サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手





MLB記録 タイトル

関連リンク


江藤 慎一



名前 えとう しんいち
生年月日 1937年10月16日
経歴 熊本商−日鉄二瀬−中日−ロッテ−大洋−太平洋−ロッテ
入団年 72年にロッテから移籍
在籍年 72年−74年
背番号 72年−74年[8]
投打 右投げ右打ち
守備 捕手:内外野手
::
幼少期は気管支が弱く、小4までは体育の授業はすべて見学だったほど体が弱かったが家計を助けるために始めた新聞配達で体が丈夫になり、八幡製鉄の外野手だった父から野球を学んで、中学でキャッチャーでプレーし、熊本商では4番を任されるまでになった。

日鉄二瀬
社会人の日鉄二瀬にテストを受けて入団。日鉄二瀬の監督である濃人は「江藤が入りたいと言って来た。どうせ使い物にならないだろうと形式的なテストだけして追い返すつもりだった。ところがファイトはあるし、いい体をしている。そこで定員いっぱいだったが会社に無理をいって入れてもらうことにした」。江藤は月給1万1000円のうち8000円を弟たちの学費として熊本に送金していた。2年後に中日入りした時にも最初の給料を全額、実家に送金したが、あとで生活費がないことに気づいて5000円だけ送り返してもらった。送金の甲斐があって弟の省三は慶大に進み、巨人へ入団することができた。

原 貢
日鉄ニ瀬の都市対抗のライバルチーム東洋高圧大牟田には原 辰徳の父である原 貢がいた。打席に入った原に捕手だった江藤は「打てますか?」と声をかけた。原はもの凄い形相で「うるせッー!」と怒鳴り散らした。「ケンカ野球の典型だね。あの迫力を息子の辰徳に見せてやりたいよ」

新人王ならず
59年に中日に入団。江藤は日鉄二瀬では捕手しか守っていなかったが、中日では西沢の引退でファーストのポジションが開いていたため「ファーストも出来ます」と言って試合に出場し、打率281で15本塁打、84打点を記録した。だが大洋の桑田 武が31本塁打を放ったため新人王はならなかった。61年に日鉄二瀬時代の恩師である濃人が中日の監督になり外野手に転向した。

退場
62年7月10日巨人戦、2回表の巨人の攻撃でマウンドの河村が0−3から投球動作に入った時に打席のエンディ宮本が右手をあげてボックス内で足を動かした。河村はタイムだと思ってボール球を投げたが滝野主審は四球を宣告した。マスクをかぶっていた江藤は「タイムじゃないか!」と抗議したが認められなかった。試合再開後の一球目に宮本が二塁に走ると江藤は二塁に送球したが、打席の森に当たって送球は二塁に届かなかった。江藤は「守備妨害だ!」と叫んだが滝野主審は首を横に振った。江藤は怒って滝野の胸ぐらを掴むと右肩を殴りつけた。滝野主審は興奮して口が利けず、手で退場のジェスチャーをした。江藤はベンチに戻ると涙をこぼしながら「悔しい」とうめいた。

雨の鬼
63年8月25日巨人戦。江藤は3回裏に同点ソロ、5回裏に2打席連続の逆転ソロを放ったが6回表に王のツーランで同点に追いつかれてしまう。その直後に土砂降りの雨が降り出し審判団から試合中断が宣言された。選手達がベンチに引き上げるなか江藤は「とにかく巨人に勝ちたかった」と雨の中に立ち続けた。20分を過ぎた頃に西沢コーチに説得されて、ようやく江藤は引き上げた。試合は雨天コールド引き分けで終了した。翌日に江藤の所に中継していたNHKのスタッフがやって来て「江藤さんがいなかったら、何を撮影していいものか途方にくれるところでした。雨の中でしぶきをあげて立ち尽くす江藤さんは雨の鬼みたいで絵になりました」と礼を言った。

首位打者も
63年までは3割を打った事がなかったが、64年には王と激しく首位打者を争い、終盤には故障が重なり抜かれたが、9月13日の大洋とのダブルヘッダーで9打数6安打の固め打ちで抜き返すと、そのまま逃げ切って打率.323で首位打者に輝いた。だが左太ももの肉離れなどでシーズン終盤には試合途中の途中交代が増えた事もあって陰口をたたかれて悔しい思いを味わった。

2年連続首位打者
65年には打率.336で2年連続首位打者になった。2年とも打率2位は王 貞治で江藤がいなければ2年連続三冠王だったが、僅差の争いの中で夜も眠れなかった王に対して、江藤は毎晩ウイスキーを一本空けてイビキを欠いて眠っていた。それを聞いた王は「負けたと思った」。だが江藤は65年から3年連続して本塁打2位を記録しており、王さえいなければ3年連続本塁打王だった。

直談判
69年のある試合で守備の名手である高木 守道がサヨナラエラーをして中日は敗戦した。試合後に水原茂監督は全選手を集めて激しい調子で高木を叱り飛ばした。直後の選手会では水原に対する不満が爆発し、江藤は一人で監督室に出向いて直談判した。水原監督は翌朝のミーティングで全選手を前に「実は昨夜、江藤が私の前にやってきて反抗的な態度を取った。監督として反抗するものを許すことはできない」と言った。そして中日で1484安打、268本塁打を放ち、首位打者を2度獲得した江藤は解雇された。

3度目の首位打者
69年の12月26日に江藤はいったん中日を任意引退することになるが、翌70年6月にトレードで恩人の濃人が監督をしていたロッテに入団。

あっ!振った
71年7月13日阪急戦、7回表に江藤はカウント2-1からボールを見送り、砂川主審はボールを宣告した。ところが阪急の岡村捕手が「振った!」と言った、すると主審は「あっ!振った、ストライクだ」と判定をくつがえして江藤は三振に倒れた。江藤は激しく抗議をし、濃人監督は「ボールをストライクに直したのが間違いなんだから、もう一度ボールに訂正してくれ」と言ったが、砂川主審は「そんなことをしたら騒ぎがもっと大きくなるから出来ない」と言って受け付けなかった。濃人監督は怒って選手をベンチに引き上げさせた。そして35分後に審判団から放棄試合が宣告されルール上0対9でロッテは敗れた。

15連続
71年7月17日オールスターゲーム西宮球場で行われた第一戦、パリーグはセ先発江夏の前に1番の有藤から、基、長池と3者連続三振に切って取られていた。2回にはパの4番に座った江藤も三振に倒れて、結局江夏は9者連続奪三振を記録した。実は江夏は前年のオールスターでも5者連続奪三振を奪っており、この時点で14者連続奪三振を達成していた。同年のオールスター第三戦では、江藤はまたも江夏と対戦し三振を奪われた。江夏は次打者の野村克也にバットに当てられ15者連続奪三振で記録は途切れた。

誕生日
プロ一年目に「人間は無限の可能性を秘めている。ワシは必ず首位打者になってやる」と豪語していた江藤は、71年に34歳の誕生日である10月16日に同年のシーズン最終戦を終えて打率.337で3度目の首位打者を獲得し、史上初の両リーグ首位打者になった。そして試合終了後に中村オーナーに呼ばれた江藤は野村 収とのトレードで大洋移籍を告げられる。「来年もロッテでやってくれと言われたのが昨日。それが今日になって大洋に行けだ。でも行くしかない」。首位打者を獲得しながらのトレードの背景には7月の放棄試合があると言われ、濃人監督もこの年限りで退任している。江藤は「ロッテでは、お山の大将から二等兵に戻ったつもりでやってきた。それが両リーグ首位打者につながったと思っていたのに」と嘆いた。

大洋移籍
大洋では松原、シピンとクリーンナップを組んで、久々に強力打線が完成したが3年連続で5位に終わると75年に新監督に就任した秋山 登の意向もあって太平洋にトレードされた。

太平洋監督
75年には太平洋クラブライオンズの選手兼監督に就任。他球団から「山賊打線」、「どんたく打線」と呼ばれた本塁打王の土井、首位打者の白を中心とした強力打線と、23勝で最多勝に輝いた東尾を率いて、前期2位、後期4位で通算で3位とチームを8年ぶりにAクラスに導き、選手としても9月6日近鉄戦で史上9人目の2000安打を達成した。江藤は「来年も山賊野球で大暴れしてペナントに挑戦する」とやる気満々だったが、MLBで通算2008勝の名将レオ・ドローチャーが新監督に決まったため江藤はAクラスになりながら解任された。なおドローチャーは70歳と高齢だったため体調を崩して、開幕直前の3月になって監督就任の契約を破棄した。

引退
75年にはロッテからホームランを打って史上初の12球団からの本塁打を達成。 ちなみにトレード相手だったた野村 収は史上初の12球団からの勝ち星を記録している。翌76年にはロッテに移籍し、10キロの減量をしてシーズンに臨んだが右ひじ痛が悪化して引退。通算367本塁打、1189打点を記録しながら、全盛期がONと重なっていたため本塁打王、打点王は一度も獲得できなかったが首位打者を3回獲得した。引退後は静岡県に野球学校を設立。2010年に殿堂入り。

飛行機嫌い
「闘志にスランプなし」を口癖にし闘将と呼ばれた江藤だが、実は大の飛行機嫌いで「離陸するときが怖くて、水平飛行に移ってから怖くて、着陸するときが怖いんですよね」というほど苦手だった。





初記録
初出場 59年4月11日大洋戦
初安打 59年4月11日大洋戦:鈴木隆から
初本塁打
初打点
初盗塁
記録達成日
2000安打 75年 9月 6日近鉄戦
300本塁打 71年8月5日
1000打点 72年7月16日


その他の記録
オールスターMVP 65年第三戦:68年第一戦
809試合連続出場 59年4月11日−65年4月16日





59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76
首位打者 3回
ベストナイン 6回
オールスター 11回


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
59 中日 130 495 52 139 19 3 15 209 84 13 12 0 4 27 3 58 9 10 .281
60 中日 130 429 48 108 19 2 14 173 61 7 11 0 4 36 5 49 8 11 .252
61 中日 130 480 50 128 17 1 20 207 77 4 8 4 8 46 2 48 10 4 .267
62 中日 133 493 74 142 13 0 23 224 61 4 4 1 5 60 3 61 4 5 .288
63 中日 140 510 72 148 26 0 25 249 70 12 7 0 5 61 7 50 9 6 .290
64 中日 140 468 57 151 21 0 21 235 72 5 1 0 6 47 6 43 13 5 .323
65 中日 129 443 75 149 22 2 29 262 74 6 3 0 2 81 3 36 13 4 .336
66 中日 102 364 51 117 16 1 26 213 91 1 1 0 2 43 4 30 9 4 .321
67 中日 132 481 85 133 20 1 34 257 78 6 6 0 4 64 4 49 9 8 .277
68 中日 131 487 80 147 29 1 36 286 93 7 3 0 2 40 6 59 12 3 .302
69 中日 110 436 51 122 20 2 25 221 84 1 3 0 6 51 4 52 10 2 .280
70 ロッテ 72 146 21 42 4 0 11 79 31 1 1 0 3 30 2 23 6 1 .288
71 ロッテ 114 389 57 131 8 1 25 216 91 3 1 0 6 49 2 41 15 13 .337
72 大洋 103 276 37 69 9 0 18 132 51 0 0 0 2 29 2 35 8 1 .250
73 大洋 111 365 30 103 7 0 15 155 44 2 3 0 1 38 1 33 20 3 .282
74 大洋 111 378 34 110 11 0 16 169 67 3 0 0 1 24 0 30 13 1 .291
75 太平洋 88 302 28 69 11 1 8 106 36 2 1 0 2 17 3 31 12 2 .228
76 ロッテ 69 214 22 49 2 0 6 69 24 1 2 0 4 18 1 24 6 0 .229
球団 3年 325 1019 101 282 27 0 49 456 162 5 3 0 4 91 3 98 41 5 .277
通算 18年 2084 7156 924 2057 274 15 367 3462 1189 78 67 5 67 761 58 752 186 83 .287


  日本シリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
70 ロッテ 4 8 1 2 0 0 1 5 2 0 0 0 0 2 0 2 0 0 .250
通算 1年 4 8 1 2 0 0 1 5 2 0 0 0 0 2 0 2 0 0 .250


  オールスター打撃成績
回数 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算 11回 30 92 8 23 4 0 3 36 9 0 0 0 0 5 1 16 4 2 .250


  監督成績
チーム 順位 勝利 敗戦 分け 勝率 ゲーム差 本塁 被本 盗塁 犠打 打率 防御率 失策
75 太平洋 3 58 62 10 .483 2位:4位 135 114 95 .261 3.73 126
通算 1年 3 58 62 10 .483 136 114 95 .261 3.73 126
「ゲーム差」から右は一年間のチーム成績






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年