サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手









































MLB記録 タイトル

関連リンク

:僕のリトル時代:
古木 克明

古木 克明



33
名前 ふるき かつあき
生年月日 1980年11月10日
経歴 豊田大谷高校−横浜(98年D1位)−オリックス
入団年 98年ドラフト1位
在籍年 99年−07年
背番号 99年−01年[3]:02年−07年[33]
投打 右投げ左打ち
守備 内外野手
初試合でホームラン
小学校への入学時にはすでに141センチという巨漢だったがいじめられっ子で泣き虫だった。3年のときにボーイズリーグで野球を始めたが、人数が足りなくて試合が出来なかったため4年の時にリトルリーグに転向。その頃からずば抜けたパワーを持っていた古木は上級生のチームに入り、初試合で決勝ホームランを放った。リトルリーグでは通算66本塁打。また建築士だった父親が45度の角度で打球を打ち返すように自宅に設置したバッティングゲージに目印をつけて打球角度を意識させた。

甲子園通算850号
高校2年の夏に甲子園に出場。初戦の長崎南山高戦で2点をリードされた9回表にライトスタンドに同点ツーランを放つと、延長12回表に大会通算850号となる勝ち越しツーランを放って試合を決めた。3年夏にも甲子園に出場し、1回戦で横浜で同僚となる村田率いる東福岡戦と対戦。0対0で迎えた5回にその村田から先制タイムリーを放つなど3打点を上げ6対4で快勝した。

阿吽の呼吸?
熱戦となった2回戦の宇部商戦では5回裏にタイムリーを放つと、1対2で迎えた9回裏に二死一塁で四球を選びチャンスを拡大。ここで二塁走者が三盗を決めたが、古木は一塁に留まっており、後藤監督はやむを得ず重盗を仕掛け、これが成功し同点に追いついた。後藤監督は「決してボーンヘッドではなくて、二人の走者が阿吽の呼吸でやったこと」と古木を庇った。試合は延長15回裏に宇部商のエース藤田のサヨナラボークという非情な結末で豊田大谷が勝ち上がった。古木は3回戦の智弁和歌山戦で甲子園通算3本塁打目を放つなど活躍し、チームをベスト4まで導いたが、準決勝の京都成章戦で古木が4打数4三振に倒れるとチームも1対6で敗れた。

松坂のハズレ1位
同年のドラフト会議では希望球団のダイエー・ホークスではなく松坂を外した横浜から外れ1位指名を受けて入団。初年度は湘南で5本塁打とまずまずの結果を残した。翌年からは毎年二桁本塁を放ったが、守備の不安などもあって一軍ではほとんどチャンスをもらえなかった。01年に見かねた湘南の日野茂監督は「守備の負担の少ない外野手に」と三塁からコンバートしたが、翌02年に「甘やかしすぎは駄目」という森監督の指導のもと、再び三塁にコンバートされた。

いきなりの爆発
02年も8月までは5打数無安打と結果を残せなかったが、9月4日の中日戦で落合から初ヒットを放つと、7日川尻、17日河原、18日桑田、21日山本昌、22日岩瀬と、エースクラスからホームランを連発し、結局30試合そこそこで9本塁打、22打点と獅子奮迅の大活躍でファンを喜ばせた。

全日本
インターコンチネンタルカップに全日本代表として出場、古木はシーズンの勢いそのままに本塁打を連発、キューバ-戦では満塁ホームランまで放ち、通算4本塁打で本塁打王に輝いた。

開幕スタメン
03年、オープン戦で6本塁打16打点を記録し、初の開幕一軍、そして開幕スタメンをを掴んだ。だが「ファームとはまるで違いました。三日間とも凄いプレッシャーで、何も考えられなかったですね」、という古木は3連戦で12打数0安打8三振という散々たる結果に終わった。

意識の変化
02年までの古木は「自分はいい当たりのヒットしか考えていない」と語っていたが03年になると「自分の仕事はホームランを打つこと」と言動に変化が見られた。そしてシーズンに入ると有限実行とばかりに22本塁打を放ったが打率は.208に落ち込み、リーグ2位の131三振、打点に至っては22本塁打で37打点と言う恐ろしい数字を残した。

古木、あーーっと!
03年7月5日に横浜スタジアムで行なわれた広島戦。7回表に何でもないサードゴロを捕球した古木は何もない場所で大転倒。実況の清原アナウンサーは「古木、あっーーと!」と絶叫し、解説の斉藤 明雄は「自分のお庭ですよ。お願いしますよ」、あきれ果てた。なお古木が転倒しながら投げた送球は一本塁間を転々とし、これを見た一塁走者はホームをついたが、間一髪タッチアウトになり結果オーライとなった。

5月4日は古木の日
04年5月4日の巨人戦。横浜は3本のソロホームランで3対2とリードすると、6回表にT・ローズの特大ソロで同点に追いつかれてしまったが、7回裏に古木が上原からチーム4本目のソロホームランを放ってチームの連敗をストップさせた。清原から三振を奪った佐々木と共にお立ち台に上がった古木は「5月5日という、こどもの日に打てたのが凄い嬉しい」と発言して、アナウンサーに「今日がこどもの日と勘違いしてしまうくらい、盛り上がっていますか」と突っ込まれてしまった。

トレード直訴
05年は打率.248でわずか2本塁打と完全にスタメンの座を失ってしまった。同年のオフには出場機会を求めてトレードを直訴したが、横須賀のガスリンスタンドの店員に「他球団に行かないで」と言われた古木は「残りますよ」と答え残留を決意した。

移籍
06年からはスタメンのチャンスも増えたが、打率2割5分前後と結果を残すことが出来なかった。古木は07年のオフに再びトレードを志願して大西とのトレードでオリックス移籍が決まった。だがオリックスでは目立った活躍ができず09年に戦力外通告を受けて退団。その後はトライアウトを受けたが獲得球団はなく現役引退を決意した。

::
トライアウト受験からわずか一か月後の12月7日に総合格闘技団体スマッシュとの契約が発表されてまさかの格闘家への転身となった。野球時代の瞬発力系のトレーニングから一変したパワー系をトレーニングを重ねてパワフルな肉体を作り上げて、徐々に総合の技術を身につけた1年後に毎年大晦日に開催される格闘技の一大イベントDynamiteっでデビュー戦に挑むことになった。試合はタレントとして活躍するボビーオレゴンの弟で格闘技経験が豊富なアンディ・オロゴン相手に滅多打ちにあいながらもKOされることなく判定に持ち込んだが0-3で敗れた。

::
翌年には元ラグビー選手と対戦し判定の末に初勝利を収めたが、この頃になると忘れていたはずの野球への思いが蘇りはじめた。そんな折、西武、巨人などで活躍したデーブ大久保が自身が経営する野球塾のコーチとしてスカウトするために古木がアルバイトをしていた居酒屋を訪ねてきた事をきっかけにして、久々にバットを振ったところ大久保が驚くほど力強いスイングが出来たため再びプロ野球を目指すことを決意、格闘技は引退し、大久保の打撃理論でバッティングを磨き、合同トライアウトに再挑戦。トライアウトでは3安打を放ったが獲得球団は現れず厳しい現実を味わった。翌年も合同トライアウトを受験したがオファーを受けることはできなかった。

::
代打本塁打9本は長田に並ぶ球団タイ記録。





初記録
初出場 99年7月15日神:9回に代打で二ゴロ
初安打 02年9月4日中:落合からセンター前
初本塁打 02年9月7日神:2回に川尻から
初打点 01年9月29日広:黒田から代打で
初盗塁 02年9月16日巨:4回に二盗
その他の記録
インターコンチネンタルカップ本塁打王 02年
フレッシュオールスターMVP 99年





  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
99 横浜 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
01 横浜 4 4 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 1 0 0 .000
02 横浜 34 100 15 32 6 0 9 65 22 2 0 1 1 4 0 25 2 5 .320
03 横浜 125 351 46 73 12 0 22 151 37 2 4 0 0 25 13 131 3 20 .208
04 横浜 94 186 26 54 3 0 11 90 27 3 0 0 0 19 3 57 1 0 .290
05 横浜 65 105 10 26 5 1 2 39 10 1 2 0 0 8 3 35 1 1 .248
06 横浜 110 298 32 75 18 1 10 125 35 3 4 0 3 15 5 72 3 8 .252
07 横浜 72 158 13 39 11 1 4 64 14 1 2 1 2 6 1 43 0 2 .247
08 オリックス 21 45 4 10 2 1 0 14 4 0 1 0 0 3 2 8 2 0 .222
09 オリックス 9 13 0 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 1 0 5 0 0 .231
球団 8年 507 1205 142 299 55 3 58 534 146 12 12 2 7 77 25 364 10 36 .248
通算 10年 537 1263 146 312 58 4 58 552 150 12 13 2 7 81 27 377 12 36 .247


  二軍成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死 三振 併殺 失策 打率
99 横浜 56 139 20 37 8 0 5 60 17 3 0 0 16 40 1 9 .266
00 湘南 97 333 50 102 17 3 10 155 43 5 0 1 26 81 6 10 .306
01 湘南 94 346 47 94 10 4 12 148 50 8 2 1 52 96 6 4 .272
02 湘南 77 291 37 83 17 3 13 145 51 3 0 2 34 78 5 13 .285
03 湘南 5 16 2 5 0 0 2 11 7 0 0 0 4 4 0 1 .313
04 湘南 3 8 2 4 0 0 0 4 1 0 0 0 3 1 0 0 .500
05 湘南 2 4 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2 1 0 0 .250
06 湘南 10 40 6 14 2 0 0 16 6 5 0 1 5 9 2 1 .350
07 湘南 24 72 10 22 4 1 2 34 8 1 0 1 10 14 1 1 .306
通算 9年 358 1249 175 362 58 11 44 574 184 25 2 6 152 324 21 39 .290
球団在籍時のみ






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年