ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>  
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 MLB記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト

選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク


平田 真吾



34
名前 ひらた しんご
生年月日 1989年8月29日
経歴 県立豊北高−北九州市立大−Honda熊本−横浜(13年D2位)
入団年 13年ドラフト2位
在籍年 14年−
背番号 14年−[34]
投打 右投げ右打ち
守備 投手
万が一
両親は中学の卓球部の先輩後輩で当初は子供達ににも卓球をやらせようと考えていたが「卓球では食べていけない。野球には万が一がある」という理由で3人兄弟には野球を進めた。三男の慎吾も兄に続いて小学校でソフトボールを楽しんだが過疎化の影響でチームメイトが少なく低学年時から上級生に混じってプレーした。

横浜入団
豊田西中の軟式野球部から本格的に野球を始めたが高校時代までは目立った成績を残せず、北九州市立大でも3年時まではわずか1登板で就職先も公務員か消防隊員を目指していた。だが4年時に徳永監督の目に留まり先発を任されると4年秋に5勝0敗、防御率1.15を記録。Honda熊本を経て13年の年のドラフト会議で横浜から2位指名を受けて入団した。またドラフト後の日本選手権では初戦のJFE西日本戦で延長12回を一人で投げ抜き154球の2安打完封勝利を記録した。

イニング10失点
ルーキーイヤーとなった14年はオープン戦で防御率1.80を記録して開幕一軍に残ると同年の開幕戦で初登板のマウンドに上がり川端に内野安打こそ許したが畠山をサードゴロ併殺に打ち取って無失点デビューを飾った。だが続く4月2日の巨人戦では8対3と大量リードで迎えた8回表に勝ちパターンの山口ではなく平田がマウンドに上がるといきなり先頭のロペスに死球、阿部にライト前、坂本に犠牲フライ、橋本にセンター前、矢野にレフト前と一死しか取れずに降板。ここで山口を投入したが巨人打線の勢いを止められず滅多打ちにあってイニング10失点で大逆転負けとなってしまった。

スクランブル登板
登録抹消となった平田はその直後の二軍戦で脇腹を痛めて離脱。苦しいプロスタートとなったが5月下旬に復帰するとイースタンリーグで好投を続けてオールスター明けに一軍昇格。後半戦の開幕戦となった中日戦で先発に回った山口が初回にわずか5球で4出塁を許した上に和田への危険球で退場となる緊急事態でスクランブル登板。ブルペンでわずか3球しか投げれず無死満塁という大ピンチでの登板となったが、ゴメスをセカンドゴロ併殺に打ち取ると、エルナンデスはセカンドフライに打ち取って1失点に抑える。続投となった2回表に高橋周のソロで1点を失ったが4.0回を投げて2安打、2四球で1失点に抑えて壊れかけたゲームを引き分けに持ち込んだ。その後も6試合連続無失点を記録したが9月1日に登録抹消となった。

4奪三振
15年は6月2日に1軍へ昇格すると4日のソフトバンク戦で3イニングを無失点、6日の西武戦ではメヒアを空振り三振、森も空振り三振、渡辺直も空振り三振(振り逃げ)、炭谷のライト前を挟んで、斉藤を見逃し三振で史上17人目のイニング4奪三振を記録してアピールした。だが10日の楽天戦では同点に追いつかれた8回裏二死一塁で登板も2四球と暴投で勝ち越し点を献上、14日の日本ハム戦では1対0で迎えた6回裏一死一、二塁で登板も矢野に初球をレフトスタンドに叩き込まれるなど接戦ではもろい所を見せてしまう。

中継ぎエース期待も
その後にはビバインドゲームを中心に11試合連続無失点を記録して防御率を0点代前半まで改善させたが、0対0の同点で起用された7月30日の巨人戦では亀井のツーベース、2四球、暴投という乱調で一死しか取れずに降板、8月2日の広島戦では1点リードの8回表に丸のヒット、ロサリオのツーランで瞬く間に逆転を許し、5日の中日戦では3点リードの8回表に登板も四球、ヒット、ヒットで一死満塁から藤井のファーストゴロで打球判断を誤ってベースカバーに入れず内野安打となり4失点降板と中畑監督の期待に応えることができなかった。同年には28試合に登板して防御率3.38ながら勝負所では悉く打ち込まれて0勝、4ホールドに留まった。

二軍では好投も
16年は開幕直後の3月31日巨人戦で延長10回表に登板も村田に勝ち越しタイムリーを打たれてしまうと、続く4月2日の阪神戦では一死しか取れずに2失点となり登録抹消となった。6月19日に昇格すると翌日の日本ハム戦でサイン違いでバッテリエラーを招くなど2失点、24日の巨人戦でも失点して同年に登板した4試合すべてで失点を記録、二軍では30試合の登板で防御率1.03という好成績を残したが飛躍のきっかけをつかめなかった。

ターニングポイントで
18年は5月中旬から一軍に定着して主にロングリリーフと敗戦処理ながら11試合に登板した時点で防御率1.84という好投を続けた。6月23日のヤクルト戦ではパットンが体調不良だったこともあって同点の10回裏を任されたが武内にサヨナラヒットを打たれて敗戦投手になってしまった。7月8日の中日戦から7試合連続無失点を記録するなど徐々にラミレス監督の信頼を回復し、8月18日の巨人戦で同年初のホールドを記録すると、翌日には抹消の三上に代わって7回を任せるとラミレス監督が明言したが同日の巨人戦で一死満塁でリリーフしてマギーに満塁ホームランを被弾、8月までは防御率2点台だったがラスト3試合で3試合連続3失点を喫して防御率も大幅に悪化とキャリアハイの33試合に登板したが、チャンスを掴み切れないシーズンとなった。

初先発
18年は4月3日に二軍で4回無安打1四球に抑えて先発テストに合格、平田は一軍の先発テストとは認識していなかったが、翌週の巨人戦で初先発のチャンスを手に入れた。通算75試合目での初先発は82年加藤英の73試合を上回る球団史上最遅だったが、初回の一死二塁で坂本をライトフライ、マギーをセンターフライに打ち取って波に乗ると、2回裏、3回裏は共に三者凡退に抑え、4回裏の二死二塁では岡本を内角ストレートでキャッチャーゴロ、5回裏の無死二塁も凌いで5回を3安打1四球で無失点という期待を大きく超えるピッチングを見せた。6回表には筒香の先制弾が飛び出して初勝利の権利も手にしたがリリーフが打ち込まれて惜しくも初勝利は逃した。

イニング7失点
故障していた先発陣が復帰してきたためロングリリーフ要員となり、まずまずのピッチングを見せていたが6月27日の阪神戦で6対9で迎えた9回表に登板も6安打1四球でイニング7失点、同試合から5試合連続失点と大幅に成績を落としてシーズンを終えた。オフには右ひじを手術した。

崖っぷち
19年は4月20日に昇格して同日の広島戦で登板も松山の頭部に危険球をぶつけて退場、4月28日の巨人戦では坂本と亀井のホームランで1回3失点、いったん抹消となり6月に昇格も1試合で再び抹消、8月31日に昇格も3試合の登板で抹消と一軍定着は果たせず、同年は8試合に登板で防御率9.31に終わって厳しい立場に追い込まれた。オフにはオーストラリアに派遣されてウインターリーグに参加、現地の選手たちが前向きにプレーする姿に大きな刺激を受け、新たにカットボールも習得した。

15試合連続無失点
コロナウイルスの影響で開幕が延期となった20年は開幕前の練習試合で打者18人を1安打に抑えて開幕1軍を勝ち取った。シーズンに入ると広島との開幕戦で登板して1回を三者凡退に抑えたが、翌日の第2戦では逆転を許した8回表に緊急登板も連続四球で二死満塁とすると、鈴木誠に満塁ホームランを被弾する厳しい幕開けとなった。8月11日の阪神戦でも死球と自らの拙守などでイニング5失点、防御率は7.59まで悪化した。だがラミレス監督から高く評価されて徐々に勝ちパターンでの起用が増えると、平田も期待に応えて8月28日のヤクルト戦から15試合連続無失点を記録した。

130試合目
連続試合無失点を継続していた10月7日の巨人戦でショートスターターとして先発登板、初回に無死からの連続四球でピンチを作りウィーラーのタイムリーで追いつかれたが、なおも続いた無死一、二塁のピンチで岡本、丸から連続三振を奪うなど粘りを見せて5回2失点という期待を超える結果を残した。すると6回表にロペスの逆転ツーランが飛び出して平田に130試合目での初勝利が記録された。初のお立ち台に上がった平田は「頼りない31歳ですが…」と初々しい姿を見せた。なお130試合目での初勝利は史上3番目に遅いスロー記録だった。10月29日の巨人戦でも6回表二死満塁で登板して中島を見逃し三振に斬って取ってお立ち台に上がった。同年はフルシーズン一軍でプレーして四球こそ多かったが43試合に登板して防御率2.84というキャリアハイの成績を残した。

初セーブ
21年は4月1日のヤクルト戦で7回表の二死二、三塁で登板したが2球連続タイムリーを浴びて11対11の同点に追い付かれてしまうと、その後も10日の阪神戦で1点を追う9回表にサンズにツーランを被弾、25日の阪神戦でも1点リードの7回裏に無死一、二塁で登板してサンズにバックスクリーンに叩き込まれて逆転を許すなど苦しいチーム状態を止めることはできなかった。だがシーズン終盤に状態を上げると、9月29日のヤクルト戦では3点リードの9回裏に山崎が打ち込まれて降板すると、ホームランが出れば逆転サヨナラという場面でマウンドへ上がって山田哲、村上という球界を代表するスターと対戦したが外野フライ2つに打ち取って初セーブを記録した。


初記録
初登板 2014年3月28日ヤクルト戦
初勝利 2020年10月7日巨人戦
初奪三振 2014年7月21日中日戦:荒木から
初完投
初セーブ 2021年9月29日ヤクルト戦
その他の記録
イニング4奪三振 15年6月6日西武戦


  投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
14 横浜 9 0 0 0 0 0 13.0 9 1 5 1 7 2 0 5 5 3.46
15 横浜 28 0 0 0 2 0 32.0 29 2 14 1 27 4 0 12 12 3.38
16 横浜 4 0 0 0 0 0 3.1 7 2 3 1 2 0 0 9 8 21.60
17 横浜 33 0 0 0 1 0 36.1 32 5 17 4 29 2 1 19 19 4.71
18 横浜 17 0 0 0 0 0 25.2 35 3 6 0 27 0 0 19 19 6.66
19 横浜 8 0 0 0 0 0 9.2 15 2 4 2 11 0 0 11 10 9.31
20 横浜 43 0 0 1 1 0 44.1 38 2 25 2 46 3 0 16 14 2.84
21 横浜 38 0 0 2 0 1 41.2 41 6 21 2 34 1 0 21 19 4.10
通算 8年 180 0 0 3 4 1 206.0 206 23 95 13 183 12 1 112 106 4.63


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
14 横浜 9 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000
15 横浜 28 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000
16 横浜 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
17 横浜 33 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
18 横浜 17 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 .000
19 横浜 8 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000
20 横浜 43 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 2 0 0 .000
21 横浜 38 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 8年 180 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 6 0 0 .000


  二軍投球成績
チーム 登板 完投 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四死 三振 失点 自責 防御率
14 横浜 19 0 1 0 4 25.0 20 1 8 24 12 5 1.80
15 横浜 22 0 0 2 2 25.0 27 1 16 22 13 11 3.96
16 横浜 30 0 2 0 11 35.0 23 2 19 40 5 4 1.03
17 横浜 7 0 0 0 3 8.0 4 0 3 8 2 1 1.13
18 横浜 18 0 3 0 3 21.1 15 0 10 13 10 7 2.95
19 横浜 41 0 2 4 6 47.1 38 0 19 53 21 17 3.23
21 横浜 4 0 0 0 0 3.2 2 0 1 3 0 0 0.00
通算 7年 141 0 8 6 29 165.1 129 4 76 163 63 45 2.45