ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>  
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 MLB記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト

選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手

MLB記録 タイトル

関連リンク

田中 健二郎



46
名前 たなか けんじろう
生年月日 1989年9月18日
経歴 常葉学園菊川高−横浜(07年D1巡目)
入団年 07年に高校生ドラフト1巡目で入団
在籍年 08年−
背番号 08年−19年[46]:20年−21年途中[046]:21年途中−[46]
投打 左投げ左打ち
守備 投手
全国制覇
小学2年で野球を始め、中学3年時には新城ベアーズで全国大会に出場。常葉学園菊川では2年秋からエースになり、3年の春の甲子園では準々決勝で同年のドラフトの目玉中田翔率いる大阪桐蔭と対戦。8回表に自らのスリーベースなどで1対1の同点に追いつくと、その裏に二死二塁から中田と真っ向勝負で大きなレフトフライに打ち取るなど大阪桐蔭を5安打に抑えて1失点完投勝利。そのまま勢いに乗った常葉学園菊川は見事に全国制覇を達成した。

横浜入団
夏の甲子園でもベスト4に勝ち上がり甲子園通算6勝を記録。07年オフのドラフト会議で佐藤 由規と高浜 卓也を抽選で外した横浜から1位指名を受けて入団した。なおドラフト前に「工藤投手のいる横浜ベイスターズに行きたい」と語っていた。ルーキーイヤーは肩を痛めて二軍登板もできなかった。翌09年には二軍で3勝を記録したが、防御率は6.39に留まった。

初先発初勝利
10年は8月に二軍で3勝1敗、防御率1.29という好成績を残してイースタンリーグの月間MVPに選出された。この活躍が認められて9月7日に一軍初昇格を果たすと、9月11日の中日戦で1イニングを無失点に抑える上々の初登板を果たす。そして9月15日の阪神戦で初先発のマウンドに上がると、2回表にブラゼルのソロで1点こそ失ったが、6回まで3安打、2四球に抑える好投を見せる。7回表に連打を打たれた所で降板となったが、見事に初先発初勝利を飾った。

あと一人から5連打
12年は4月29日に一軍昇格を果たすと、5月8日からの巨人3連戦に3連投して3.2回を1安打、1四球に抑えるなど一軍合流後は6試合の登板で10イニング連続無失点に抑える好投を見せる。5月30日のソフトバンク戦で先発のチャンスを貰うと、4回表まで被安打2、無四球に抑えて連続イニング無失点を14まで伸ばしたが、勝利投手の権利にあと1アウトと迫った5回表二死走者なしから山崎、ピッチャー新垣、明石、本多、内川と5連打を喫して白星を逃してしまった。8月25日の巨人戦でも先発を任されると、テンポの良いピッチングで5回を3安打、1四球に抑えたが味方のミスなどもあって3失点となり白星はならなかった。

4年ぶりの白星
13年はイースタン・リーグでも14試合の登板で防御率5.52という成績に終わり、一軍では中継ぎでの9試合登板に留まった。翌14年は開幕一軍に残ったがインフルエンザで登板が無いまま登録抹消。4月22日に復帰したが25日の阪神戦で1対6と突き放された3回表からマウンドに上がったが3イニングで被安打10と打ち込まれて1試合で登録抹消。8月にも昇格したが同じく打ち込まれて1試合のみで登録抹消と苦しんだが、9月6日に3度目の昇格を果たすとシーズン終了まで9試合連続で自責0に抑える好投を続けて、9月23日の阪神戦ではブランコの逆転サヨナラツーランで4年ぶりの白星を記録した。

母の日に勝利
シーズンオフには首脳陣から先発転向を打診されたが断ってリリーフ一本で勝負する事を決断。キャンプから順調に調整を続けたが、2月28日に母親の巳路子さんが47歳の若さで急死。田中は「親孝行できなかった」と悲しみに暮れたが、シーズンが幕を開けると気迫溢れるピッチングで凡退の山を築いて終盤を任されるセットアップとして活躍、4月2日の広島戦から9試合連続無失点を記録すると、5月10日の母の日には巨人戦で三者凡退に抑えて勝利投手、5月15日の広島戦では登板過多の山崎康に代わって9回を任されると一死一、二塁のピンチを背負ったが新井をサードゴロ併殺に打ち取って初セーブを記録した。

球宴出場も
チームの前半戦快進撃の立役者の1人になったが開幕から二ヶ月間で24試合という登板過多が響いて状態を落とし、5月25日に休養目的で登録抹消。6月5日に復帰したが9日の楽天戦で1点リードの8回裏に元同僚の藤田に同点タイムリーを打たれてしまうと、翌日の楽天戦でも8回裏に藤田に同点タイムリーを打たれてしまうなど春先の状態には戻らず、7月13日に巨人戦で3四球を出して降板すると登録抹消となった。球宴には監督推薦で出場を果たしたが、後半戦は昇格予定だった8月2日に体調不良で昇格が流れるなど球宴明けは1軍登板なしに終わった。

前年の轍は踏まず
16年は開幕から15試合連続自責0で11試合連続無四球という安定したピッチングを続けてチームを支えると、前年に大失速した夏場になっても7月8日の巨人戦から17試合連続自責0を記録するなど好調をキープして防御率を1.01まで引き下げた。8月28日の巨人戦では雨でぬかるむマウンドで坂本、阿部といった上位打線を三者凡退に抑えて勝利投手となりお立ち台に上がった。

牽制
登板数が50試合を超えた9月に入ると1日の広島戦で延長10回裏に丸にサヨナラヒットを打たれて敗戦、続く4日の阪神戦では3失点、8日のヤクルト戦でも3失点と登板3試合連続で敗戦投手となったが、数日間の休養を挟んで14日のヤクルト戦からは3連投のマウンドに上がるなどシーズンを通して一軍で活躍、61試合に登板して防御率2.45という好成績を残した。球団史上初のCSでは巨人とのファーストステージの最終戦で3対3で迎えた9回裏に村田の代走で起用された史上1位の盗塁成功率を誇る鈴木を牽制球で刺すビッグプレーで流れを引き戻すと、続く阿部、長野も打ち取るなど2イニングを無失点に抑えてファイナルシリーズ進出の立役者になった。

60試合登板
17年は初登板となった4月2日のヤクルト戦で10回表に登板も一死満塁のピンチを作って降板、続く巨人戦では阿部にソロを被弾するなど開幕当初は不安定なピッチングが続いたが、5月2日からは14試合連続無失点を記録、6月7日には8対6と乱戦ムードになっていた楽天戦で流れを断つ好リリーフを見せた。同年は砂田、エスコバーに次ぐ左のリリーフ3番手というポジションで2年連続の60試合登板を達成、防御率は大幅に悪化したが被安打率や与四球率は前年並みの成績を残した。日本シリーズでは初戦で1対4とリードされて迎えた5回裏に一死満塁でリリーフも押し出し四球、ショートゴロを挟んで再び押し出し四球、柳田に2点タイムリー、今宮にセンターオーバーという乱調で試合を決めてしまった。なお押し出し四球2は日本シリーズ史上2人目だった。

連続押し出しから
18年は開幕こそ1軍で迎えたが開幕戦で坂口のツーベースをから1点を失い、その後の登板機会はなく登録抹消、5月29日に昇格となったが6月1日のソフトバンク戦を三者凡退に抑えたが、その1試合のみで抹消、6月29日に昇格も2試合で抹消と首脳陣の信頼を得られなかった。二軍では好投を続けて7月25日に再昇格を果たすと翌日の中日戦で1.2回を1安打に抑えて勝利投手になった。だがその後も敗戦処理に近い起用のみで抹消になると、9月14日に昇格となったが16日阪神戦の3回表に1点をリードされてなお一死満塁という場面でマウンドに上がったが7番、8番への連続の押し出し四球を与えてしまうと、ピッチャーの藤波に満塁ホームラン、さらに同日にイニング2本塁打を含む6打数6安打を記録する大山にツーランを被弾と大幅に数字を落としてシーズンを終えた。

トミージョン手術
19年は股関節の痛みでキャンプは2軍スタートとなり、3月から投球を開始したが感じたことのない強い張りを左肘に感じて握力が落ちていった。その状態でも投げ続けたが張りは徐々に強くなり診断を受けると左肘内側側副靱帯損傷との診断を受けた。30歳を間近に控えた年齢もあって保存療法での早期復帰を目指したが、回復は思わしくなく8月15日にトミージョン手術を受けた。オフには年俸78%ダウンの1000万円での育成契約という厳しい立場となり、背番号も0を付加した046となったが戦力外も覚悟していた田中は野球を続けられることに感謝した。

支配下復帰
20年はリハビリに費やして一二軍を通じて実戦登板はならなかった。翌21年のキャンプに入っても肘の状態は完全回復とまではいかなかったが、3月16日にイースタンリーグの教育リーグで実戦復帰、実戦レベルまで投球強度を上げても大きな問題が出なかったため、2軍で登板を重ねて6月15日に支配下登録へ復帰、イースタンリーグで37試合の登板を果たして、東京五輪の中断期間には1軍のエキシビションマッチでも登板してアピールした。

1092日ぶり
9月12日に待望の1軍登録を果たすと、同日に横浜スタジアムで行われた阪神戦で8対1で迎えた9回表二死走者なしから大きな拍手に包まれながら1092日ぶりに一軍のマウンドへ上がった。先頭の代打原口にはフルカウントから四球を出したが、術前より力強さを増したストレートにカーブも交えて小野寺をピッチャーゴロに打ち取って復帰登板を飾った。マウンドを降りる際に三浦監督から「おかえり」と声をかけられると深々と頭を下げながら握手を交わした。同年は8試合に登板して防御率0.00を記録した。


初記録
初登板 10年9月11日中日戦
初勝利 10年9月15日阪神戦
初奪三振 10年9月11日中日戦:小田から
初完投
初セーブ 15年5月15日広島戦


09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
オールスター 1回


  投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
10 横浜 5 0 0 1 2 0 25.0 22 6 10 0 12 1 0 11 11 3.96
11 横浜 1 0 0 0 0 0 3.0 6 1 0 0 1 0 0 4 2 6.00
12 横浜 15 0 0 0 2 0 34.2 38 3 8 2 27 1 0 19 18 4.67
13 横浜 9 0 0 0 0 0 13.0 16 4 6 0 11 0 0 7 7 4.85
14 横浜 11 0 0 1 0 0 15.1 21 1 3 1 17 1 0 8 7 4.11
15 横浜 35 0 0 2 2 1 32.2 29 1 16 0 29 3 0 9 8 2.20
16 横浜 61 0 0 5 3 0 44.0 46 2 18 1 39 3 0 16 12 2.45
17 横浜 60 0 0 1 3 0 48.1 43 3 23 1 36 2 0 26 24 4.47
18 横浜 11 0 0 1 1 0 12.1 14 2 6 0 14 0 0 9 9 6.57
21 横浜 8 0 0 0 0 0 4.2 3 0 2 1 6 1 0 0 0 0.00
通算 10年 216 0 0 11 13 1 233.0 238 23 92 6 192 12 0 109 98 3.79


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
10 横浜 5 8 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 0 .000
11 横浜 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
12 横浜 15 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 2 0 0 .000
13 横浜 9 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000
14 横浜 11 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
15 横浜 35 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
16 横浜 61 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
17 横浜 60 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 .000
18 横浜 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
21 横浜 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 10年 2016 13 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 8 0 2 .000


  日本シリーズ投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
17 横浜 1 0 0 0 0 0 0.2 2 0 2 0 0 0 0 3 3 40.50
通算 1年 1 0 0 0 0 0 0.2 2 0 2 0 0 0 0 3 3 40.50


  日本シリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
17 横浜 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000


  クライマックスシリーズ投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
16 横浜 4 0 0 1 0 0 3.2 2 0 1 0 5 0 0 0 0 0.00
17 横浜 1 0 0 0 0 0 0.1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00
通算 2年 5 0 0 1 0 0 4.0 4 0 1 0 5 0 0 0 0 0.00


  クライマックスシリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
16 横浜 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
17 横浜 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 2年 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000


  オールスター投球成績
回数 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
通算 1回 1 0 0 0 0 0 1.0 1 1 0 0 1 0 0 1 1 9.00


  二軍投球成績
チーム 登板 完投 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四死 三振 失点 自責 防御率
09 湘南 14 0 3 4 0 49.1 59 7 22 37 39 35 6.39
10 湘南 12 0 4 6 0 47.0 46 6 14 26 27 18 3.45
11 横浜 16 0 4 4 0 69.0 87 3 27 45 38 34 4.43
12 横浜 10 1 5 3 0 59.2 56 3 16 33 23 22 3.32
13 横浜 14 0 0 3 0 29.1 38 1 9 24 20 18 5.52
14 横浜 15 0 1 0 0 18.0 18 1 12 20 11 11 5.50
15 横浜 8 0 1 0 0 10.0 9 0 0 8 2 2 1.80
17 横浜 1 0 0 0 0 1.0 1 0 1 1 0 0 0.00
18 横浜 23 0 0 0 1 24.1 11 1 9 25 2 2 0.74
21 横浜 37 0 0 2 3 35.2 41 5 17 35 23 15 3.79
通算 10年 150 1 18 22 4 343.1 366 27 127 254 185 157 4.12