サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク

バリオス



42
名前 Edison Ernesto Barrios Castillo
生年月日 1988年10月11日
経歴 アルベルト・スミス高-マイナー-神戸-ソフトバンク-富山-横浜
入団年 18年に富山から入団
在籍年 18年−年
背番号 18年−[42]
投打 右投げ右打ち
守備 投手
独立リーグの神戸入団
17歳でピッツバーグ・パイレーツと契約し、母国ベネズエラで行われていたルーキーリーグで3年間プレー、4年目からはウインターリーグで腕を磨いたがほとんどチャンスを貰えず、11年に22歳の若さで来日し関西独立リーグの神戸サンズに入団した。サンズでは6勝1敗で最多勝、防御率1.66も記録しベストナイン、優秀選手に選出されてチームの前期優勝に大きく貢献した。

ホークス入団も
7月29日にソフトバンク・ホークスへ移籍。ベネズエラでは西武などで活躍したアレックス・カブレラの息子とバッテリーを組んだ経験があったが、現役の晩年をソフトバンクで過ごしていたカブレラとチームメイトとなった。年俸は800万円と即戦力を期待されていたわけではなかったが二軍で3試合の登板で防御率7.50に終わり12月2日にいったん自由契約となった。翌12年の1月18日に育成契約でのソフトバンク復帰が発表されたが開幕直後の2軍戦で右肘靭帯を断裂し、家族を母国に置いたままま日本でトミージョン手術を受けた。

支配下復帰
シーズン中の復帰は果たせなかったが13か月間という長いリハビリを経て翌年の7月に復帰すると好投を見せて7月31日に支配下登録復帰を果たした。背番号は育成時代の142から投手としては異例の背番号7となった。8月18日に一軍に昇格すると同日の日本ハム戦で初登板初先発、5回を7安打1四球ながら中田のソロとアブレイユの犠飛の2失点に抑えて初勝利を記録した。

再び育成契約も
8月25日西武戦でも5回を2失点に抑えて育成出身選手としては史上初の初登板から2試合連続勝利投手となったが、続く日本ハム戦では4回途中3失点KOとなり登録抹消、その後は右ひじの故障でチャンスを逃すと、翌14年には腰痛や右肩痛に苦しみ一軍で中継ぎでの2登板、二軍でも5登板に留まってシーズン終了後に退団となった。だが同年には日本式の下半身主導のフォームに変更して再起を図り、徐々に復調すると翌15年1月6日に再びソフトバンクと育成で再契約、キャンプで工藤監督と佐藤コーチからリリーフとしての適性を見出されてチャンスを貰うと、オープン戦で防御率1.04という好成績を残して開幕目前の3月24日に支配下登録を勝ち取った。

開幕から連続ホールド
開幕からセットアッパーを任されると4月までの10試合で11.2回を投げて被安打7、3四球で自責0を記録。5月4日のロッテ戦では3点リードの8回表に4四球の大乱調で2点を返されたが井口を見逃し三振をに抑えてリードを守ると、その後も開幕からの連続ホールドを続けて5月8日の楽天戦ではリーグ新の13試合連続ホールドを記録、神戸時代には監督兼ピッチャーのマック鈴木が通訳してヒーローインタビューに答えていたが、ソフトバンク入団時には通訳がいなかった事もあって西戸崎寮で若手選手たちから日本語を学び、平仮名を読めるようにまでなったバリオスはお立ち台に上がると日本語で「みなさま応援よろしくお願いします」と答えた。

日本タイ記録も
日本タイ記録となる17試合連続ホールドを記録した5月20日のオリックス戦ではお立ち台で75歳の誕生日を迎えた王会長に「王さん、誕生日おめでとうございます」と毎年キャンプで食事を共にし、多くのアドバイスを受けた王さんへ祝福のメッセージを日本語で送った。だが続く日本ハム戦で中田に2ランを被弾して連続ホールドが途切れると、熱戦となった6月2日の横浜戦では2点リードの8回裏に登板も松本、白崎、井手と3安打を集中されて追い上げを許し、荒波に勝ち越しタイムリーを浴びて敗戦投手、24日の西武戦でも送りバントの一死しか取れず3失点で敗戦投手と一気に状態を落として登録抹消となった。

退団
開幕当初の快進撃もあってオールスターファン投票では212,277票を集めて西武の増田をわずか1,020票差でかわしてオールスターに初選出されたが、遠征に帯同させて状態を確認した工藤監督の判断で出場辞退となり球宴出場はならなかった。シーズン最終盤に一軍へ復帰して2試合に登板したが今一つの結果に終わり、年俸は3000万円と育成からの大幅アップとなったが、翌16年は一軍では11試合で防御率7.82と打ち込まれてついにソフトバンクを退団となった。

再来日
バリオスは政情不安定が続く母国ベネズエラではなくウルグアイに転居し、捕手経験のある兄を相手にトレーニングを続けていたが、10年目で初の黒字を計上したBCリーグの富山が敢行した外国人大補強の一角として再び来日、バリオスは「日本の野球が大好きだし、自分には合っているから」と来日理由を語った。富山では元横浜の秦ピッチングコーチと共に先発に再チャレンジし、開幕戦では7回を5安打無失点に抑えて元巨人のボウカーからの三振を含む10奪三振を記録した。その後もエースとして活躍を続け10勝4敗でリーグ2位の防御率1.39を記録、11月10日に横浜と契約し念願のNPB復帰を果たした。





初記録
初登板 13年8月18日日本ハム戦
初勝利 13年8月18日日本ハム戦
初奪三振 13年8月18日日本ハム戦:アブレイユから
初完投
初セーブ 15年6月23日西武戦


  投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
13 ソフトバンク 3 0 0 2 1 0 13.2 18 1 5 1 8 2 0 7 7 4.61
14 ソフトバンク 2 0 0 0 0 0 2.2 3 0 2 0 3 0 0 1 1 3.38
15 ソフトバンク 30 0 0 0 2 1 34.0 37 1 16 3 34 1 1 15 12 3.18
16 ソフトバンク 11 0 0 0 2 0 12.3 20 1 5 0 16 1 1 11 11 7.82
通算 4年 46 0 0 2 5 1 63.0 78 3 28 4 61 4 2 34 31 4.43


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
13 ソフトバンク 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
14 ソフトバンク 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
15 ソフトバンク 30 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
16 ソフトバンク 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 4年 46 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000


  日本シリーズ投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
15 ソフトバンク 2 0 0 0 0 0 3.0 0 0 2 0 3 0 0 0 0 0.00
通算 1年 2 0 0 0 0 0 3.0 0 0 2 0 3 0 0 0 0 0.00


  日本シリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
15 ソフトバンク 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 1年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000


  プレーオフ投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
15 ソフトバンク 1 0 0 0 0 0 2.0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0.00
通算 1年 1 0 0 0 0 0 2.0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0.00


  プレーオフ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
15 ソフトバンク 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000


  二軍投球成績
チーム 登板 完投 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四死 三振 失点 自責 防御率
11 ソフトバンク 3 0 2 1 0 6.0 9 0 3 7 5 5 7.50
12 ソフトバンク 1 0 1 0 0 6.0 2 0 3 0 0 0 0.00
13 ソフトバンク 4 0 1 2 0 19.0 18 0 5 13 6 4 1.89
14 ソフトバンク 5 0 2 0 1 9.0 9 0 3 6 3 3 3.00
15 ソフトバンク 8 0 0 1 2 8.0 10 1 4 9 6 5 5.63
16 ソフトバンク 25 0 1 1 2 24.1 21 0 11 20 7 7 2.59
通算 6年 46 0 7 5 5 72.1 69 1 29 55 27 24 2.99


  ベネズエラ・ウインターリーグ成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 失点 自責 防御率
09-10 6 0 0 0 1 0 10.1 16 2 5 0 10 10 9 7.84
10-11 2 0 0 1 0 0 5.0 4 1 4 0 2 3 3 5.40
11-12 3 0 0 0 1 0 7.2 5 1 4 0 4 3 3 3.52
通算 3年 11 0 0 1 2 0 23.0 25 4 13 0 16 16 15 5.87


  ベネズエラ・サマーリーグ成績(ルーキーリーグ)
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 失点 自責 防御率
06 Rk 8 0 0 2 0 0 19.1 11 1 6 2 20 7 4 1.86
07 Rk 5 0 0 1 1 1 22.2 20 1 1 0 14 5 4 1.59
08 Rk 13 1 1 7 1 0 70.0 65 2 6 5 31 17 13 1.67
通算 3年 26 1 1 10 2 1 112.0 96 4 13 7 65 29 21 1.69







 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年