サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

中井 大介



名前 なかい だいすけ
生年月日 1989年11月27日
経歴 宇治山田商高−巨人(07年D3巡)−横浜DeNA
入団年 19年に巨人から移籍
在籍年 19年−
背番号 19年−[0]
投打 右投げ右打ち
守備 内野手
投手としても活躍
小1の時に内野手として野球を始める。中3からは投手としても起用されて、宇治山田商では1年夏から投手兼内外野手でレギュラーを獲得、1年の秋には東海大会の初戦で投げては完投、打っては本塁打という活躍で注目を集めた。2年春に右ひじを痛めて投手としては1年間を棒に振ったが、3年春に復帰すると東海大会で投打にわたる活躍を見せて優勝に導いた。

延長15回
3年夏は不調で先発投手の座を下級生に譲ったが甲子園出場を果たすと、甲子園では初戦の佐賀北戦で5回裏の二死満塁で走者一掃の逆転スリーベースを放つと、4対3とリードした7回表からマウンドへ上がり同点には追いつかれたが140キロを超えるストレートを制球良く投げ込んでゼロ更新、13回表には3四死球で一死満塁のピンチを背負ったが浅いライトフライと空振り三振で切り抜けるとそのまま延長15回まで投げ続けて史上5度目の引き分け再試合に持ち込んだ。

再試合
試合終了後にストレッチを始めた時には体中がつっていたほど疲れ切っており、146球の熱投から中1日で行われた再試合では先発を任されたが疲労から球が走らず1対1で迎えた6回に3点を勝ち越されて降板となった(宇治山田商を破った佐賀北は勢いに乗って全国制覇を達成)。高校生ドラフトで巨人から3位指名を受けて入団。高校通算28本塁打。

平成生まれ
ルーキーイヤーは一軍出場こそ叶わなかったがイースタンリーグで94試合に出場、リーグ最多の98安打を放つ一方でヒット数を上回る105三振も記録、 フレッシュオールスターでは4番で起用されてツーランを含む3安打を放って優秀選手に輝いた。2年目には1軍キャンプで原監督から「太田に負けるなよ」と声をかけられた際に「絶対に負けません」と答えた事が原監督の印象に残り、5月12日に一軍へ抜擢されて同日の横浜戦でスタメンを任されたがウォーランドに3打数3三振に抑え込まれて途中交代となった。抹消となったが6月8日に再昇格を果たすと同日の楽天戦で初ヒットを記録、シーズン終盤の9月10日の横浜戦で工藤からタイムリーを放って初打点、翌日の広島戦では小松からバックスクリーンに初本塁打を叩き込んでプロ野球初の平成生まれの本塁打を記録した。

二軍で打点王
10年はイースタンリーグで77試合に出場したが右足の靭帯を痛めた事もあって打率.246と苦しみ、シーズン終了後に右足甲の関節固定手術を受けた。翌11年はイースタンリーグで90試合に出場して打率.281と復調、5年目となる12年にはイースタンリーグで最多安打と打点王を獲得、3度の一軍昇格ではチャンスが少なかったこともあって8打数0安打と結果が残せなかったが、9月7日に4度目の昇格を果たすと同日のヤクルト戦ではスタメンで起用されて第3打席にセンター前ヒットを放って3年ぶりに一軍でヒットを記録した。

寝落ち
13年はシーズン早々から一軍で起用されて5月23日の楽天戦では代打でスリーランを記録、6月3日の西武戦では1番に抜擢されて勝ち越し打を含む2本のタイムリーを放つと、そこから4試合連続で1番を任されるなど大きなチャンスを貰ったが、6月11日に10時から始まる全体練習に遅刻、眠っていた中井はマネージャーからの電話で起きて、1時間近く遅れて合流したが2軍落ちと罰金のペナルティを課せられた。

時計
父からは母が代筆した「遅刻とは何事!!やっと芽が出て来たと毎回テレビを楽しみにしていたが、絶対やってはいけない事を…」という長文のメールが届き、恐怖から父の電話を着信拒否していると、「おまえの代わりに昇格した坂口君がヒットを打ったぞ」といったメールが数日置きに届き、スポーツ紙の報道などもあって中井は「寝るのが怖い」と大きな重圧を受けた。だがファンからプレゼントされた物を含めて5個の目覚まし時計とスマートフォンを枕元にセットして再発防止に努めると、6月25日に故障のロペスに代わって一軍に再昇格、中井は新横浜に出発時間の50分近く前に目覚まし時計を持って合流した。

目覚め
7月2日の阪神戦で能見から3安打を放つと延長11回表には勝ち越しに繋がるレフト前ヒットを放って自身初の4安打を記録、7月7日に東京ドームで行われた横浜戦では鈴木尚と矢野のイタズラで登場曲をSPEEDの「Wake Me Up!(起こして)」に変えられる洗礼を受けたが、「朝の太陽〜、疲れたBODY目覚めさせて〜」という痛烈な歌詞に苦笑いを見せながら初回に三浦からセンター前ヒットを放つと、3回裏にツーベース、4回裏にはレフトポールを直撃する決勝ツーランとプレッシャーをはねのけて本拠地初のお立ち台に上がった。

故障も日本シリーズで復帰
8月3日の阪神戦では7回裏に能見から勝ち越しソロを放って勝利に貢献するなどチャンスを掴みかけていたが、翌日の阪神戦で新井貴が放ったセカンド後方への飛球にダイビングキャッチを試みて左膝の靭帯を損傷、打率.324を記録しながら48試合出場に留まった。日本シリーズで復帰すると第4戦では大不振のロペスに代わってファーストでスタメン起用、第1打席で三振に倒れて途中交代となったが、第5戦もファーストスタメンで5回裏に則本からチーム初ヒットとなるセンター前ヒットを放った。

サヨナラヒット
14年は左膝の具合が思わしくなくキャンプは二軍スタート、右肘も痛めて一軍合流が遅れたが、5月25日に昇格すると1番に抜擢されて、翌日の日本ハム戦では同点で迎えた9回裏の一死二塁というチャンスで打席に入ってレフト線に人生初というサヨナラヒットを放ってヒーローとなった。お立ち台では阿部のアドバイスで「最強に最高で〜す!」と絶叫したが、打率が2割そこそこと低迷して後半戦はほとんど二軍で過ごした。

83代
15年は開幕から代打として起用されていたが、4月25日のヤクルト戦で途中出場で2打数2安打を放つと、主力打者が深刻な打撃不振に苦しんでいたこともあって翌日から3試合連続でスタメン出場、中でも29日の中日戦では抹消となった坂本に代わって巨人軍第83代の4番としてアナウンスされて東京ドームにどよめきが起こった。開幕から17打数7安打という好調を買われての抜擢だったが2打数ノーヒットで途中交代となると、そこから6試合連続ノーヒットに倒れて抹消となった。16年もそれなりにチャンスをも貰ったが3年連続で打率2割前後という苦しい立場に追い込まれた。

10000
17年には初めて開幕戦にスタメンで出場すると、打率.230前後ながら37試合連続でスタメン起用と現役時代に自主トレ仲間だった高橋監督から高い期待をかけられた。。7月2日の横浜戦では不慣れなレフトでスタメン出場となったが、古巣横浜との初対戦となった先発の山口が背負った2回表の二死一、二塁のピンチで倉本のレフトフライを後逸して大量失点に繋げてしまった。後半戦は途中出場が主になったが9月26日のヤクルト戦では7番セカンドでスタメン出場して、4回裏に巨人通算10000号ホームランとなる5号ソロを放ってお立ち台に上がり「すごく光栄なことではあるんですけど、複雑というか、僕でよかったのかな」と恐縮した。同年はラスト2週間で大幅に数字を上げた事もあって90試合の出場で打率.249、5本塁打というまずまずの成績を残した。

横浜入団
18年は開幕から外野でたびたびスタメン起用されて4月12日の横浜戦では3安打を放つなど春先はまずまずの活躍を見せたが4月下旬から状態を落として、5月以降は代走や守備固めでの起用が主になった。同年は70試合に出場したが打率.186(86打数16安打)で1本塁打に留まり、多くのチャンスをくれた高橋監督が解任されたこともあって戦力外通告を受けた。合同トライアウトを経て横浜ベイスターズに入団。





初記録
初出場 2009年5月12日横浜戦
初安打 2009年6月8日楽天戦:長谷部から
初本塁打 2009年9月11日広島戦:小松から
初打点 2009年9月10日横浜戦:工藤から
初盗塁 2009年6月8日楽天戦


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
09 巨人 18 30 2 7 2 0 1 12 6 2 0 2 1 0 0 11 0 3 .233
10 巨人 6 6 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3 0 1 .000
11 巨人 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000
12 巨人 16 26 1 7 0 1 0 9 1 1 0 0 0 5 0 7 0 0 .269
13 巨人 48 139 19 45 6 0 4 63 17 2 1 2 0 8 0 12 4 1 .324
14 巨人 23 49 5 10 2 1 0 14 3 1 0 0 0 3 0 13 3 1 .204
15 巨人 29 43 2 9 1 0 0 10 2 0 0 1 0 2 1 9 0 2 .209
16 巨人 43 51 3 10 2 1 0 14 4 0 0 1 1 7 1 13 0 2 .196
17 巨人 90 229 32 57 12 1 5 86 15 2 1 4 1 19 1 44 5 5 .249
18 巨人 70 86 8 16 5 0 1 24 6 0 0 3 0 6 2 25 3 2 .186
球団 .
通算 10年 345 661 73 161 30 4 11 232 54 8 2 13 3 50 6 138 15 17 .244


  日本シリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
13 巨人 2 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 1 0 1 .250
通算 1年 2 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 1 0 1 .250


  クライマックスシリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
12 巨人 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
16 巨人 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000
通算 2年 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000


  二軍打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死 三振 併殺 失策 打率
08 巨人 94 367 44 98 16 2 10 148 50 3 2 1 20 105 7 18 .267
09 巨人 83 324 43 95 21 2 9 147 43 3 0 1 30 74 6 22 .293
10 巨人 77 285 32 70 14 3 5 105 27 3 0 4 18 68 6 17 .246
11 巨人 90 317 45 89 21 5 3 129 40 9 5 4 35 55 7 18 .281
12 巨人 92 359 45 116 17 4 6 159 48 19 1 2 25 43 6 21 .323
13 巨人 41 139 18 47 11 0 3 67 22 3 0 3 11 18 1 5 .338
14 巨人 73 228 33 61 10 0 8 95 31 6 0 1 28 28 12 5 .268
15 巨人 60 224 22 59 6 1 2 73 20 5 1 2 22 37 3 5 .263
16 巨人 46 127 21 36 8 0 1 47 13 0 1 3 35 19 2 7 .283
17 巨人 16 49 3 14 2 0 1 19 6 0 1 0 4 7 3 0 .286
18 巨人 20 62 14 14 3 0 4 29 9 0 1 0 9 13 2 1 .226
通算 11年 692 2481 320 699 129 17 52 1018 309 51 12 21 237 467 55 119 .282







 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年