サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク

関口 伊織



12
名前 せきぐち いおり
生年月日 1971年10月26日
経歴 大宮工−東洋大−日本通運−横浜(95年D2位)−近鉄
入団年 95年にドラフト2位で入団
在籍年 96年−01年
背番号 96年−01年[12]
投打 左投げ左打ち
守備 投手
交通事故でリタイア
東洋大学では9勝を上げプロ入りが有力だったが、4年春のリーグ戦の直前に交通事故に遭い、日本通運に進むことに。日本通運でもエース格として活躍し、94年には社会人野球日本選手権で優勝。

横浜入団
斉藤 明雄のファンだったと言う関口は、95年のドラフトで横浜を逆指名し入団。一年目には前半戦は中継ぎとして活躍し、後半戦からローテーション入り。8月2日の阪神戦で7回を投げて2安打に抑えたが6四球で初勝利ならず。8月10日の阪神戦では5安打12奪三振で初完投を記録したが、惜しくも0対2で破れまたも初勝利はならなかった。

初勝利
8月30日の広島戦では打線が初回に10得点と爆発したこともあって、3失点完投で初勝利を記録。9月4日巨人戦、9月13日阪神戦と3連勝を飾るなど一月半で5勝を記録した。翌97年にも5勝を上げたが、四球が多く、死球が少ないという所からも分かるとおり非常に気弱な性格をしていて、マウンドに上がると木陰で震える小動物のような顔をしていた。

日米野球
96年のオフに行なわれた日米野球には野茂、リプケン、ボンズ、A・ロドリゲス、I・ロドリゲス、カンセコ、ガララーガ、ゴンザレス、ピアザ、シェフィールド、P・マルチネス、ヘントゲン、パーシバルといったスーパースター達が来日し、対する日本もイチローとダブル松井が日米野球初出場を果たすなど、史上最高のオールスターが一同に揃ったが、なぜかこの日米野球第7戦で関口が登板し、1.2回を投げて6安打1四球で4失点とめった打ちにあった。

涙の勝利
98年は優勝争いを繰り広げるチームにあって一人不調だった。8月6日阪神戦では9対9の同点で迎えた延長11回にピッチャー関口が告げられるとスタンドから悲鳴まで上がった。だが関口は4イニングを無失点に抑えて試合を作ると、延長14回裏にローズのスリーランでサヨナラ勝ち。関口は同年の初勝利を上げた。「権藤さんの顔を見たら、急にいろいろなことが思い出されて・・」という関口はお立ち台で涙にくれた。

初完封
三浦が戦列を離れた8月下旬からは先発に回り、9月6日の2位中日との天王山では無失点の好投を見せて同年の2勝目。9月13日阪神戦ではチームの連敗を3で止めるプロ入り初完封とチームが苦しい時期に貴重な活躍を見せた。

近鉄でも優勝
01年に近鉄に移籍すると、貴重な左腕として53試合に登板して優勝に貢献した。





初記録
初登板
初勝利 96年8月30日広島戦
初奪三振
初セーブ
初完投 96年8月10日阪神戦


  投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
96 横浜 43 4 0 5 6 1 112.1 90 14 68 1 108 3 0 46 46 3.67
97 横浜 60 0 0 5 4 5 108.2 105 12 55 2 92 3 0 49 43 3.56
98 横浜 42 1 1 4 5 1 74.2 72 9 32 0 51 0 0 38 34 4.10
00 横浜 3 0 0 0 0 0 3.1 5 0 4 0 1 1 0 2 1 2.70
01 近鉄 53 0 0 0 1 0 35.1 37 3 25 0 29 4 0 19 17 4.33
02 近鉄 12 0 0 0 0 0 11.1 10 4 6 0 13 1 0 8 6 4.76
03 近鉄 1 0 0 0 0 0 1.0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0.00
04 近鉄 7 0 0 0 0 0 5.1 8 0 6 1 6 3 0 7 7 11.81
球団 4年 148 5 1 14 15 7 299.0 272 35 159 3 252 7 0 135 124 3.73
通算 8年 221 5 1 14 16 7 352.1 327 42 197 4 300 15 0 169 154 3.93


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
96 横浜 43 29 0 5 1 0 0 6 1 0 0 4 0 0 0 14 0 1 .172
97 横浜 64 25 0 4 0 0 0 4 0 0 0 2 0 1 0 13 0 1 .160
98 横浜 46 18 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 11 0 0 .056
00 横浜 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
01 近鉄 53 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 .000
02 近鉄 12 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
03 近鉄 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
04 近鉄 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
球団 4年 156 72 1 10 1 0 0 11 1 0 0 6 0 2 0 38 0 2 .139
通算 8年 229 72 1 10 1 0 0 11 1 0 0 6 0 2 0 38 0 2 .139


  日本シリーズ投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
98 横浜 1 0 0 0 0 0 1.0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00
01 近鉄 3 0 0 0 0 0 2.2 5 0 3 1 6 0 0 4 4 13.50
球団 1年 1 0 0 0 0 0 1.0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00
通算 2年 4 0 0 0 0 0 3.2 5 0 3 1 6 0 0 4 4 9.82


  日本シリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
98 横浜 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
01 近鉄 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
球団 1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 2年 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000


  二軍投球成績
チーム 登板 完投 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四死 三振 失点 自責 防御率
99 横浜 25 1 5 9 0 112.0 101 9 79 46 63 55 4.42
00 湘南 19 0 4 9 0 99.0 115 16 47 58 66 56 5.09
通算 2年 44 1 9 18 0 211.0 216 25 126 104 129 111 4.73
球団在籍時のみ






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年