サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク

横山 道哉



99
名前 よこやま ゆきや
生年月日 1977年6月1日
経歴 横浜高−横浜(95年D3位)−日本ハム−横浜
入団年 95年にドラフト3位で入団
在籍年 96年−03年:07年−09年
背番号 96年−03年[43]:07年−09年[99]
投打 右投げ右打ち
守備 投手
甲子園
2年の夏には紀田、多村、斉藤ら強力な3年に連れられて甲子園出場を果たしたが、3年の夏には県大会準決勝では日大藤沢と対戦。4回までに7対0と大きくリードしていたが、4回まで1安打に抑えてきた先発の横山が5回に突然乱れ、死球から連続四球という最悪の形でピンチを作ると、続けざまにタイムリーヒットを重ねられてKOされた。その後にリリーフも打ち込まれて、7対0からの大逆転負けで甲子園出場の夢は断たれてしまった。

初登板
97年7月6日の広島戦。1対6で迎えた8回表に初登板のマウンドに上がり、いきなり一死二塁のピンチを招いたが前田、江藤を連続三振に切って取ってピンチを脱出すると、その裏に横浜打線がローズのタイムリーなどで4点を挙げ1点差に追い上げる。横山は9回表も無失点に抑えると、その裏に宮里、石井の連打でチャンスを作り波留のタイムリーで逆転サヨナラ勝ち。横山には初登板初勝利が記録された。

開幕3連勝
98年には開幕3戦目の4月5日の阪神戦で延長12回表に登板し、打者三人から2三振を奪う完璧なピッチングを見せると、その裏に阪神のキャッチャー定詰のパスボールでサヨナラ勝ちし、チームは開幕3連勝を飾った。その後も5月27日広島戦で延長11回裏を三人で片付けると12回表に鈴木が勝ち越しタイムリーを放つなど、苦しい終盤をたびたび抑え、チームの勝利に貢献した。

日付変更線
98年8月9日福山球場で行なわれた広島戦。序盤の荒れた展開から一転、試合は6対6で延長戦に突入し、お互いにゼロ更新が続く。そんな中で12回裏からマウンドに上がった横山が13回裏の無死二塁、14回裏の一死一、二塁という度重なるピンチを何とか切り抜けると、15回表にローズのヒットから駒田、進藤、石井と打線が繋がり、最後は再び回ってきたローズがツーベースを放ち一挙8得点。「もう、どうしようと思いながら投げていた」という横山に勝ち星が記録された。なお試合時間は6時間13分。

トレード
98年は53試合に登板し、4勝4敗で防御率3.09という素晴らしい成績を残して優勝に貢献した。絶対的抑えの大魔神佐々木に投球スタイルが似ていたこともあって小魔人と呼ばれた。翌99年には43試合に登板したものの防御率4.93に終わってしまう。すると00年からは登板機会が激減し、03年のオフに日本ハムにトレードされることになった。

北の守護神
04年、開幕から中継ぎで結果を出した横山は4月下旬から抑えを任された。ストレートの威力を取り戻した横山は同年から北海道に移転した日本ハムで「北の守護神」と呼ばれシーズンを通して活躍し、4勝5敗28セーブで防御率3.39という成績で最優秀救援投手に輝いた。また横山とタテ・ヨコリレーを形成した中継ぎの建山も13ホールドで最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。

プレーオフ
9月18日から行なわれたストライキの明けのダイエー戦で新庄のサヨナラ満塁走者追い抜きホームランなどで奇跡の大逆転勝利を成し遂げるなど激しい争いを制して同年から始まったプレーオフに進出。横山は西武との第一ステージの第2戦で1点差と迫られて、なおも二死一塁という場面でマウンドに上がって、フィルナンデスをセンターフライに打ち取って勝敗を1勝1敗のタイに持ち込んだ。だが最終の第3戦では2点をリードされた9回表に木元の起死回生の同点ツーランで追いついた直後の9回裏に和田にレフトスタンドに運ばれてサヨナラ負けとなってしまった。

横浜復帰
05年は48試合に登板したが、1勝4敗12セーブで防御率4.47と今一つの結果に終わり、シーズンの中盤には守護神の座も明け渡すことになった。翌06年は日本一に輝くことになる日本ハムの投手陣に食い込むことが出来ず同年のオフには戦力外通告を受けた。横山は古巣横浜のテストを受け合格し3年ぶりの横浜復帰が決まった。

3年ぶりの白星
07年に36試合に登板し防御率3.32と結果を残して復活を果たすと、翌08年にはチームトップの51試合に登板し、防御率3.22、5月17日の中日戦で3年ぶりの白星を手にするなど3勝5敗を記録した。だが09年には肘の故障もあって満足なピッチングが見せられず、同年限りでの引退を表明した。





初記録
初登板 97年7月6日広島戦
初勝利 97年7月6日広島戦
初奪三振 97年7月6日広島戦:前田から
初セーブ
初完投


97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09
最多セーブ 1回


  投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
97 横浜 18 0 0 2 0 1 27.0 20 1 6 0 27 1 0 5 5 1.67
98 横浜 53 0 0 4 4 0 70.0 62 5 22 0 59 3 1 28 24 3.09
99 横浜 43 0 0 4 3 2 69.1 77 12 19 1 57 2 0 38 38 4.93
00 横浜 29 0 0 2 1 1 32.0 40 1 15 0 24 2 0 17 17 4.78
01 横浜 4 0 0 0 0 0 6.1 5 2 4 2 2 1 0 3 3 4.26
02 横浜 13 0 0 1 2 1 12.1 10 2 8 3 13 1 0 10 6 4.38
03 横浜 3 0 0 0 2 0 9.0 18 4 3 1 5 0 0 10 10 10.00
04 日本ハム 58 0 0 4 5 28 61.0 48 5 20 0 54 2 0 27 23 3.39
05 日本ハム 48 0 0 1 4 12 50.1 49 5 21 4 46 5 0 27 25 4.47
07 横浜 36 0 0 0 0 0 38.0 40 2 15 1 27 2 0 14 14 3.32
08 横浜 51 0 0 3 5 0 58.2 55 8 22 4 61 2 1 25 21 3.22
09 横浜 14 0 0 0 0 0 15.0 19 2 4 0 12 0 0 9 8 4.80
球団 10年 264 0 0 16 17 5 337.2 346 39 118 12 287 14 2 159 146 3.89
通算 12年 370 0 0 21 26 45 449.0 443 49 159 16 387 21 2 213 194 3.89


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
97 横浜 18 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .000
98 横浜 53 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 .000
99 横浜 44 4 1 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 .500
00 横浜 29 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000
01 横浜 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
02 横浜 13 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
03 横浜 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000
04 日本ハム 58 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000
05 日本ハム 48 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000
07 横浜 36 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 .000
08 横浜 51 3 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 .333
09 横浜 14 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
球団 10年 265 15 1 3 2 0 0 5 0 0 0 1 0 2 0 7 0 2 .200
通算 12年 371 15 1 3 2 0 0 5 0 0 0 1 0 2 0 7 0 4 .200


  日本シリーズ投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
98 横浜 2 0 0 0 0 0 2.0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0.00
通算 1年 2 0 0 0 0 0 2.0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0.00


  日本シリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
98 横浜 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 1年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000


  プレーオフ投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
04 日本ハム 2 0 0 0 1 1 1.1 1 1 1 0 1 0 0 1 1 6.75
通算 1年 2 0 0 0 1 1 1.1 1 1 1 0 1 0 0 1 1 6.75


  プレーオフ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
04 日本ハム 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 1年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000


  二軍投球成績
チーム 登板 完投 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四死 三振 失点 自責 防御率
96 横浜 10 0 0 1 0 15.1 14 1 14 14 7 6 3.52
97 横浜 13 0 1 4 0 55.2 60 5 33 38 29 26 4.20
99 横浜 2 0 0 0 1 2.2 3 0 2 1 3 3 10.13
00 湘南 13 0 0 2 0 22.2 17 2 7 25 8 6 2.38
01 湘南 24 1 5 5 3 86.1 81 7 33 76 41 33 3.44
02 湘南 19 0 3 1 2 21.1 18 2 7 31 6 6 3.18
03 湘南 18 1 4 2 0 40.1 31 4 20 43 25 23 4.57
07 湘南 16 0 2 1 1 15.2 22 4 5 10 9 9 5.17
08 湘南 14 0 2 0 4 18.0 15 1 3 16 3 3 1.50
09 湘南 14 0 0 0 2 12.0 17 1 3 6 12 11 8.25
通算 10年 143 2 17 16 13 290.0 278 27 127 260 143 126 3.91
球団在籍時のみ






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年