サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク

下窪 陽介



名前 しもくぼ ようすけ
生年月日 1979年1月21日
経歴 鹿児島実業高校−日本大学−日本通運−横浜(06年D5巡目)
入団年 06年に大学/社会人ドラフト5巡目で入団
在籍年 07年−10年
背番号 07年−10年[9]
投打 右投げ右打ち
守備 外野手
全国制覇
地元に少年野球チームがなかったこともあって剣道をやっていたが、中1から軟式野球を始めた。ポジションは投手で当初は制球難だったが集中しての投球練習を続けるうちにコントロールがついてチームを鹿児島大会優勝に導くほど力をつけた。地元に進学予定だったが鹿児島実業の久保監督から熱心なスカウトを受けて進学、故障した際に下半身を徹底的に鍛え上げたことで投球レベルが上がり、3年春に甲子園で5試合全てを投げ抜いて鹿児島県勢としては初の全国制覇を達成した。

夏の甲子園
夏の大会でも鹿児島実業は圧倒的な実力を見せて甲子園に進出。だが県大会の決勝戦後に右肩を痛めて、痛み止めの注射を打って望んだ甲子園では2回戦の私立船橋戦で8安打完封を記録したが、下窪の肩は限界を迎えていた。準々決勝の朝、下窪は「もう投げられない」と訴えたが、チームメイトに「最後はお前と一緒に負けたい」と言われマウンドに上がった。下窪は痛む肩で9回を投げぬき8奪三振を奪ったが試合は2対5で敗れた。大会後に精密検査を受けて剥離骨折が判明した。

野手転向
日大に進学して再起を計ったが一年経っても肩の痛みは消えなかった。下窪は野球を続けるべきか悩みリハビリをさぼって渋谷をうろつく日々が続いたが、プロ野球選手も通うスポーツマッサージ療院に通い始めると肩が上がるようになり、指示されたインナーマッスルトレーニングで取り入れると数か月で球速が145キロを超えるまでになった。再びプロ野球を目指してトレーニングを開始したが、3年時にチーム方針で強制的に野手転向となった。野手としても4年生時にはドラフト候補と呼ばれるまで実力をつけたが、結局ドラフトにはかからなかった。

代打で
日本通運に入社すると関東リーグの朝日生命戦で二死満塁のチャンスで4番打者が投球を受けて故障し、しかもスイングしていたので二死満塁フルカウントという状態でいきなり代打で起用されることになり、急いでスパイクを履いた状態で臨んだ打席で西武ドームの外野スタンドに満塁ホームランを叩き込んで一年目からレギュラーを獲得した。その後はドラフト候補と言われながら毎年のように故障してチャンスを逃し続けた。

都市対抗
27歳とプロ入りには後が無くなった06年の都市対抗野球の準決勝ではTDKと対戦。下窪のスリーランなどで5対1とリードしたが、満塁ホームランなどで5対8と逆転を許すと、試合はそのまま9回裏を迎えた。そして二死一、二塁という一打同点という場面で打席に入った下窪はライトにあわやホームランというツーベースを放ち同点ランナーとして二塁ベースに残った。続く打者がセンター前に弾き返し、下窪は迷うことなくホームに突貫したがセンターからの好返球でタッチアウトになり試合は終了した。打率.414を記録した下窪は同大会の首位打者に輝いた。

初打点
ドラフト会議で横浜から5巡目指名を受けて入団するとオープン戦でまずまずの成績を残して開幕一軍に選ばれた。その後一度は二軍に落ちたが、湘南で43打数21安打、打率.488を記録して一軍に復帰。6月6日に地元九州で行なわれたソフトバンク戦では同点で迎えた9回表二死満塁という場面で打席に入り、カウント0−2からのボール球を空振りしてしまったが、続くストレートを右中間に弾き返して試合にけりをつけた。同年には72試合に出場して打率.277、長打は二塁打6本のみだったが10四死球で出塁率.336という上々のルーキーイヤーとなった。

戦力外
2年目の08年は二軍で打率.300を記録したが一軍では15打数2安打と多くのチャンスは貰えなかった。その後は二軍成績も徐々に落とし、迎えた10年には二軍のシーズン最終戦で9回裏二死から代打で起用されて四球を選び、同年限りでの退団が決定していた佐伯に打順を回して大きな声援を受けた。だがその二日後に自身も戦力外通告を受けて退団となった。一度はサラリーマンに転身したが、15年から父が創業した下窪勲製茶の社員となって全国にお茶を広める新たなスタートを切った。





初記録
初出場 07年3月31日巨人戦:代打でバント
初安打 07年4月29日中日戦:中田から
初本塁打
初打点 07年6月6日ソフトバンク戦:柳瀬から
初盗塁 07年8月1日巨人戦


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
07 横浜 72 112 10 31 6 0 0 37 9 1 0 7 0 6 4 22 2 0 .277
08 横浜 14 15 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 4 0 0 .133
09 横浜 7 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 .000
10 横浜 3 5 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 0 1 0 0 .200
通算 4年 96 143 11 34 6 0 0 40 10 1 0 7 0 8 4 31 2 0 .238


  二軍打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死 三振 併殺 失策 打率
07 湘南 17 68 12 27 3 1 1 35 9 3 0 0 7 4 0 1 .397
08 湘南 66 200 33 60 10 2 2 80 17 0 8 1 18 16 5 2 .300
09 湘南 83 267 31 76 10 3 4 104 41 0 6 2 23 34 11 0 .285
10 湘南 76 139 14 37 11 0 1 51 14 0 1 2 20 20 2 0 .266
通算 4年 252 674 90 200 34 6 8 166 81 3 15 5 68 74 18 3 .297






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年