サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク

クライン



49
名前 Phil Klein
生年月日 1989年4月30日
経歴 リンカーン高-ヤングスタウン州立大-レンジャース-フィリーズ-横浜
入団年 17年にフィリーズから入団
在籍年 17年
背番号 17年[49]
投打 右投げ右打ち
守備 投手
奪三振と四球
11年のドラフト会議でレンジャースから3巡目指名(全体の924 番目)を受けて契約。同年にはルーキーリーグで3試合、A-で9試合に登板して、計20.1イニングでイニング数を大幅に上回る31奪三振を奪う一方で16四球と制球に課題を残した。翌12年にはAで33試合に登板して防御率1.90、A+でも7試合の登板で防御率0.87という好成績を残した。

MLB昇格
13年にはAAにステップアップして29試合の登板で防御率2.52を記録、53.2回で44四球と制球力には依然として課題が残っていたが、翌14年には四球数が激減してAAで24試合の登板で防御率0.81、AAAでは9試合の登板で防御率0.00、18.1イニングで被安打率.119、28奪三振という圧倒的な成績を残して8月1日にMLB初昇格を果たした。

本塁打
8月1日のインディアンズ戦で1対11と大量リードを許した6回裏にMLBデビューのマウンドへ上がったが、いきなり先頭のロニー・チゼンホールにホームランを打たれてMLBの洗礼を浴びた。ダルビッシュ有が好投を見せた8月3日のインディアンズ戦では9回裏に抑えが打たれて同点に追いつかれてしまうと、3対3で迎えた12回裏という厳しい場面でクラインがMLB2試合目のマウンドへ上がったが、ここでも先頭のマイケル・ブラントリーにソロを運ばれてサヨナラ負けとなってしまった。

初勝利
心を折られてもおかしくないような厳しい幕開けとなったが、続く試合からは6試合にまたがって7.0イニング連続無失点を記録、8月22日のロイヤルズ戦では青木のファーストゴロの間に1点を奪われたが、続く試合でも無失点に抑えるなど好投を続けた。9月12日のブレーブス戦では1対1の同点で迎えた8回表一死一塁でマウンドに上がってアップトン、ジョンソンから連続三振を奪うと、その裏にチームが勝ち越してクラインにMLB初勝利が記録された。同年には17試合の登板で防御率2.84、19イニングで被安打11、10四球、23奪三振という好成績を残した。

先発転向
15年は先発に転向してAAAで18試合(先発10)に登板して防御率2.97を記録、MLBでも5月20日のレッドソックス戦で先発して5.1回をボガーツのソロの1点に抑えて先発でのMLB初勝利を記録した。だが続く5月25日のインディアンズ戦では7点の大量援護を貰いながら、2.0回で7失点と打ち込まれてマイナー降格となった。7月にMLB再昇格を果たすと初回に5点を先制しながら2回表に11点を奪われた7月28日のヤンキース戦で3回表の無死一塁で登板して3.0回を1失点に抑える好リリーフを見せたが、6回表にクラインをリリーフしたパットンが3失点と打ち込まれるなどチームは5対21で大敗となった。

横浜入団
16年は開幕から5試合連続無失点を記録して6.1回を2安打、無四球で9奪三振という素晴らしいピッチングを見せたが、4月30日のエンゼルス戦でプホルスのソロなどで2失点、続く5日3日のブルージェイス戦では1対1で迎えた10回裏に登板してスモークにサヨナラツーランを被弾、さらに続く試合でも失点してマイナー降格となった。6月19日にフィリーズへ移籍するとAAAでは10試合の先発を含む14試合に登板して5勝1敗、防御率1.52を記録。65.1イニングで被安打44、13四球で76奪三振という素晴らしい内容だったが、MLBでは4試合の登板で防御率8.44と苦しんだ。同年オフに横浜DeNAベイスターズに移籍。





初記録
初登板 2017年4月1日ヤクルト戦
初勝利 2017年4月1日ヤクルト戦
初奪三振 2017年4月1日ヤクルト戦:大引から
初完投
初セーブ


  投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
通算


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算


  二軍投球成績
チーム 登板 完投 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四死 三振 失点 自責 防御率
通算


  MLB成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
14 レンジャーズ 17 0 0 1 2 0 19.0 11 3 10 2 23 1 1 6 6 2.84
15 レンジャーズ 11 0 0 1 0 0 17.1 23 4 10 0 12 1 0 15 13 6.75
16 レンジャーズ 8 0 0 0 1 0 8.2 8 2 2 0 12 1 0 5 5 5.19
16 フィリーズ 4 0 0 0 0 0 10.2 15 0 7 1 7 0 0 10 10 8.44
通算 3年 40 0 0 2 3 0 55.2 57 9 29 3 54 3 1 36 34 5.46


  AAA成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 失点 自責 防御率
14 AAA 9 0 0 0 0 0 18.1 7 0 6 2 28 0 0 0.00
15 AAA 18 0 0 2 1 0 63.2 49 2 27 3 58 25 21 2.97
16 AAA 8 0 0 0 0 0 12.2 14 2 5 0 12 7 6 4.26
16 AAA 14 0 0 5 1 0 65.1 44 4 13 5 76 13 11 1.52
通算 3年 49 0 0 7 2 0 160.0 114 8 51 10 174 45 38 2.14


  AA成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 失点 自責 防御率
13 AA 29 0 0 5 1 0 53.2 45 3 44 2 74 23 15 2.52
14 AA 24 0 0 3 0 10 33.1 15 0 14 1 42 3 3 0.81
通算 2年 53 0 0 8 1 10 87.0 60 3 58 3 116 26 18 1.86


  A成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 失点 自責 防御率
11 A- 9 0 0 1 2 0 17.2 18 1 15 1 24 13 9 4.58
12 A 33 0 0 6 0 8 52.0 37 2 21 4 53 12 11 1.90
12 A+ 7 0 0 0 0 0 10.1 2 1 2 0 14 1 1 0.87
13 A+ 7 0 0 1 0 0 13.2 6 0 3 2 12 4 3 1.98
通算 3年 56 0 0 8 2 8 93.2 63 4 41 7 103 30 24 2.31


 ルーキーリーグ成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 失点 自責 防御率
11 Rk 3 0 0 0 0 0 2.2 2 0 1 0 7 0 0 0.00
通算 1年 3 0 0 0 0 0 2.2 2 0 1 0 7 0 0 0.00







 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年