サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク


三嶋 一輝



17
名前 みしま かずき
生年月日 1990年5月7日
経歴 福岡工高−法政大−横浜(12年D2位)
入団年 12年ドラフト2位
在籍年 13年−
背番号 13年−[17]
投打 右投げ両打ち
守備 投手
サッカー少年
父親の一彦さんは福岡大大濠の主将として甲子園に出場した高校球児だったが、一輝は小学校6年まで福岡ドリームズでサッカーをやっていた。6年の夏から怡土少年野球クラブで野球を始める。福岡工高では2年秋からエースになり、3年春には九州大会で同年の選抜を制した沖縄尚学戦で4安打、3四球で14奪三振を奪う好投を見せて金星を挙げると、奪三振の山を築きながら強豪を次々に破って九州大会優勝を果たした。

甲子園出場ならず
大きな期待を集めた3年夏だったが5月に腰を痛めてしまうと、痛み止めの注射を打ち、コルセットをつけて練習を行って夏の県大会に挑んだが、4回裏まで6奪三振を奪う好投を見せていた九州国際大付戦で試合中盤から左腰に加えて右肘にも痛みが出てしまうと、何とか7回まで投げ抜いて外野に回ったが、9回表が終わった所で自ら申し出てベンチに下がった。試合は延長14回の末にサヨナラ負けとなり甲子園出場を逃すと、三嶋は球場外の駐車場で帽子のつばで顔を隠しながら泣き続けた。

155キロ
法政大に進学すると1年春にいきなり154キロを記録する衝撃のデビューを飾ると、守護神を任されて防御率0.00(5試合で7イニング)を記録、また打っても大地番となった明大戦の初戦で決勝タイムリーを放つなど法大の優勝に貢献した。1年秋には六大学史上最速の155キロを記録。2年春に23イニングを投げて自責1(防御率0.39)で最優秀防御率。2年秋には先発に回って加賀美に次ぐ二番手として3勝0敗、防御率2.20という好成績を残した。

2日連続完投
4年春には肘を痛めて戦線を離脱したが、秋には明大戦で4安打、無四球で完投勝利(143球)を記録して優勝に王手をかけると、午後10時過ぎに就寝して体力を回復し、翌朝に身体の状態に問題が無いことを確認すると監督に先発を志願して被安打3、10奪三振で二日連続の完投勝利を達成してチームを7季ぶりの優勝に導いた。同シーズンには4勝0敗、防御率0.89で最多勝、最優秀防御率、ベストナインという投手三冠王に輝いた。

横浜入団
同年のドラフト会議で横浜から2位指名を受けて入団。ドラフト後に行われた神宮大会では三重中京大戦で16奪三振を記録するなど好投を続けて決勝まで駒を進めたが決勝戦の桐蔭横浜大戦では6回に先制ソロを許して0対1で破れて31年ぶりの日本一は逃した。

一死しか取れずに7失点
開幕当初はリリーフとして起用されたが4月24日の巨人戦で1対8と大量リードを許した8回裏にマウンドへ上がると、最初の打者こそ三振に抑えたが連続四球でピンチを作ると、そこから5連打を打たれて一死しか取れずに7失点。ショックを隠しきれない三嶋がマウンドを降りるとスタメンを外れていた鶴岡がベンチ裏に三嶋を呼び出し、「今日の投球はなんなんだ。顔からして戦ってない。逃げてる。お前を見損なったよ。お前はもっと戦う姿勢を持っていると思ってた」と激しい調子でゲキを入れた。「野球をやっていて、プレーのことであそこまで人に怒られたのは初めてだった」という三嶋はこの日以来「自分のことを信じて投げるしかない」と気持ちを入れ替えた。

初勝利
5月5日の中日戦から先発に回ると、12日の巨人戦では白星こそ付かなかったが8イニングを投げて5安打、4四球で無失点に抑える好投を見せた。続く19日のオリックス戦では6回まで無失点に抑えたが7回裏に糸井に同点ソロ、山本に勝ち越しソロを打たれて完投したが2失点で敗戦、26日のロッテ戦でも8回2失点で敗戦投手と好投を続けながら初勝利が遠かったが、6月3日の日本ハム戦で味方の大量援護もあって8回3失点で初勝利を記録。続く登板では1点リードの4回表に二死二、三塁で8番打者を敬遠する際に暴投を投じて白星を逃したが、15日の西武戦では悪いなりに粘って2失点に抑えて2勝目を上げた。

初完封
6月終了時点ではわずか2勝だったが巨人戦の好投が原監督に評価されたのか監督推薦でオールスターに選出されて2イニングを無失点に抑えた。(横浜のルーキーが球宴出場を果たしたのは山下 大輔以来39年ぶり)。球宴明けには28日の阪神戦で5安打、1四球、9奪三振で初完封を達成。続く8月4日には実数発表以後では初めて30,000人を超える入場者を集めたスターナイト第3戦で3.0回で7失点KO、続く試合でも2回途中でKOと苦しんだが、シーズン最終戦で規定投球回に到達して6勝9敗、防御率3.94という好成績を残した。一時期はリーグトップに立った奪三振は6位に留まったが、奪三振率はリーグトップの8.92を記録した。

開幕投手
14年はキレを出すために減量して望んだが、これが裏目に出たのかキャンプから状態が上がらず紅白戦からオープン戦にかけて防御率7.14を記録。それでも開幕投手を任されたが初回から先頭の山田に死球、雄平にレフト前、ミレッジにレフト前、川端に四球、畠山にツーベース、相川にライト前とヤクルト打線に滅多打ちに合い、なおも一死一、三塁から大学の後輩で前日にLINEで「打つなよ」と連絡したルーキーの西浦に史上初の新人開幕戦初球本塁打を浴びて初回7失点…。2回裏も続投したが2点を追加されて球団の開幕投手史上ワーストの9失点でKOとなってしまった。

141試合目
異例の開幕直後のミニキャンプを行い開幕戦から中12日での登板となった阪神戦でも6回5失点、続く中日戦でも5回4失点、さらに阪神戦で2回6失点と4試合連続で打ち込まれて中継ぎに配置転換されたが、そこでも好成績を残せず登録抹消。6月17日には横浜スタジアムで行われたイースタンリーグのヤクルト戦に先発したが、首脳陣が見守る中で初回に打者一巡の猛攻を浴びるなどアピールが出来ず一軍昇格はならなかった。閉幕直前の10月3日巨人戦で149日ぶりに一軍へ昇格すると、勢いを取り戻したストレートで5回3失点に抑えて実にチーム141試合目での同年初勝利を記録した。

チェンジアップ
15年は巨人との開幕第3戦を任されたがオープン戦で光った新球チェンジアップが使えず5回途中7失点KOとなった。2年連続での厳しい船出となったが、次戦ではヤクルト打線を8回途中1失点に抑えて前年の借りを返すと、続く中日戦は白星こそつかなかったが7回1失点、30日の広島戦では8回を内野安打とポテンヒットの2本のみに抑えて無四球で二塁すら踏ませず勝利投手、5月6日のヤクルト戦でも7回2失点、14日の中日戦で6回3失点と試合を作り自身3連勝と上々のスタートを切った。だが5月28日のオリックス戦、6月7日の西武戦で試合を作れず序盤でKOされて登録抹消となってしまうと、2ヵ月後に昇格したがリリーフに回った9月に大幅に数字を落としてシーズンを終えてしまった。

二軍
16年はオープン戦初戦の先発を任されるなどラミレス新監督から高い期待を受けていたが、オープン戦中盤から球速が大幅に落ちて2軍調整となった。降格後もなかなか球速が戻らず苦しい日々を送ったが、8月31日にようやく昇格を果たすと同日の広島戦で守備に足を引っ張られながらも6回を3失点、9月7日にはCSを争うヤクルト戦で山田、バレンティンに被弾する今一つの内容ながら5回3失点で勝利投手、球団初のCS出場決定を目前にした18日の広島戦では7回2失点と登板4試合で1勝に留まったが試合を作ってCS出場に貢献。CSでも広島とのファイナルステージ第2戦の先発を任されたが、四死球や暴投などで崩れて5回途中失点KOとなった。





初記録
初登板 2013年3月31日中日戦
初勝利 2013年6月2日日本ハム戦
初奪三振 2013年4月3日巨人戦:村田から
初完投 2013年5月19日オリックス戦
初完封 2013年7月28日阪神戦


13 14 15 16
オールスター 1回


  投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
13 横浜 34 2 1 6 9 0 146.1 138 20 79 0 145 6 1 67 64 3.94
14 横浜 8 0 0 1 2 0 24.0 41 5 14 1 24 4 3 30 29 10.88
15 横浜 20 0 0 5 5 0 88.0 84 9 34 3 67 9 0 52 47 4.81
16 横浜 4 0 0 1 1 0 24.0 24 5 8 0 15 1 0 13 10 3.75
通算 4年 66 2 1 13 17 0 282.1 287 39 135 4 251 20 4 162 150 4.78


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
13 横浜 34 30 1 4 0 0 0 4 0 0 0 6 0 1 0 13 1 1 .133
14 横浜 8 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .167
15 横浜 20 25 1 3 0 0 0 3 0 0 0 5 0 0 0 10 0 1 .120
16 横浜 4 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 5 0 1 .000
通算 4年 66 68 2 8 0 0 0 8 0 0 0 12 0 1 0 29 1 3 .118


  プレーオフ投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
16 横浜 1 0 0 0 1 0 4.2 3 0 2 1 1 1 0 2 2 3.86
通算 1年 1 0 0 0 1 0 4.2 3 0 2 1 1 1 0 2 2 3.86


  プレーオフ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
16 横浜 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000
通算 1年 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000


  オールスター投球成績
回数 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
通算 1回 1 0 0 0 0 0 2.0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00


  二軍投球成績
チーム 登板 完投 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四死 三振 失点 自責 防御率
14 横浜 15 0 5 4 1 88.0 79 8 30 56 32 27 2.76
15 横浜 7 0 3 2 0 39.1 39 5 7 38 14 13 2.97
16 横浜 18 0 8 6 0 109.0 107 15 36 92 53 43 3.55
通算 3年 40 0 16 12 1 236.1 225 28 73 186 99 83 3.16







 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年