ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>  
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 MLB記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト

選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク


大貫 晋一



16
名前 おおぬき しんいち
生年月日 1994年2月3日
経歴 桐陽高−日本体育大−新日鉄住金鹿島−横浜(18年D3位)
入団年 18年ドラフト3位
在籍年 19年−
背番号 19年−[16]
投打 右投げ右打ち
守備 投手
ベイスターズファン
横浜市青葉区出身で小さなころからベイスターズファンとなりハマスタに通った。小学校で軟式野球を始めて、中学時代は横浜青葉シニアに所属したがメンバー外でほとんど登板機会がもらえなかった。登板機会を求めて強豪チームとは言えない桐陽高に進学、2年秋に右ひじを痛めたこともあって球速130キロ前後に留まったが、3年夏はエースとしてチームを引っ張り県大会で18年ぶりのベスト8まで進出した。

ベストナイン
日本体育大ではツーシームを習得して2年春のリーグ戦で東海大を3安打に抑えて1失点完投を記録するなど6試合に登板して3勝0敗、防御率0.52でリーグ制覇に貢献、ベストナインにも選出された。だが右肘靭帯を損傷、半年後にトミ―ジョン手術を受けたが、キャッチボールの再開まで1年間以上という長く苦しい日々を過ごした。4年時に復帰したが1年生の松本 航からエースの座を取り戻すことはできなかったが、4年秋には2勝2敗、防御率1.22を記録した。

野球
日体大では教員免許を所得し、同級生と何度も合同セミナーに通って製薬会社から営業職で内定を受けるなどサラリーマンになると思っていたが、野球への思いを断ち切れず社会人野球を志した。軟式野球のチームにも断られるなど厳しい現実を突き付けられたが新日鉄住金鹿島に評価されて野球の道がつながった。

完封
2年目のJABAベーブルース杯では中日ドラゴンズの2軍チームと対戦して高橋周平に満塁ホームランを叩き込まれた。続く都市対抗野球の北関東予選の日立製作所戦で先発を任された大貫は「このチャンスを掴まないと普通の選手で終わってしまう」と野球人生を懸けた大一番で雄たけびを上げながら強力打線を4安打に抑えて完封した。

横浜入団
3年目にはチームメイトとなった元横浜の伊藤 拓郎から「決め球がないとスカウトの目に留まらない」とのアドバイスを受けて田中 将大の投球動画を見て研究しスプリットを習得。都市対抗本戦では日本新薬戦で11奪三振を奪い完投。プロへの夢を追いかけて栄養管理も行い、ドラフト会議で横浜から3位指名を受けて入団。ドラフト後に行われたスポニチ大会では三菱重工広島戦で11三振を奪って1失点完投、日本製薬戦でも10安打と打ち込まれながら1失点完投を記録した。

お立ち台
ルーキーイヤーは開幕ローテを勝ち取ると初登板となった4月4日のヤクルト戦は2.1回4失点と打ち込まれたが、続く11日の阪神戦では初回の二死満塁を切り抜けるなど毎回のように背負ったピンチを5回100球を投じながら大山のソロのみで切り抜けてお立ち台に上がった。続く24日の阪神戦は6回2失点ながら援護が得られず敗戦投手となったが、5月1日のヤクルト戦では村上にソロこそ浴びたが6回までは無失点に抑えて憧れのハマスタでお立ち台に上がった。

初回無死から
5月8日の巨人戦では大エースの菅野に投げ勝って6回1失点に抑えたがリリーフ陣が逆転を許して白星を逃し、続く16日の中日戦でも7回2失点で負け投手になってしまうと、23日の巨人戦ではイニング6失点KO、続く2戦は試合を作ったが、6月22日の楽天戦では初回無死からまさかの7連続出塁を許して球団18年ぶりとなる一死も取れずに降板、打線がその裏に7点を上げて黒星こそ付かなかったが登録抹消となった。

CS決定試合で好投
7月4日の阪神戦で復帰して5回2失点に抑えると、中16日を置いて登板した中日戦でも5回2失点と試合を作ったが中10日での登板となったヤクルト戦では3回途中3失点KOと課題のスタミナに配慮されながらも好結果を続けられなかった。久々の登板となった9月5日の阪神戦でもイニング4失点を喫するなど苦しんだが、CS進出決定試合となった9月24日中日戦では5回を1安打で1失点に抑えて勝利投手になった。

土俵際で
オフに志願してオーストラリアのウインターリーグに参加、ホームステイも体験して経験を積んだ。コロナウイルスの影響で開幕が延期になるなど難しいシーズンとなった20年は開幕から間もない7月2日の巨人戦で先発したが、4回2失点ながら6安打2四球を許して降板、続く10日に有観客試合の初戦となる阪神戦の先発を任されたが初回に近本と大山にホームランを被弾するなど3失点で初回KOとなった。いきなり土壇場に追い込まれたが、木塚コーチの助言でフォームを微調整すると、中3日での先発となった14日の中日戦ではストレートの球威が上昇、変化球も低めに集まって8回を3安打無四球で2失点(自責1)に抑えてお立ち台に上がった。

初完投
続く23日のヤクルト戦では7回表二死までノーヒットピッチング、西浦にライト前ヒットを許して大記録は逃したが7回を1安打2四球に抑えて2試合連続でお立ち台に上がった。続く巨人戦では6回1失点に抑えて、打席でも12球粘る執念を見せて勝利に貢献。さらに中日戦で7回無失点、ヤクルト戦で5.2回1失点と好投を続けて5連勝を達成した。21日の中日戦は6回1失点ながら勝ち負け付かずで6戦6勝を逃すと、一時期体調を落としたが、9月5日の広島戦では8安打を打たれながらも無四球1失点で自身初の完投勝利を達成、前日まで2試合連続で悲劇的な試合を行い消耗していたリリーフ陣を救った。

10勝
前年に失速した後半戦に入っても、チームメイトたちが次々と離脱していく中で踏ん張り、9月27日の広島戦、10月4日中日戦、13日のヤクルト戦と3試合連続1失点に抑えて3連勝を記録、ヤクルト戦では同点犠飛とヒットも放った。27日の巨人戦でも6回2失点に加えて先制につながるヒットと激走で三塁を奪う好走塁を見せて勝利に貢献、短縮シーズンで価値ある10勝目を上げた。規定投球回にこそ届かなかったが防御率2.53を記録、新たに習得したカットボールで苦手にしていた左打者を打率.233に抑え込んだ。また細身の体型からついた豆苗というあだ名も定着した。


初記録
初登板 2019年4月4日ヤクルト戦
初勝利 2019年4月11日阪神戦
初奪三振 2019年4月4日ヤクルト戦:青木から
初完投 2020年9月5日広島戦
初セーブ


  投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
19 横浜 15 0 0 6 5 0 66.2 81 7 25 2 54 1 0 38 37 5.00
20 横浜 19 1 0 10 6 0 113.2 96 13 29 3 81 0 1 34 32 2.53
通算 2年 34 1 0 16 11 0 180.1 177 20 54 5 135 1 1 72 69 3.44


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
19 横浜 15 16 1 3 0 0 0 3 0 0 0 3 0 0 0 6 0 0 .188
20 横浜 19 37 3 4 1 0 0 5 1 0 0 5 1 1 0 19 1 0 .108
通算 2年 34 53 4 7 1 0 0 8 1 0 0 8 1 1 0 25 1 0 .132


  二軍投球成績
チーム 登板 完投 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四死 三振 失点 自責 防御率
19 横浜 9 0 3 1 0 28.0 23 2 11 21 13 10 3.21
20 横浜 2 0 1 0 0 11.0 13 0 1 9 3 1 0.82
通算 2年 11 0 4 1 0 39.0 36 2 12 30 16 11 2.54