ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>  
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 MLB記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト

選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク


楠本 泰史



37
名前 くすもと たいし
生年月日 1995年7月7日
経歴 花咲徳栄高−東北福祉大−横浜(17年D8位)
入団年 17年ドラフト8位
在籍年 18年−
背番号 18年−[37]
投打 右投げ左打ち
守備 外野手
松井祐の誘いでベイスターズジュニアに
大阪の吹田市で生まれ、父親の方針で2歳の頃からボールで遊んでいた。小学1年の時に岡山県に引っ越し、小4から野球を始める。小6の時に横浜に引っ越して松井 裕樹と同級生になり、松井裕に誘われて横浜ベイスターズジュニアのセレクションを受験して二人とも見事に合格を果たした。また松井祐から「一緒にやろう」と誘われて石川サンダーボルトに入団した。中学でも青葉緑東シニアで松井祐とチームメイトだった。

松井と対戦
花咲徳栄では同級生の若月 健矢と共に1年秋からレギュラーになり、2年夏には3番ショートで県大会で21打数10安打を記録、秋の関東大会では準優勝を果たして3年春のセンバツ出場を掴んだが、センバツでは3打数0安打に倒れてチームも初戦敗退と悔しさを味わった。3年春の関東大会では桐光学園の松井祐と対戦、楠本が「心の底からワクワクした」と語り、松井も、「高校の中で一番楽しかった」というマッチアップは3打数1安打1三振で迎えた4打席に楠本がライトへ大飛球を放ったが、逆風とライトのファインプレーでアウトになった。なお同試合で松井は18奪三振を記録した。3年夏は準々決勝で敗れて夏の甲子園には出場できなかった。

東北福祉大
プロ志望でスカウトからも評価を受けていたが、岩井監督から大学で成長してからのプロ入りを勧められて監督の母校でもある東北福祉大へ進学、1年春からレギュラーとなり打率.324で新人王に選出された。右肩を痛めて苦しい時期も過ごしたが、大学2年の時に松井祐がインタビューで「小・中学校の同級生が仙台で野球を続けている。大学から必ずプロの世界に飛び込んでくる選手だと僕は信じている」と語っているのを目にして奮起、2年秋の仙台大戦で東北福祉大相手に2戦連続完封を記録していた熊原から決勝ソロを放ち、3年春には自己最高の打率.438に3本塁打、11打点で二冠王に輝いた。

日米大学野球で4番
3年の日米大学野球では15打数3安打に終わると、秋のシーズンは打率.256と打撃が低迷、ミートを意識するあまりスイングが弱くなっていることに気付いて修正し、4年春には打率.415で首位打者とMVPに輝いた。右肩を痛めた影響もあってショートから4年春に外野に転向、2年連続で出場した日米大学野球では4番を任されて打率.389(チーム首位打者)、8月14日に行われたJX-ENEOSとの練習試合では横浜でチームメイトとなる齋藤 俊介から先制スリーランを放った。4年春が終了した時点で通算91安打と東北福祉大史上初めての100安打が期待されたが、4年秋は8試合出場に留まった事もあり自身ワーストの8安打で大台に1安打届かなかった。

横浜入団
ドラフト会議で横浜から8位指名を受けて入団。指名された82選手中81番目の指名だった(育成除く)。オープン戦で15打数8安打(打率.533)、2本塁打も放って開幕一軍を勝ち取ると、開幕3連戦には代打で起用されて死球、四球、死球で全て出塁、桑原の不振もあって4月5日にはスタメン起用と順調にステップアップした。だが4試合のスタメン出場でヒットは打てず、14日の中日戦では四球で出塁した5回裏に嶺井のライトフライで一塁への緩慢な帰塁のスキを突かれてアウトとなり途中交代、11打数0安打で6四死球という成績を残して翌日に抹消となった。ストレスから食事量が減って体重が5キロも落ちていたため二軍では食生活の見直しも意識して体重を戻した。

初ヒット
5月31日の楽天戦から1軍に合流すると松井祐との対戦はなかったが試合前には再会を喜び合った。6月3日のソフトバンク戦でスタメンで起用されると3回表に武田から初ヒット、9回表には守護神の森からツーベースを放った。12日のロッテ戦では3番に抜擢されてチームが完封負けを喫する中で2安打と一人気を吐いた。その後は抹消もあったが徐々に数字を上げて73打数15安打で打率.205ながら、初ヒットを放った6月3日以降は打率.250というまずまずの成績を残した。

オープン戦首位打者
19年はキャンプからアピールを続けてオープン戦では12球団トップの打率.388を記録、球団のオープン戦日本人首位打者は高木豊以来31年ぶりだった。OPSも1.046という好成績で一気に開幕スタメンの座を掴むと、開幕戦で2安打3四死球を放って勝利に貢献した。翌日の守備でソトと激突し、ソトの膝が顔面に入り首を痛めたが、テーピングで固めて強行出場した第3戦では先制とサヨナラにつながる2安打を放った。だが翌日から精彩を欠くプレーが続き、4月5日の巨人戦で併殺と空振り三振で途中交代、12日の広島戦には先制タイムリーを放ってお立ち台に上がったが、19日の広島戦では2安打を放ったが暴走でチャンスをつぶすと、翌日から9打数連続のノーヒットに倒れて5月3日に抹消となった。

史上2人目の初本塁打
6月4日に再昇格を果たすと、9日の西武戦で2点を追う8回裏の二死満塁で代打起用されて逆方向へと打ち返した大飛球がレフトスタンドに飛び込む起死回生の逆転満塁ホームランとなってヒーローになった。初本塁打が代打満塁弾は史上7人目で、代打逆転満塁本塁打に限ると75年の久保俊巳以来2人目の快挙だった。お立ち台に上がった楠本は「野球をやってきてよかったなと思いました」答えて大歓声を浴びた。だが15日のソフトバンク戦でダイビングキャッチを試みて手首を負傷したこともあって再び抹消となった。シーズン終盤に昇格を果たしたが、負ければ逆転優勝の可能性が消滅し巨人が胴上げとなる9月21日の巨人戦で勝ち越しを許して迎えた10回裏に二死で代打起用されて空振り三振、捕手の小林が「よっしゃー!」と絶叫し、三塁側ベンチから巨人選手がマウンドにかけ集まっていく光景を打席で見つめることになった。

抹消/昇格
20年は開幕一軍に残って開幕直後の6月27日の阪神戦で2点を追う9回裏二死満塁で代打起用されたがレフトフライに倒れるなど結果が残せず7月6日に抹消となった。18日に再昇格を果たしたが24日に再び抹消、8月5日に再昇格して2番スタメンに抜擢された11日の阪神戦で初回に同点弾を放ったが、22日に抹消になるなど1軍では多くのチャンスはもらえなかった。だが2軍では30試合の出場ながら打率.365、出塁率.455、長打率.663という素晴らしい成績を残した。


初記録
初出場 2018年3月30日ヤクルト戦
初安打 2018年6月3日ソフトバンク戦:武田から
初本塁打 2019年6月9日西武戦:ヒースから
初打点 2018年6月15日オリックス戦:内野ゴロで
初盗塁 2018年4月8日広島戦


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
18 横浜 56 73 4 15 3 0 0 18 2 2 1 0 0 6 3 19 0 0 .205
19 横浜 39 72 6 15 4 0 1 22 6 0 2 0 0 7 2 19 1 0 .208
20 横浜 28 26 6 4 2 0 1 9 1 0 0 0 0 2 1 7 0 0 .154
通算 3年 123 171 16 34 9 0 2 49 9 2 3 0 0 15 6 45 1 0 .199


  二軍打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死 三振 併殺 失策 打率
18 横浜 48 164 22 53 15 1 1 73 16 3 2 1 12 25 2 2 .323
19 横浜 70 257 34 81 13 1 7 117 38 5 1 2 29 39 7 1 .315
20 横浜 30 104 24 38 13 0 6 69 24 2 0 0 17 24 1 0 .365
通算 3年 148 525 80 172 41 2 14 259 78 10 3 3 58 88 10 3 .328