サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク


種田 仁



名前 たねだ ひとし
生年月日 1971年7月18日
経歴 上宮高校−中日−横浜−西武
入団年 01年に中日から移籍
在籍年 01年−07年
背番号 01年−03年[12]:04年−07年[3]
投打 右投げ右打ち
守備 内野手
野球始める
兄が所属していたリトルリーグのチームは毎年、夏休みにキャンプに行くのが恒例で、仁も兄に連れられて何度か参加していたが、小学校2年の夏休み前に、チームの元監督であった父親が「チームに入れへんかったら、連れていかれへん」と言い出した。仁は渋りながらも、それまで入っていたサッカーのクラブからリトルリーグに転向した。チームでは岩本 勉がエースで、仁は1番セカンドだった。

甲子園決勝
上宮高校では元木 大介らと共に甲子園に3度出場し、3年春には決勝戦まで勝ち進んだ。決勝では山田 喜久雄を擁する東邦高と対戦。5回表に1点を先制したが、その裏に同点に追いつかれて試合は延長戦に入った。そして10回表に元木のヒットなどで待望の勝ち越し点を挙げると、その裏も二死となって、ついに全国制覇まであと一人となった。

甲子園決勝2
だがここからドラマが起こる。四球と内野安打で二死一、ニ塁となり、続く打者の打球はセンター前へ、ホームはクロスプレイとなったがセーフで同点、さらに飛び出していた走者を刺そうと、送球がサードの種田に送られ、種田はさらにセカンドに送球したが、これが悪送球となって、ランナーは進塁、そしてカバーに入ったライトの前でボールがバウンドを変えて外野を転々、ライトがこれを追いかける間に二塁走者がホームインして、まさかのサヨナラ負けとなった。

プロヘ
卒業後の進路は専修大学への進学で決まっていたが、中日が6位で強行指名したため種田は悩み、反対する親を「4年間やってみて、アカンかったらやめるから」と説得して中日に入団した。ちなみに5位は決勝で対戦した東邦高のエース山田 喜久雄。


オールスター
4年間という約束だったが、1年目にして一軍を経験すると、2年目には早くも81安打を放って、19歳にしてレギュラーを獲得した。約束の期日である4年目には全試合に出場して130安打を放ち、オールスターにまで出場した。

フォーム改造
最高のスタートを切ったプロ生活だったが、94年からは相次ぐ怪我もあって打率.200前後と結果を残せず、97年にはわずか1安打とどん底に沈んだ。「何とかしないと、と必死だった」という種田は二軍低迷を何とか打ち破ろうと打撃フォーム改造に踏み切った。左肩がベースに向かって入りすぎる事を悩んでいた種田は「それなら、初めから体を開いておいて、左足をつま先立ちすれば、左肩は入りようがない」と考えた。まず左足を開いてつま先立ちにし、さらに顔を左肩へ乗せるなど徹底的に修正した。いつしか種田のフォームは常識を覆すようなフォームへと変貌していった。

カムバック賞
新フォームは「自分で考えたから、自信があった。周囲の声は気にならなかった」という種田は、98年に28安打を放って一軍復帰を果たした。00年には6月2日から代打で3打席連続で四球を選ぶと、15日にヒット、17日にスリーベース、24日に四球、28日にヒット、30日にヒット、7月4日に四球と連続出塁を続け、11日の阪神戦で中込からライト前を放って代打10打席連続出塁という日本記録を達成した。種田は7月12日の阪神戦でも四球を選んで11打席まで記録を伸ばした。同年には規定打数不足ながら打率.314という高打率を残してカムバック賞を受賞した。また代打では打率423(26打数11安打)を記録した。

トレード
00年にカムバック賞を受賞したにもかかわらずゴメス、立浪、福留、井端らが強力な内野陣を形成したため、種田は本来の内野ではなく外野を守ることが多くなっていた。その頃ベイスターズではローズ、進藤が抜けたため内野が手薄になり、逆に外野は金城が出てきたため余剰気味だった。そして01年4月20日に森監督の強い要望もあって守れる外野手を探していた中日との間で種田、山田<<>>波留のトレードが発表された。

タネダンス
種田が苦心の末に編み出した珍妙な打撃フォームは「ガニマタ打法」と呼ばれて人気を集め、いつしか横浜スタジアムでは応援歌にあわせて打撃フォームを真似る「タネダンス」なるものまで生まれるに至った。

2年連続、最高の一年
04年は種田自身が「最高の一年だった」と語ったように、リーグトップの得点圏打率.386を記録するなど勝負強い打撃で、打率.300に自己最高の52打点で2度目のオールスターにも選ばれた。05年には8月30日の広島戦で1000安打を達成するなど前年に続き大活躍。164安打、61打点、打率.310は全て自己記録を更新した。

サヨナラ
06年は怪我もあってわずか50安打で打率.217に終わると、翌07年の開幕戦では巨人から移籍してきた仁志にポジションを奪われ代打からスタートすることになった。4月21日の広島戦では1点のリードを許して迎えた9回裏に二死ニ、三塁となった所で代打で起用され、「ストレートでもフォークでも低目だけは振らない」と高めに狙い球を絞り、永川の投じた2球目の真ん中高めのストレートを一閃、打球は前進守備のレフトを越えるサヨナラタイムリーとなった。

退団
その後も5月11日の広島戦で逆転スリーラン、6月13日の日本ハム戦では決勝タイムリーと印象的な一打は放ったが、7月終了時点で打率.191と数字は残せなかった。それでも8月に入ると調子が上向いて打率も2割台中盤まで上昇した。9月19日の広島戦では9対10で迎えた9回裏二死三塁で空振り三振に倒れたが、捕手が後逸したのを確認すると、素晴らしいスタートダッシュで一塁を駆け抜けて、振り逃げに成功するなど意地も見せたが、シーズン終了後に戦力外通告を受けた。





初記録
初出場 90年8月20日大洋戦
初安打 91年4月6日巨:木田から
初本塁打 91年6月16日神:藤本から
初打点 91年4月18日ヤ:内藤から
初盗塁 91年5月17日神:9回にニ盗
記録達成日
1000試合 03年8月19日巨人戦
1000安打 05年8月30日広島戦
その他の記録
代打11打席連続出塁 00年6月2日−7月12日



90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08
カムバック賞 1回
オールスター 3回


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
90 中日 8 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 0 1 0 0 .000
91 中日 107 298 44 81 12 3 5 114 15 13 5 33 2 31 4 42 7 5 .272
92 中日 102 317 42 78 11 4 3 106 27 7 2 22 1 17 0 35 0 15 .246
93 中日 132 512 65 130 13 4 10 181 40 10 6 29 2 30 5 85 8 14 .254
94 中日 41 120 14 19 5 1 3 35 10 6 0 7 1 11 0 27 7 3 .158
95 中日 89 244 25 55 10 0 8 89 22 8 3 9 1 20 1 48 3 9 .225
96 中日 40 107 6 19 1 0 1 23 6 2 3 6 1 7 1 17 1 7 .178
97 中日 8 13 1 1 1 0 0 2 0 0 0 5 0 1 0 2 0 1 .077
98 中日 43 100 10 28 4 1 3 43 8 2 1 4 1 8 0 11 4 0 .280
99 中日 43 51 6 10 3 1 0 15 2 3 0 4 0 6 0 10 0 0 .196
00 中日 102 264 30 83 14 3 7 124 31 4 4 3 2 25 1 30 5 1 .314
01 中日 8 17 0 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 1 0 1 0 0 .176
01 横浜 98 237 30 66 12 2 4 94 42 1 3 12 4 22 3 15 9 3 .278
02 横浜 116 397 47 100 18 0 5 133 29 5 0 14 1 22 4 84 6 10 .252
03 横浜 92 261 24 75 13 0 3 97 21 3 4 4 0 10 6 34 8 3 .287
04 横浜 120 410 52 123 27 3 8 180 52 2 6 15 5 38 2 50 11 8 .300
05 横浜 145 529 66 164 24 1 9 217 61 7 3 10 2 60 5 62 16 8 .310
06 横浜 80 230 33 50 9 0 1 62 17 3 1 8 1 25 4 25 5 6 .217
07 横浜 60 66 6 17 6 1 1 28 17 0 0 3 0 6 1 7 1 1 .258
球団 7年 711 2130 258 595 109 7 31 811 239 21 17 66 13 183 25 277 56 39 .279
通算 18年 1434 4176 501 1102 183 24 71 1546 401 76 41 190 24 341 37 586 91 94 .264


  日本シリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
99 中日 3 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 .250


  オールスター打撃成績
回数 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算 3回 5 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 .000


  二軍打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死 三振 併殺 失策 打率
02 湘南 2 4 1 2 1 0 0 3 2 1 1 1 0 2 0 0 .500
03 湘南 7 15 2 4 2 0 0 6 1 0 0 0 1 1 0 1 .267
06 湘南 8 29 4 5 0 0 0 5 2 0 0 0 4 1 0 2 .172
通算 3年 17 48 7 11 3 0 0 14 5 1 1 1 5 4 0 3 .229
球団在籍時のみ






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年