サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク


山下 峻



48
名前 やました しゅん
生年月日 1991年8月19日
経歴 広島国際学院高−松本大−横浜(13年D6位)
入団年 13年ドラフト6位
在籍年 14年−16年
背番号 14年−16年[48]
投打 左投げ左打ち
守備 投手
横浜入団
小学校4年からソフトボールを始めて、中学から硬式野球に転向。だが中学1年の夏に小児ガン(白血病)と診断されて2年間の苦しい闘病生活を送ることになった。特に最初の半年間は薬の副作用で激しい吐き気に襲われ、髪の毛も抜け落ち、食事も満足に取れない入院生活が続いた。退院後は1年半の通院生活を送りながら復帰を志したが、半年間の寝たきり生活で体が弱り切っており、ランニングで足が疲労骨折するなどトレーニングもままならない状態が続いた。

::
広島国際学院高では1年時に球速90キロととてもプロを目指せるレベルではなかったが、3年時には2番手投手にまで成長した。松本大の二宮至監督の目に留まって松山大へ進学。恩師となった二宮至監督は横浜DeNAのコーチに就任し大学を離れたが「とにかく走れ」という教えを守って急勾配の山道を走り込んだ。1部昇格を果たした3年時には3勝を記録し、4年秋には防御率0.20を記録。同年のドラフト会議で横浜から6位指名を受けて入団した。新人合同自主トレで恒例となっている1.5キロの山登り走では圧勝し、視察に訪れていた二宮コーチに走り込んできた成果を見せた。

引退
ルーキーイヤーに肩を痛めてイースタン・リーグでの7試合登板に終わると、2年目には肘、3年目にもわき腹と故障を重ねて3年間のプロ野球生活で20試合の二軍登板のみに留まった。中学時代に病気で半年間の入院を経験していた事もあって引退後は保険代理店の営業に転身した。





  二軍投球成績
チーム 登板 完投 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四死 三振 失点 自責 防御率
14 横浜 7 0 1 2 1 25.0 28 1 10 12 10 10 3.60
15 横浜 6 0 0 1 0 6.0 8 0 6 6 6 6 9.00
16 横浜 7 0 0 2 0 13.0 17 1 19 7 18 18 12.46
通算 3年 20 0 1 5 1 44.0 53 2 35 25 34 34 6.95







 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年