サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク

福盛 和男



34
名前 ふくもり かずお(旧登録名:福盛 一夫)
生年月日 1976年8月4日
経歴 都城高−横浜(94年D3位)−近鉄−楽天−レンジャーズ−楽天
入団年 94年にドラフト3位で入団
在籍年 95年−03年
背番号 95年−01年[34]:01年−02年[37]:03年[24]
投打 右投げ右打ち
守備 投手
横浜入団
都城高では3年連続で県大会決勝で敗れて1回も甲子園進出を果たせなかった。ドラフト会議で横浜から3位指名を受けて入団。

三者三振
初年度には9月28日のイースタン・リーグのロッテ戦で先発し、9回を6安打、福浦のソロのみ抑える完投勝利でプロ初勝利。同月は21イニングを投げ防御率2.14という好成績を残して高卒ルーキーながら一軍昇格。初登板となった10月3日のヤクルト戦ではオマリー、古田、池山という中軸を三振に切って取った。これで自信をつけたという福盛はプロ初先発となった10月7日の中日戦では3回を無失点に抑えて勝利に貢献した。

初勝利ならず
97年には中継ぎで結果を残し6月26日の巨人戦で先発のチャンスを貰った。相手は巨人の大エース斎藤 雅樹だったが福盛は4回までノーヒットノーランという一歩も退かないピッチングを見せた。6回表の二死から四球とヒットを打たれ、打席に松井を迎えた場面でマウンドを降りて初勝利はならなかったが、試合は9回表に佐々木が石井浩に同点ホームランを打たれる番狂わせもあったが、最後は鈴木のタイムリーでサヨナラ勝ち。鈴木は「福盛が投げているときに打ちたかった」

月間3勝
97年7月3日中日戦で6回を3安打無失点に抑えて初勝利を記録すると、7月19日の広島戦で6回1失点で2勝、7月30日の中日戦で7回無失点で3勝目と初勝利から一月で3勝を記録した。福盛の活躍もあって同月を13勝5敗と大きく勝ち越したベイスターズは横浜移転後初の優勝争いに加わることになった。

リリーフ転向
98年は開幕直前の3月30日に右ヒジを手術してわずか3試合登板に終わったが、翌99年には先発の一角として9勝9敗、防御率4.27という好成績を残した。00年はMLBに移籍した佐々木に代わってクローザーを任されたが期待に応えられずシーズン中盤から木塚にクローザーの座を奪われてしまった。

初代クローザー
04年に門倉とのトレードで近鉄に移籍。一時はクローザーも務めたが同年限りで近鉄がオリックスと合併して消滅。分配ドラフトでのオリックス入りを拒否して、新球団楽天に入団。初年度の05年は49試合に登板して4勝3敗11セーブを記録するなど楽天の初代クローザーとして活躍した。またシーズンの終盤にスタートさせた自身のブログ「常に強気!」は更新3回目にしてドラゴンボールネタをちりばめるなど野球界に留まらないその内容もあって年間200万アクセスを超える人気ブログになった。

2000安打を防ぐ
06年5月10日横浜戦。9回表にクルーンを打って同点に追いついた楽天は9回裏からクローザーの福盛をマウンドに送った。古巣ハマスタで横浜ファンからも歓声を受けながらマウンドに上がった福盛は簡単に二死を取ったが、藤田にヒットを打たれて二死一塁とし、打席に2000本安打にリーチをかけた石井 琢朗が打席に入った。試合前に大差がついていたら「是非ボクから2000本目を打ってください!」と石井に言っていた福盛だが、4対4の同点の場面ということで全力投球で見事ショートゴロに打ち取った。

初のオールスター
06年の開幕は中継ぎで迎えたが4月中旬に早くもクローザーに復帰すると、24試合連続無失点を記録するなど絶好調。初のオールスターにも選出されて1イニングを無失点に抑えた。オールスター開けには風邪で調子を落としたが、終ってみれば50試合に登板して、0勝3敗21セーブで防御率2.17という素晴らしい成績を残した。

MLB移籍
07年はファン投票でオールスターに選出されたが右肘痛の影響もあってか精彩を欠いたピッチングが続き、右肘の手術を決断。同年のオフにFAでテキサス・レンジャーズに2年契約で移籍した。だがMLBでは初登板となった3月31日のマリナーズ戦で城島への四球と暴投などピンチを背負うとイチロー敬遠で一死満塁としたところで再び暴投を投じるなどチームの期待を裏切りわずか4試合登板に終わった。マイナーでも防御率5点台と結果が残せず、同年のオフにヘルニアの手術を受け、翌09年には日本でのプレーを希望してレンジャースを退団した。

楽天復帰
09年の6月に古巣楽天の入団テストを受けて合格。だが07年に野村監督が強く残留を要望したにもかかわらずMLBに挑戦したこともあって野村監督は「人の道に外れることは嫌い」と復帰を拒否し、入団交渉は中断した。だが福盛が野村監督の泊まっているホテルに訪れて頭を下げると、野村監督は「今にも泣き出しそうな顔に誠意を感じた」とわだかまりを水に流して復帰が決まった。

福盛の21球
7月8日のロッテ戦で復帰登板を果たすと、翌日に2回を無失点に抑えて勝利投手。その後は抑えを任されると、わずか三ヶ月間で7勝1敗10セーブを記録してチームのプレーオフ初進出に貢献した。だがプレーオフでは4点をリードしたセカンドステージ初戦の9回裏にマウンドに上がったが、一死から田中、森本、稲葉と3連打を許して3点差に追い上げられてしまうと、なおも四球で一死満塁からスレッジにレフトスタンドへ逆転満塁サヨナラホームランを打たれて悲劇的な敗戦を喫してしまった。なおサヨナラ弾までの球数が21球であったことから「福盛の21球」と呼ばれた。

1036%アップ
09年の契約更改では440万円から5000万円という史上初の1000%以上のアップを勝ち取った。だが翌10年は開幕直後に右ひじ痛で離脱。5月に自身4度目の右ひじ手術を受けたが思うように回復せず同年限りでの引退を決断した。





初記録
初登板 95年10月3日ヤクルト戦
初勝利 97年7月3日中日戦
初奪三振 95年10月3日ヤクルト戦:オマリーから
初セーブ 00年4月23日中日戦
初完投 99年5月2日ヤクルト戦


95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 09 10
オールスター 2回


  投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
95 横浜 2 0 0 0 0 0 5.0 5 0 3 0 4 0 0 0 0 0.00
96 横浜 1 0 0 0 0 0 1.0 2 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00
97 横浜 25 0 0 4 4 0 71.1 58 7 28 4 42 2 1 26 23 2.90
98 横浜 3 0 0 1 2 0 18.2 20 1 6 1 13 3 0 8 6 2.89
99 横浜 30 1 0 9 9 0 132.2 151 15 45 3 96 8 0 65 63 4.27
00 横浜 40 0 0 6 6 10 88.0 92 7 27 2 49 9 1 40 35 3.58
01 横浜 5 0 0 1 2 0 31.0 20 5 10 0 23 0 0 12 12 3.48
02 横浜 33 0 0 2 3 2 48.2 45 2 15 3 47 1 0 21 16 2.96
03 横浜 62 0 0 1 3 1 60.0 55 6 17 4 34 3 0 32 30 4.50
04 近鉄 43 0 0 2 5 10 48.2 53 5 24 3 27 0 0 29 28 5.18
05 楽天 49 0 0 4 3 11 63.0 75 5 24 2 36 4 0 26 25 3.57
06 楽天 50 0 0 0 3 21 58.0 50 2 27 3 55 7 0 18 14 2.17
07 楽天 34 0 0 4 2 17 36.0 44 1 17 2 33 1 0 20 19 4.75
09 楽天 35 0 0 7 1 10 45.1 42 2 13 1 34 3 0 11 11 2.18
10 楽天 2 0 0 0 2 0 1.0 6 1 1 0 1 0 0 5 5 45.00
球団 9年 201 1 0 24 29 13 456.2 448 43 151 17 309 26 2 204 185 3.65
通算 15年 414 1 0 41 45 82 708.1 718 59 257 28 495 41 2 313 287 3.65


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
95 横浜 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000
96 横浜 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
97 横浜 33 14 0 1 0 0 0 1 0 0 0 4 0 0 0 6 0 0 .071
98 横浜 3 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 1 .000
99 横浜 38 35 3 8 0 0 0 8 2 0 0 4 0 4 0 17 0 1 .229
00 横浜 41 19 4 5 1 0 0 6 1 0 0 1 0 0 0 7 0 0 .263
01 横浜 5 9 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2 0 0 0 3 0 0 .111
02 横浜 33 7 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 .286
03 横浜 62 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
04 近鉄 43 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
05 楽天 49 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 .500
06 楽天 50 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000
07 楽天 34 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 .000
09 楽天 35 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
10 楽天 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
球団 9年 219 91 8 17 1 0 0 18 3 0 0 11 0 4 0 42 0 2 .187
通算 15年 432 93 8 18 1 0 0 19 3 0 0 13 0 4 0 42 0 4 .194


  日本シリーズ投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
98 横浜 1 0 0 0 0 0 1.2 1 0 2 0 1 0 0 0 0 0.00
通算 1年 1 0 0 0 0 0 1.2 1 0 2 0 1 0 0 0 0 0.00


  日本シリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
98 横浜 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000


  プレーオフ投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
09 楽天 1 0 0 0 1 0 0.1 4 1 1 0 0 0 0 5 5 135.00
通算 1年 1 0 0 0 1 0 0.1 4 1 1 0 0 0 0 5 5 135.00


  プレーオフ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
09 楽天 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000


  オールスター投球成績
回数 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
通算 2回 1 0 0 0 0 0 1.0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0.00


  二軍投球成績
チーム 登板 完投 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四死 三振 失点 自責 防御率
95 横浜 19 1 1 2 0 43.0 41 1 10 20 20 15 3.14
96 横浜 19 1 2 6 0 68.1 81 5 31 24 52 45 5.93
97 横浜 4 0 1 2 0 20.1 19 1 8 11 9 9 3.98
98 横浜 5 0 0 1 0 16.0 15 0 6 6 7 6 3.38
02 湘南 6 0 4 0 0 24.0 32 0 5 16 9 6 2.25
通算 5年 53 2 8 11 0 171.2 191 7 60 77 97 81 4.25
球団在籍時のみ


  MLB投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
08 レンジャーズ 4 0 0 0 0 0 4.0 11 2 4 0 1 2 0 9 9 20.25
通算 1年 4 0 0 0 0 0 4.0 11 2 4 0 1 2 0 9 9 20.25


  AAA投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 失点 自責 防御率
08 AAA 38 0 0 1 6 2 64.0 79 7 18 1 40 41 39 5.48
通算 1年 38 0 0 1 6 2 64.0 79 7 18 1 40 41 39 5.48






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年