サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク


大貫 晋一



16
名前 おおぬき しんいち
生年月日 1994年2月3日
経歴 桐陽高−日本体育大−新日鉄住金鹿島−横浜(18年D3位)
入団年 18年ドラフト3位
在籍年 19年−
背番号 19年−[16]
投打 右投げ右打ち
守備 投手
ベイスターズファン
横浜市青葉区出身で小さなころからベイスターズファンとなりハマスタに通った。小学校で軟式野球を始めて、中学時代は横浜青葉シニアに所属。桐陽高時代は2年秋に右ひじを痛めたこともあって球速130キロ前後に留まったが、3年夏はエースとしてチームを引っ張り県大会で18年ぶりのベスト8まで進出した。

ベストナイン
日本体育大では2年春のリーグ戦で東海大を3安打に抑えて1失点完投に抑えるなど6試合に登板して3勝0敗、防御率0.52でリーグ制覇に貢献、ベストナインにも選出されたが右肘靭帯を損傷。トミ―ジョン手術を受けて1年以上のリハビリを経て復帰したが、1年生の松本 航からエースの座を取り戻すことはできなかったが、4年秋には2勝2敗、防御率1.22を記録した。

完封
新日鉄住金鹿島に入社。2年目の都市対抗の北関東予選の日立製作所戦で先発を任された大貫は「このチャンスを掴まないと普通の選手で終わってしまう」と野球人生を懸けた大一番で雄たけびを上げながら強力打線を4安打に抑えて完封した。

横浜入団
3年目にはチームメイトとなった元横浜の伊藤 拓郎から「決め球がないとスカウトの目に留まらない」とのアドバイスを受けて田中 将大の投球動画を見て研究しスプリットを習得。都市対抗本戦では日本新薬戦で11奪三振を奪い完投。プロへの夢を追いかけて栄養管理も行い、ドラフト会議で横浜から3位指名を受けて入団。ドラフト後に行われたスポニチ大会では三菱重工広島戦で1失点完投、日本製薬戦でも10安打と打ち込まれながら1失点完投。





初記録
初登板 2019年4月4日ヤクルト戦
初勝利 2019年4月11日阪神戦
初奪三振 2019年4月4日ヤクルト戦:青木から
初完投
初セーブ


  投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
通算


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算


  二軍投球成績
チーム 登板 完投 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四死 三振 失点 自責 防御率
通算







 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年