サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク


桑原 将志



名前 くわはら まさゆき
生年月日 1993年7月21日
経歴 福知山成美高−横浜(11年D4位)
入団年 11年ドラフト4位
在籍年 12年−
背番号 12年−17年[37]:18年−[1]
投打 右投げ右打ち
守備 内野手
最初で最後の夏
福知山成美高では1年春からサードでレギュラーを掴んだが、野球部員の不祥事で1年の夏、2年の春夏と大会に出場する事すらできない悔しさを味わった。桑原は「腐ったら夢だったプロ野球に行けないと思って練習だけは続けた」。3年夏には主将として府大会に臨んだが初戦、第2戦でチームは勝ったものの桑原は6打数0安打と結果が残せなかった。その日の夜に2学年上のOBから電話があり「気負いすぎだ。原点に戻って楽しめ」とのアドバイスを受けて、次戦で2安打2打点を記録。府大会の準決勝で破れて甲子園出場はならなかったが、同年のドラフト会議で横浜から4位指名を受けて入団した。


初打席で初ヒット
ルーキーイヤーには慣れ親しんだショートからセカンドに転向した影響もあってイップスになり外野手としても起用された。5月にはイースタンリーグで打率.367を記録して月間MVPに選出され、フレッシュオールスターでも2安打を放つなど光るものを見せた。シーズン終盤には一軍に昇格して10月1日の中日戦で守備から入って初出場を果たすと、8回裏の初打席で山井から初ヒットを放った。翌13年には春のキャンプで本格的に外野に挑戦して、4月23日には荒波、多村の故障に伴って一軍に昇格。翌日の巨人戦で初スタメンとなる7番センターで出場したが杉内らの前に3三振を喫して試合も1対17と大敗。5試合の出場で登録抹消となった。

3打席で29球
14年は6月21日にイースタン・リーグのロッテ戦でセンター前、スリーラン、スリーベースを放ってサイクルヒットにリーチをかけて迎えた第5打席でレフトオーバーのツーベースを放って見事に記録を達成。通算でも打率.291という好成績を残して6月28日に一軍へ昇格。7月4日の阪神戦でスタメンのチャンスを貰うと好投手のメッセンジャーから第1打席で9球粘って四球、第2打席は併殺に倒れたが10球、第3打席も10球粘って四球と3打席で29球という驚異的な粘りを見せて中畑監督から賞賛された。7月11日のヤクルト戦でタイムリーヒットを含む2安打を放つと、そこから6試合連続ヒットを記録した。

サヨナラヒットを含む5安打
8月5日の巨人戦は桑原の2安打1犠打の活躍もあって5対0とリードしたが8、9回で5点を奪われて同点に追いつかれてしまう。9回裏には桑原がレフト線にツーベースを放ってサヨナラのお膳立てをしたが後続が倒れて延長戦に突入。チームが前日まで2試合連続延長サヨナラ負けという事もあって嫌な雰囲気になり、延長11回表にはついに勝ち越し点を奪われてしまったが、その裏に桑原の4安打目となるツーベースから同点に追いつくと、引き分けを目前にした12回裏に一死一、二塁で打席に入った桑原がライト前にしぶとく落として劇的なサヨナラ勝利となった。お立ち台に上がった桑原は「とにかく必死だった」と答えつつも、コマネチのポーズを披露するなど持ち前の明るさもアピールした。

月間2度目の
8月30日の巨人戦では試合途中からセンターに入ったが8回表の守備で坂本が放った右中間への飛球に追いつけず逆転を許すきっかけを作ってしまう。「悔しくて申し訳なかった」という桑原は4対4の同点で迎えた延長10回裏に二死二、三塁というチャンスで打席に入ると、マシソンが投じた初球のストレートは見逃してしまったが、4球目の156キロにバットを出すと、飛球がサード村田の後方にポトリと落ちて月間2度目の巨人戦サヨナラ打を記録した。翌日の巨人戦では江柄子が投じた142キロのストレートを頭部に受けて交代になったが、桑原は倒れ込みながら中畑監督に「いけます」と出場を直訴した。同年には53試合に出場して打率.257とチャンスを掴んだが、9月4日にCSを争う阪神戦で逆転に繋がる落球を犯してしまうなど課題も残る一年となった。

開幕スタメンも
飛躍の年としたい15年は開幕スタメンこそ勝ち取ったが巨人との開幕3連戦で10打数1安打、4月7日の阪神戦では4打席連続三振を含む5タコに倒れるなど打撃で苦しんで4月23日に登録抹消、約一か月後に昇格を果たすと6月6日の西武戦では6回裏一死で代打起用されてノーヒットピッチを続けていた菊池からセカンド頭上を越えるライト前ヒットを放ったが、その後はヒットが続かず前年を上回る60試合に出場したが打率.184と期待に応えられなかった。

菅野打ち
16年は4月20日の広島戦でポテンヒット2本を含む3安打2打点、27日〜28日の中日戦では2試合連続ホームランを放つなど梶谷の故障で手にしたチャンスをものにすると、5月18日の巨人戦ではフェンス際の飛球を落球して無死三塁のピンチを作ってしまったが、クルーズのライトフライで見事なバックホームを投じてミスを取り返し、6月24日の巨人戦では開幕から102イニングで自責10という神がかり的な活躍を見せていた菅野から初回に先制のきっかけとなるヒット、2回裏に2点タイムリー、3回裏に満塁弾で6打点を記録、翌日にも勝ち越しタイムリーを含む3安打1四球を放って2日連続のお立ち台に上がった。

レギュラー
球宴を挟んだ10試合では41打数4安打という不振に陥って3割を超えていた打率も2割6分台まで降下したが、7月28日の中日戦で久々の猛打賞を記録すると、翌日の広島戦でスリーランを含む2安打2四球、31日の広島戦では先頭打者本塁打と復調、8月中旬には再び不調に陥ったが、8月23日からの6連戦で25打数12安打を記録すると、9月には月間打率.349という好成績を残して球団初のCS出場に大きく貢献した。またリーグ3位の得点圏打率.370や、広い守備範囲がラミレス監督から高い評価を受けて1番センターの座をものにした。

序盤は不調も
17年は4月9日の中日戦で同点を阻止するバックホームと2安打で濱口の初勝利を援護したが、4月下旬から絶不調となり5月16日からは4試合連続ノーヒットを記録するなど一時は打率.200まで成績が落ち込んだ。だが20日の巨人戦で24打席ぶりのヒットとなる勝ち越しタイムリーを放つと、23日からの6連戦では30打席で18出塁(10安打8四死球)を記録するなど復調、6月6日の楽天戦では先頭打者本塁打を含む4安打、17日のオリックス戦でも2本塁打を含む4安打、交流戦明けのヤクルト3連戦でも12打数7安打を放つなど一気に数字を上げた。

先頭弾&逆転満塁弾
7月1日の巨人戦では初回に先頭打者本塁打を放つと2対4の劣勢で迎えた9回表二死満塁で打席に入って抑えのカミネロからレフトスタンドへ劇的な逆転満塁ホームランを叩き込んで同年初となる貯金をチームにもたらした。先頭弾と満塁弾は史上6度目で先頭弾と9回に逆転満塁弾はMLBでもない歴史的な快挙だった。同月には月間打率.389でOPS1.117という驚異的な活躍を見せて月間MVPに選出された。8月4日の広島戦でも逆転満塁弾を含む3安打を放つなど印象深い活躍を見せたが、CSを争う最終盤には23打席連続ノーヒットを記録すると、日本シリーズでも第2戦で史上5人目の4打数4三振に倒れるなど26打数で10三振を記録した。シーズンでは球団史上4度目の38二塁打に13本塁打を記録したが、序盤と終盤の不調が響いて打率.269に留まった。

定位置失う
18年に入ってもオープン戦で打率.167と苦しみ、開幕第2戦では9回裏のチャンスに代打を送られ、第3戦では指定席だった1番から7番に降格、続く試合で1点差に追い上げた8回裏のチャンスで凡退すると、翌日には早くもスタメン落ちとなった。前年にはレギュラーを明言して全試合で1番センターを任せてくれたラミレス監督からは「昨シーズンの終盤から調子が悪い」と信頼を失い、打率は2割台前半を留まり、6月終了時点で打点もわずか7とチャンスでも凡退を繰り返した。

サイクルヒット
正念場に追い込まれたが、7月3日の巨人戦で久々に1番で起用されると勝ち越しタイムリーに3四死球、翌日には左中間への打球をフェンスにぶつかりながら好捕、翌日には4安打、さらに次戦からも2安打に好守、2安打、同点弾を含む3安打と前年に続いて7月に絶好調を迎えた。オールスターが明けても好調を持続させて20日の阪神戦では初回に先頭打者ホームランを放つと、ヒット、スリーベース、四球を挟んで、ツーベースと全てファーストストライクを打って史上67人目のサイクルヒットを達成、同日には盗塁に加えて好守も連発するなど一人舞台の活躍を見せた。7月には前年を超える打率.421、OPS1.128という驚異的な活躍で7月1日には.231だった打率を一気に300まで引き上げた。だが8月に入ると再び不調にはまって打率.261でシーズンを終えた。




12 13 14 15 16 17 18
ゴールデングラブ 1回



初記録
初出場 2012年10月1日中日戦:守備から
初安打 2012年10月1日中日戦:山井から
初本塁打 2014年9月28日巨人戦:澤村から
初打点 2014年7月11日ヤクルト戦:八木から適時打
初盗塁 2014年7月11日ヤクルト戦:初回にニ盗
その他の記録
月間MVP 17年7月
サイクルヒット 18年7月20日阪神戦





  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
12 横浜 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .333
13 横浜 5 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 .000
14 横浜 53 144 15 37 7 2 1 51 13 4 1 8 0 15 2 32 5 5 .257
15 横浜 60 103 14 19 4 1 1 28 5 1 1 8 0 5 0 26 1 1 .184
16 横浜 133 462 80 131 23 2 11 191 49 19 11 8 0 38 14 93 5 4 .284
17 横浜 143 598 87 161 38 5 13 248 52 10 11 10 0 45 11 116 8 3 .269
通算 6年 397 1316 196 349 72 10 26 519 119 34 24 34 0 103 27 271 19 13 .265


  日本シリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
17 横浜 6 26 2 4 0 0 0 4 1 1 2 0 0 2 0 10 0 0 .154
通算 1年 6 26 2 4 0 0 0 4 1 1 2 0 0 2 0 10 0 0 .154


  クライマックスシリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
16 横浜 7 30 2 5 2 0 0 7 1 0 0 0 0 2 0 5 0 0 .167
17 横浜 8 32 8 9 2 0 1 14 5 2 0 1 1 3 0 6 2 2 .281
通算 2年 15 62 10 14 4 0 1 21 6 2 0 1 1 5 0 11 2 2 .226


  二軍打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死 三振 併殺 失策 打率
12 横浜 89 298 47 67 14 3 2 93 18 13 5 0 27 73 6 12 .225
13 横浜 90 278 44 75 11 4 2 100 27 9 14 1 33 56 1 11 .270
14 横浜 67 251 43 73 10 5 5 108 33 12 6 1 30 62 6 6 .291
15 横浜 35 137 24 41 4 7 5 74 21 6 5 1 17 30 1 0 .299
通算 4年 281 964 158 256 39 19 14 375 99 40 30 3 107 221 14 29 .266







 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年