登録抹消。復帰後は8月30日の阪神戦でメッセンジャーから先制ツーラン、9月22日の広島戦で野村から逆転スリーランを放ったが数字は伸び悩んで打率.179、5盗塁に終わった。

チョンボ
13年もオープン戦で打率.314を記録して開幕一軍に残ったが、4月9日の広島戦で二死満塁のピンチで大竹が放ったショートゴロでセカンドの梶谷がベースカバーを怠って大量失点となり二軍降格。午前3時まで放心状態になるほどショックを受けたという梶谷だったが、最短の10日間で一軍に復帰すると同日の中日戦で同点で迎えた8回裏に三塁線を抜く2点タイムリーを放ってお立ち台に上がった。だが6月3日の日本ハム戦で無死満塁のチャンスでブランコの浅いライトフライで二塁走者の梶谷が三塁走走がスタート切っていないにもかかわらずタッチアップしてチャンスを潰してしまうと、同月の下旬に右手の甲を骨折して登録抹消になった。

大ブレイク
8月2日に一軍へ復帰すると翌日の中日戦で岩瀬からのツーランを含む4安打2盗塁を記録した。すると11日のヤクルト戦で9連敗中のチームを救う5安打5得点を記録。15日の巨人戦では同点ソロと逆転ツーラン、23日の巨人戦で4安打6打点と打ちまくり月間打率.398を記録。月間31得点は同月に32得点を記録した巨人の村田に次ぐセ史上2位で球団新記録となった。9月になっても26日の阪神戦で球団通算7000号を含む2打席連続本塁打を放つなど好調を持続させてチームの最下位脱出に大きく貢献した。最終的には打率.346で出塁率.413、わずか254打数で16本塁打、44打点を記録して長打率.634という凄まじい成績を記録した。

サイクル超え
14年は4月16日の中日戦から16試合連続ヒットを記録。その間には5月1日の中日戦で4打数4安打、続く広島3連戦で初戦に2本塁打、第2戦で通算28打数0安打と天敵だった前田 健太からスリーベース、第3戦ではランニングホームランという印象的な活躍を残した。5月下旬から大不振に陥ったが、7月11日のヤクルト戦で初回に左中間を割る打球を好走塁で三塁打にすると、第2打席でレフト前、第3打席で二ヶ月ぶりのホームラン、ツーベースでサイクルヒットとなる第5打席で左中間へ大飛球を放ったが、打球がそのままスタンドに飛び込んでサイクル越え、20安打の猛攻で回ってきた第6打席でもライト前を放って13塁打という凄まじい大暴れを見せた。

筒香と交錯
ショートからコンバートとなった外野でも身体能力を生かしたプレーで度々チームを救ってきたが、8月13日の中日戦で大島が放った左中間への飛球を追ってレフトの筒香と激しく交錯。梶谷は無事だったが親友の筒香は後頭部を強打して意識を失い救急車で病院へ運ばれる事態になってしまう。梶谷はそのまま出場を続けたが攻守に集中力を欠いたプレーを見せて途中交代になってしまうと、翌日にも3三振に守備でも交錯を恐れて石川とお見合いするなどショックを隠せなかった。だが筒香が15日に無事退院すると翌日の阪神戦では初回に先制ツーランを叩き込むと、ベンチ前のカメラに向かって指を2、2、5(ツツゴー)と抹消中の筒香にサインを送った

盗塁王
9月9日のヤクルト戦で先頭打者初球本塁打を放つと、翌日のヤクルト戦でも先頭打者本塁打を放って史上31人目、球団では77年4月の山下 大輔以来2人目となる2試合連続先頭打者本塁打を記録した。9月28日の巨人戦では人生初のサヨナラヒットを放つなどシーズンの最後まで活躍を続けた。打率は.263と期待されたほどの数字は残せなかったが、8月25日からの中日3連戦で7四球を選ぶなどチームトップの70四球を記録して出塁率は.355、ほぼフル出場となる142試合に出場して16本塁打、72打点、39盗塁(盗塁王)という上々の成績を残した。

月間MVP
15年は巨人との開幕第2戦で3本のツーベースを含む4安打を放って大勝に貢献、4月2日の広島戦では延長12回裏にサヨナラヒット、28日の広島戦で9回表に勝ち越しタイムリー、30日の広島戦で決勝の先制ソロ、5月3日の中日戦では先制ツーランに勝ち越しタイムリーと開幕から17勝中7戦で勝利打点を記録するなどチームを牽引し3、4月度の月間MVPも受賞した。5月13日に走塁中に左足を捻挫して10日間チームを離れたが復帰戦で3安打を放つと、6月3日のソフトバンク戦では小学生以来となる4番起用、初出場となったオールスターゲームにはファン投票で選出されるなどチームの前半戦首位に大きく貢献した。

夏場に失速:
後半戦に入ると7月25日の阪神戦で逆転タイムリー、8月2日の広島戦で逆転スリーランを放つなど勝負所では快打を見せたが8月の月間打率.221と課題の夏場に失速。スターナイト初戦なった8月18日のヤクルト戦では8回裏に勝ち越しの場外弾を放ち、5回表の守備では雄平のライトフェンス際のライナーをジャンピングキャッチで好捕したがフェンスの扉が前日のゆずのコンサートで使用されて鍵がかけられていなかったため扉が開き梶谷が場外に消える好珍プレーとなった。9月4日の巨人戦では同点ツーランと逆転スリーランを放ったがチームをは山崎康が初のセーブ失敗となって逆転負けになるなど史上初の首位ターンからの最下位となり、梶谷自身も開幕当初は独走していた盗塁王も足を痛めてからは数字を伸ばせずタイトルを逃すなど悔しさの残るシーズンとなった。

ホームスチール
16年はセンターへのコンバートと2番打者への配置転向が発表されてラミレス新監督からキーマンとして高い期待を受けて日本代表にも選出されていたが、キャンプの守備練習でフェンスに激突して左肋骨を損傷、長期離脱となりチームも開幕から低迷という苦しい時期を送った。5月4日のヤクルト戦で3番センターで一軍復帰を果たすといきなり先制タイムリーとスリーベースを放ってお立ち台に上がり、翌日にはヤクルト先発の石川が一塁へ緩い牽制球を投じた隙をついて同年のハイライトの一つともなったホームスチールを成功してチームを勢いづけた。

後半戦で爆発
梶谷の合流でチームは息を吹き返して二桁に達していた借金をわずか25日間で完済、起爆剤として大きなインパクトを見せた梶谷だったが自身の成績は6月終了時点で打率.209という不振に陥った。だが交流戦明けの巨人戦から昨年までのライトで起用されると同日に菅野から先制タイムリーを放つなど徐々に復調、7月29日の広島戦で満塁弾、翌日に2本塁打、8月3日の阪神戦では場外ツーラン、11日の巨人戦ではライトポールを直撃するスリーランを含む4安打とホームランも量産してチームを牽引、7月以降は打率.321で13本塁打を記録して初のCS進出に大きく貢献した。

骨折しながら
CSは2番ライトで出場してファーストステージ初戦の3回表にチームのCS初得点となる同点ソロを放った。だが第3戦の初回に死球を受けて左手薬指を骨折、広島とのファイナルシリーズ出場は絶望的かと思われたが、グラブや手袋をはさみで切って強行出場、初戦で右手だけの流し打ちで2安打を放つと、立ちくらみをするほどの痛みの中で第3戦では引っ張ってライト前にタイムリー、守っても8回裏の二死満塁のピンチで新井のライトファウルフライをダイビングキャッチで好捕すると痛めた左手を強打しフェンスに激突しながらも離さないビッグプレーを見せて勝利に貢献、翌日にはライトスタンドにツーランという驚異的な執念を見せて多くのファンの心を打った。





初記録
初出場 09年4月9日巨人戦
初安打 09年4月26日ヤクルト戦:松岡から
初本塁打 09年4月30日阪神戦:久保から
初打点 09年4月30日阪神戦:久保から
初盗塁 09年4月26日ヤクルト戦
その他の記録
月間MVP 15年4月






09 10 11 12 13 14 15 16
盗塁王 1回
オールスター 1回


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
09 横浜 22 39 4 5 1 0 1 9 2 1 0 4 0 1 0 10 0 2 .128
10 横浜 5 4 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 3 0 0 .000
12 横浜 80 223 17 40 5 3 2 57 11 5 8 7 0 21 1 61 4 10 .179
13 横浜 77 254 59 88 17 4 16 161 44 7 4 4 0 27 2 60 6 10 .346
14 横浜 142 525 76 138 26 9 16 230 72 39 8 3 4 70 7 135 12 6 .263
15 横浜 134 520 70 143 35 2 13 221 66 28 13 2 2 54 0 132 4 2 .275
16 横浜 107 396 69 108 20 4 18 190 56 26 7 1 0 49 4 110 2 4 .273
通算 7年 567 1961 295 522 104 22 66 868 251 106 41 21 6 222 14 511 28 34 .266


  プレーオフ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
16 横浜 7 24 2 5 0 0 2 11 4 0 0 0 0 1 1 8 1 0 .208
通算 1年 7 24 2 5 0 0 2 11 4 0 0 0 0 1 1 8 1 0 .208


  オールスター打撃成績
回数 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算 1回 2 9 2 4 1 0 0 5 3 0 0 0 0 0 0 4 0 0 .444


  二軍打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死 三振 併殺 失策 打率
07 湘南 52 44 10 6 0 0 0 6 3 6 1 0 4 13 0 6 .136
08 湘南 84 272 34 68 12 3 0 86 19 14 17 2 25 61 7 12 .250
09 湘南 84 337 64 94 16 8 6 144 34 20 13 1 38 67 4 12 .279
10 湘南 98 359 64 90 6 8 7 133 38 33 19 0 51 52 0 16 .251
11 横浜 53 211 27 55 6 2 5 80 15 6 0 1 17 56 1 5 .261
12 横浜 22 65 10 19 2 0 2 27 12 2 1 0 11 14 0 5 .292
13 横浜 19 62 10 28 4 1 1 37 7 5 0 1 7 12 1 4 .452
15 横浜 1 2 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 1 1 0 0 .500
16 横浜 4 17 5 8 2 0 2 16 7 1 0 0 1 4 0 0 .471
通算 9年 417 1369 225 369 48 22 23 530 135 87 51 5 155 280 13 60 .270







 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年