サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク


白崎 浩之



名前 しらさき ひろゆき
生年月日 1990年8月20日
経歴 埼玉栄高−駒澤大−横浜(12年D1位)
入団年 12年ドラフト1位
在籍年 13年−
背番号 13年−15年[29]:16年−[6]
投打 右投げ右打ち
守備 内野手
駒沢大進学
北海道の岩見沢市生まれ。小学校1年時に野球を始め、中学時代は岩見沢シニアで投手兼ショートとしてプレー。中学生の時に日本ハムが北海道に移転してきてプロの存在をより身近に感じるようになり、内地(本州)に進学したほうがスカウトの注目を集めやすいと考えて埼玉栄高に進学。1年時からスタメンとして活躍したが甲子園出場を逃した事もあってプロ入り志望届が出さずに駒澤大学に進学した。

横浜入団
駒沢大では1年の春からベンチ入り。2年春には開幕戦の専修大戦でスリーランを放って初ヒットを本塁打で記録した。2年秋からはクリーンナップを任されたが打率2割そこそこと期待に応えられない日々が続き、3年秋も打率.205で0本塁打と苦しんだが、負ければ2部との入れ替え戦となる中央大との最下位決定戦で0対0で迎えた9回裏に鍵谷からレフトスタンドに劇的なサヨナラアーチを放って1部残留を決めた。白崎は涙を流し「自分が行くしかないと思った。ずっと迷惑をかけてきたから、なんとか決めてやろうと思いました」と答えた。4年春にはショートに復帰して2度の4安打を記録するなど打率.395(43打数17安打)で首位打者に輝いた。同年秋のドラフト会議で駒沢大のOBである中畑監督が率いる横浜から1位指名を受けて入団した。

初打席初安打
石井 琢朗の退団以降ショートがウィークポイントになっていた事もあって期待されていたがルーキーイヤーはキャンプ序盤に右足の肉離れで離脱。5月1日のヤクルト戦で1軍に昇格すると同日の試合で守備固めから試合に入り9回裏の打席でサードに内野安打を放って初打席初ヒットを記録した。その後は降格と昇格を繰り返したが8月18日の広島戦でスタメン起用されて同点タイムリーを含む2安打を放った。だが梶谷がショートとして大ブレイクした事もあり、チャンスを掴む事はできなかった。

守乱
14年はソフトバンクの内川と合同自主トレを行い、オープン戦では2試合連続本塁打を放って梶谷の外野転向で空いたショートスタメンをアピールする。だが開幕戦をインフルエンザで欠場してしまうと、4月23日の巨人戦ではスタメン出場も初回の守備で坂本のショートゴロで悪送球を投じると、5回裏に坂本のショートゴロをファンブル、7回裏には村田のショートゴロをファンブル、8回裏にもエラーはつかなかったが拙守を見せてしまうと、9回表にはホームランで同点の場面で痛烈な打球を放ったが無常にもセカンドの片岡に捌かれてしまうと、ヘッドスライディングも及ばず併殺となって最後の打者になってしまった。

サヨナラ
5月3日の広島戦で初の猛打賞を記録したが5月中旬からは16打数連続ノーヒットで一気に数字を落としてしまう。だが5月29日のソフトバンク戦で5対5の同点で迎えた延長11回裏に二死一、二塁という絶好機で打席に入って岡島からセンターオーバーのサヨナラタイムリーを放った。中畑監督から手荒い祝福を受けた白崎は「最高にうれしいです。自分が決めるという強い気持ちで臨んだ」。同年には8月28日の中日戦で延長12回表にこの試合4安打目となる決勝の勝ち越しタイムリー、シーズン最終戦では小川から初本塁打と印象に残る活躍も見せたが打率は.234に留まり、9月19日の広島戦ではミスが5つ重なるなど攻守に課題が残る一年になった、

6本塁打で打点9
15年は左ふくらはぎの肉離れで3年連続キャンプ離脱となったが、4月17日に一軍へ昇格すると同日のヤクルト戦で7回表に小川の完全試合を阻止するライト前、19日のヤクルト戦では4安打の固め打ち、5月24日には山崎康の危険球退場でピンチとなった阪神戦の9回表に抜けていれば逆転もありえたサード頭上のライナーをジャンピングキャッチで好捕するなど光るものも見せたが、6月13日の日本ハム戦では先制につながる送球エラーと決勝点となる送球エラーを投じて登録抹消となった。後半戦から再昇格を果たすと8月20日のヤクルト戦で先制ソロと好守で誕生日にお立ち台に上がったが、6本塁打を放ちながら打点9という勝負弱さが響いてレギュラーを奪取する事は出来なかった。

代打守備固めで活躍も
脱臼癖のあった左肩を手術して臨んだ16年はオープン戦で打率.347、2本塁打、7打点という好成績を残して1番サードの座を掴んだが、開幕から打率1割台に低迷、4月7日の中日戦では引き分けに持ち込む1号ソロを放ったが、17日のヤクルト戦では2点リードの9回裏にバレンティンのサードゴロを後逸して逆転サヨナラ負けのきっかけを作って翌日に登録抹消となった。5月4日に昇格を果たすとリーグ3位の代打打率.381を記録するなど代打、守備固めとして活躍したがスタメンでは結果を残せずチャンスを掴めなかった。また同年には6本塁打を放ったがプロ入り以来すべてソロ本塁打という珍記録は継続となった。





初記録
初出場 2013年5月1日ヤクルト戦
初安打 2013年5月1日ヤクルト戦:山本哲から
初本塁打 2014年10月7日ヤクルト戦:小川から
初打点 2013年8月18日広島戦:中崎から
初盗塁 2014年4月19日広島戦


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
13 横浜 47 52 16 11 1 0 0 12 1 0 1 4 0 4 0 11 2 0 .212
14 横浜 101 209 24 49 8 1 1 62 11 4 2 15 0 16 0 50 4 11 .234
15 横浜 81 204 25 46 9 1 6 75 9 2 4 22 0 11 1 45 1 6 .225
16 横浜 92 203 20 42 11 0 6 71 12 0 1 2 0 6 3 32 8 5 .207
通算 4年 321 668 85 148 29 2 13 220 33 6 8 43 0 37 4 138 15 22 .222


  プレーオフ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
16 横浜 4 7 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 2 0 1 .286
通算 1年 4 7 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 2 0 1 .286


  二軍打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死 三振 併殺 失策 打率
13 横浜 61 239 43 64 10 3 1 83 22 6 8 1 25 51 7 8 .268
14 横浜 4 17 2 6 0 0 0 6 1 0 0 0 1 2 1 0 .353
15 横浜 26 93 20 34 6 0 2 46 18 1 4 1 10 16 1 2 .366
16 横浜 15 55 16 23 6 1 2 37 10 2 0 0 9 4 3 4 .418
通算 4年 106 404 81 127 22 4 5 172 51 9 12 2 45 73 12 14 .314







 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年