サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク


伊藤 光



29
名前 いとう ひかる
生年月日 1989年4月23日
経歴 明徳義塾高−オリックス(07年高校生D3巡目)−横浜
入団年 18年シーズン途中に移籍
在籍年 18年シーズン途中−
背番号 18年シーズン途中−[29]
投打 右投げ右打ち
守備 捕手
あと一歩で甲子園ならず
愛知県の岡崎市出身、5歳から父の勧めで硬式野球をはじめる。当初は投手や野手でプレーしていたが、ボーイズリーグの東名古屋スターズで捕手に転向、明徳義塾高では2年春からベンチ入り、リードの勉強のためにピッチャーとしてもプレーした。2年夏には県大会決勝までコマを進めたが高知商に逆転で敗れると、高校No.1キャッチャーとして注目を集めていた3年夏も県大会決勝に敗れて甲子園出場を2年連続で逃した。

椎間板ヘルニア
高校生ドラフトの3巡目でオリックスから指名を受け入団、ルーキーイヤーにはウエスタンリーグで43試合に出場、シーズン終盤の9月13日日本ハム戦では守備のみではあったが一軍出場も果たした。翌09年にはキャンプ、オープン戦と一軍に帯同するなど高い期待をかけられていたが、椎間板ヘルニアを発症して開幕直後の4月14日に手術、当初は夏場に復帰予定だったが、手術で痛みこそ無くなったが左足全体のしびれと麻痺が残り、同年は二軍でも試合出場なしに終わった。

1本のヒット
伊藤は10か所以上の病院を回って復帰を目指したが回復せず、「野球人生終わったな」と絶望の淵に立たされたが、手術から1年が経過した頃にテレビで脊髄損傷者のためのジムの存在を知り、通い始めると3日間で症状が改善し、2か月間で回復、6月5日にはウエスタンリーグのソフトバンク戦で復帰後初ヒットを放っで一塁ベース上で涙を流した。同年にはウエスタンリーグで29試合に出場するまでに回復、一軍でも2試合に出場した。

初ヒット
11年にはソフトバンクとの開幕戦に8番キャッチャーでスタメン出場、翌日にはホールトンから初ヒットとなるライト前ヒットを放った。同年はエース金子 千尋の信頼を掴み、強肩も評価されたが打撃が打率.156と苦しみ、9月11日の西武戦では中村 剛也との本塁クロスプレーで右手人差し指を骨折した事もあって66試合出場に留まった。背番号が22に昇格した12年は開幕から間もないロッテ戦で強烈なスイングを見せたホワイトセルのバットが後頭部を直撃した事もあって二軍での調整期間も長かったが2年連続で66試合に出場、ソフトバンク小久保の引退試合として開催された同年のシーズン最終戦で西とバッテリーを組んでまさかのノーヒットノーランも達成した。

正捕手に
13年はベテランの日高がFAで移籍した事もあって開幕から正捕手として起用されて137試合に出場、課題だった打撃が大きく飛躍して、6月8日の横浜戦で逆転の2点タイムリースリーベースを含む2安打を放って打率を.318まで上昇させるなど活躍、球宴にはファン投票で初選出されて第2戦でヒットも記録した。夏場には打率を落としたが終盤には再び数字を上げて打率.285を記録。オフには日本代表にも選出された。

優勝へ
14年は開幕から17打数連続ノーヒットという不振に苦しんだが4月8日のロッテ戦では決勝打となる2点タイムリーツーベースを含む2安打、25日の楽天戦でも決勝打となる2点タイムリーツーベースを含む2安打、5月17日のソフトバンク戦では延長12回裏にサヨナラの犠牲フライとお立ち台に上がり続けて開幕から絶好調のチームを支えた。球宴にも2年連続でファン投票で選出して、その直前には首位に立つなどオリックスとしては18年ぶりの優勝が現実味を帯びてきた。

ゲーム差0
9月17日には春先から激しいデッドヒートを続けてきたソフトバンクとの首位攻防戦で勝ち越しタイムリーを放ってお立ち台に上がった。9月30日の楽天戦では3安打を放って勝利に貢献、ついに2位ながらソフトバンクとゲーム差0に並んで10月を迎える事になった。残り試合はソフトバンクは直接対決の1試合を残すのみで、オリックスは3試合を残しているため、勝率の関係でソフトバンクが勝てばソフトバンクが優勝、オリックスが勝てばオリックスの優勝が濃厚という状態で10月2日の直接対決を迎える事になった。


息詰まる投手戦となった天王山は2回裏に吉村のツーベースなどでソフトバンクが先制したが、7回表に代打原のタイムリーでオリックスが追いついて試合は延長戦に突入、引き分けでも優勝の可能性が残る所だったが10回裏に一死満塁のピンチを背負うと、松田の打球が左中間を抜けるサヨナラヒットとなって優勝を逃した。伊藤はショックのあまりホームで号泣し、チームメイトに抱えられて戻ったベンチでもタオルに顔を埋めて涙を流し続けた。伊藤は涙の理由を問われて「僕は小学校も中学校も高校も、常に「あと一歩」というところで負けてきた。高校2年も3年も夏の県大会決勝で負けて、一度も甲子園に出ていません。僕が「あと一歩」という人間だから、また自分がキャッチャーをやっているから負けたのかなとか、僕の人生はこんなもんなんだなと思ったら、あの場から動けませんでした」。なおオリックスはラスト2ゲームに連勝してゲーム差0での2位と意地を見せた。

サヨナラパスボール
ベストナイン、ゴールデングラブに加えて金子 千尋と最優秀バッテリー賞も受賞するなど球界を代表する捕手となり、オフには選手会長も任される事になった。15年はチームもブランコ、中島といった大型補強を行い優勝への期待が高まったが、春先から補強した選手の絶不調もあってチームが低迷、伊藤もスタメンを外れる試合が増えるなど完全な正捕手からは外されてしまう。8月5日のロッテ戦ではリーグ4人目のサヨナラパスボールを記録、同年は104試合に出場して打率.271を放ったがチームは5位に終わってしまった。

打撃不振
16年は開幕直後に登録抹消になるなど首脳陣から守備面の信頼を失い、一軍と二軍を行き来し、二軍ではファーストとしても出場。前半戦は打率2割前後に低迷していたが、球宴明けから状態を上げて8月6日のロッテ戦では一軍でファーストの守備にも就き、以降はファーストや代打としての起用も増えていった。オフには主力選手が27歳にしてフェニックスリーグにも出場、17年からはキャンプでサードの練習も行い、開幕第2戦ではサードで出場してツーベースを含む2安打を放った。だが打率が2割前後を低迷し、同年は途中出場も含めて捕手として前年を上回る93試合に出場したが25打数連続ノーヒットでシーズンを終えるなど打率.189に留まった。

横浜移籍
18年は4月17日のロッテ戦でパスボールで勝ち越し点を与えてしまうと、7回表には送りバントを失敗して痛恨の併殺となり登録抹消となった。ウエスタンリーグでは打率.284とまずまずの成績を残したが再昇格のチャンスはもらえず、7月9日に赤間と共に白崎、高城とのトレードで横浜に移籍した。多くのサインを覚え、バッテリ−を組む投手陣の動画を寝る間も惜しんで見続けるなど、シーズン途中の捕手の移籍ならではの苦労もあったが、オールスター明けの16日ヤクルト戦でスタメンマスクを任されると第1打席で前年9月9日以来50打席ぶりとなるヒットを放ち、二盗も刺して大歓声を浴びた。第3戦では2点タイムリーを放ってお立ち台に上がり「11年目の伊藤光です!」とファンにあいさつ、続く試合でホームランを放つと、8月4日の広島戦では3打数3安打を記録するなど移籍当初は打撃でアピールしたが、その後は打撃不振に苦しんで打率.195と期待に応える事はできなかった。





初記録
初出場 2008年9月13日日本ハム戦
初安打 2011年4月13日ソフトバンク戦:ホールトンから
初本塁打 2011年5月25日ヤクルト戦:松井から
初打点 2011年4月20日日本ハム戦
初盗塁 2011年4月17日楽天戦:二盗で


08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18
ベストナイン 1回
ゴールデングラブ 1回
オールスター 2回


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
08 オリックス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
10 オリックス 2 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000
11 オリックス 66 160 15 25 7 0 2 38 11 3 2 14 1 11 2 57 0 5 .156
12 オリックス 66 176 11 36 9 0 0 45 10 0 0 12 4 5 0 48 2 3 .205
13 オリックス 137 410 36 117 20 2 3 150 40 4 0 35 3 24 3 84 10 8 .285
14 オリックス 137 358 37 92 16 1 3 119 48 0 2 39 3 24 5 80 2 3 .257
15 オリックス 104 247 20 67 9 1 1 81 28 0 1 11 2 29 1 53 4 1 .271
16 オリックス 80 187 18 45 7 0 3 61 15 1 0 12 0 3 1 36 6 2 .241
17 オリックス 103 196 21 37 9 2 5 65 23 0 0 22 1 18 2 47 2 2 .189
18 オリックス 7 13 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2 0 3 1 0 .000
18 横浜 47 128 12 25 5 0 1 33 11 1 1 0 2 18 3 29 5 3 .195
球団 1年 47 128 12 25 5 0 1 33 11 1 1 0 2 18 3 29 5 3 .195
通算 10年 750 1879 170 444 82 6 18 592 186 9 6 146 16 134 17 438 32 27 .236


  クライマックスシリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
14 オリックス 3 7 0 2 0 0 0 2 0 0 0 1 0 1 1 4 0 0 .286
通算 1年 3 7 0 2 0 0 0 2 0 0 0 1 0 1 1 4 0 0 .286


  オールスター打撃成績
回数 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算 2回 5 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .200


  二軍打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死 三振 併殺 失策 打率
08 サーバス 43 78 9 15 2 0 0 17 6 0 5 0 11 24 2 0 .192
10 オリックス 29 55 1 9 0 0 0 9 4 0 3 1 5 17 1 1 .164
11 オリックス 10 28 5 7 1 0 1 11 2 0 0 0 2 5 0 1 .250
12 オリックス 33 86 10 21 6 0 3 36 9 0 3 1 5 18 2 1 .244
14 オリックス 1 4 1 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 1 1 0 .500
15 オリックス 4 13 4 6 2 0 0 8 5 0 0 0 3 1 0 0 .462
16 オリックス 18 65 6 15 2 0 0 17 4 0 1 1 3 7 8 1 .231
17 オリックス 1 4 1 3 2 0 0 5 1 0 0 0 0 0 0 0 .750
18 オリックス 31 88 8 25 4 0 2 35 12 0 1 0 15 15 4 1 .284
通算 9年 170 421 45 103 19 0 6 140 44 0 13 3 44 88 18 5 .245







 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年