サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク

水尾 嘉孝



34
名前 みずお よしたか
生年月日 1968年5月2日
経歴 明徳義塾高−福井工業大−大洋(90年D1位)−横浜−オリックス−西武
入団年 90年にドラフト1位で入団
在籍年 91年−94年
背番号 91年−94年[34]
投打 左投げ左打ち
守備 投手
3年夏
明徳義塾では3年の夏に県大会の決勝まで駒を進めたが、9回裏二死から逆転スリーランを打たれてサヨナラ負け。同年の秋に左ひじを手術。福井工業大で1年半のリハビリを経て2年の秋から野球を再開。4年の大学選手権で福岡大戦で延長11回で16奪三振を記録。大学通算11勝1敗、防御率1.48。同年のドラフトで大洋から1位指名を受け、前年の野茂以来2人目となる契約金1億円で入団。

首脳陣から
入団直前に腰を痛めていたがコーチから「鍛えれば治る」とトレーニングを強制されて故障が悪化、高い期待を受けていたがルーキーイヤーは一軍登板はなしで、二軍でも19試合の登板で防御率5.69という成績に終わった。2年目も8試合登板に留まると、3年目には1試合の登板のみでしかも一死も取れずに降板し4失点となり、防御率が無限大になってしまった。監督のサイドスロー転向指令を拒否したこともあって練習すらさせて貰えずブルペンにも立てないような厳しい状況に追い込まれた水尾は他の選手が引き上げた後でバッテリーコーチに頼み込んでピッチングを受けてもらって何とか練習を続けた。

移籍で花開く
4年目の94年にはイースタン・リーグで10勝を記録して最多勝に輝くと、同年オフにトレードでオリックスへ移籍。水尾は球界一の自由人であった仰木監督が率いるオリックスの雰囲気に「これでいいのか」と驚き、自分で考えてやる練習を行うようになった。移籍3年目の97年にリーグトップの68試合に登板して防御率2.26という素晴らしい成績を残すと、翌98年も55試合の登板で防御率1.89を記録した。

メジャー挑戦
00年に9試合登板に終わって戦力外通告を受けたが東尾監督に拾われて西武に入団。01年に48試合登板、02年にも35試合登板と戦力として活躍したが、首の痛みなどもあって03年オフに2度目の戦力外通告を受けた。35歳になっていた水尾は最後のチャンスを求めてアメリカに渡り、トライアウトを経て見事にエンゼルスとメジャー契約を結んだがAAAの本拠地が標高1288mという高地にあったため高山病にかかり、ホーム球場では好成績を残せずメジャー昇格は果たせなかった。

シェフに
引退後はプロ野球から離れることを決めていた水尾は引退直後から大阪の老舗洋食屋で修行しながら夜間の料理学校に通ってイタリアンのシェフを目指す生活が始め、5年後の2010年に自由が丘にイタリア語で「選手の料理店」を意味する「トラットリア・ジョカトーレ」をオープンした。また母校である福井工業大の野球部のコーチも務めた。





初記録
初登板
初勝利
初奪三振
初セーブ
初完投


  投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
92 大洋 8 1 0 0 3 0 25.0 27 4 14 1 18 1 0 15 14 5.04
93 横浜 1 0 0 0 1 0 0.0 3 2 1 0 0 0 0 4 4 ---
94 横浜 11 0 0 0 1 0 14.1 24 4 7 0 12 2 0 13 10 6.28
95 オリックス 1 0 0 1 0 0 6.0 5 1 0 0 8 0 0 1 1 1.50
96 オリックス 1 0 0 0 0 0 0.0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00
97 オリックス 68 0 0 1 2 2 51.2 46 2 21 0 33 2 0 14 13 2.26
98 オリックス 55 0 0 3 0 0 33.1 30 2 11 1 31 1 0 8 7 1.89
99 オリックス 30 0 0 0 0 0 12.0 14 2 9 1 9 1 1 4 4 3.00
00 オリックス 9 0 0 0 1 0 17.1 20 1 8 0 13 0 0 12 10 5.19
01 西武 48 0 0 2 1 0 49.2 51 5 20 4 25 1 1 23 22 3.99
02 西武 35 0 0 0 0 0 40.0 47 2 8 2 26 2 0 10 8 1.80
03 西武 2 0 0 0 0 0 3.0 4 2 1 0 1 0 0 3 3 9.00
球団 3年 20 1 0 0 5 0 39.1 54 10 22 1 30 3 0 31 28 6.41
通算 12年 269 1 0 7 9 2 252.1 272 27 100 9 176 10 2 107 96 3.42


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
92 大洋 10 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 7 0 0 .000
93 横浜 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
94 横浜 13 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 .000
95 オリックス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
96 オリックス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
97 オリックス 68 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
98 オリックス 55 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
99 オリックス 30 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
00 オリックス 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
01 西武 48 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
02 西武 35 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
03 西武 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
球団 3年 24 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 8 0 1 .000
通算 12年 273 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 8 0 1 .000


  二軍投球成績
チーム 登板 完投 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四死 三振 失点 自責 防御率
91 大洋 19 2 6 4 0 74.1 79 9 41 70 49 47 5.69
92 大洋 17 1 2 5 0 76.1 79 10 21 66 43 37 4.36
93 横浜 24 1 3 2 2 78.1 66 8 25 55 33 25 2.87
94 横浜 28 5 10 6 2 122.2 98 8 20 100 37 30 2.20
通算 4年 88 9 21 17 4 351.2 322 35 107 291 162 139 3.56
球団在籍時のみ






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年