サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手





MLB記録 タイトル

関連リンク


平松 政次



27
名前 ひらまつ まさじ
生年月日 1947年9月19日
経歴 岡山東商業高校−日本石油−大洋
入団年 66年第二次ドラフト2位
在籍年 67年−84年
背番号 67年[3]:68年−84年[27]
投打 右投げ右打ち
守備 投手
甲子園4試合連続完封
岡山東商では2年の夏に県大会で1回戦、2回戦と連続完封を記録したが星野 仙一を擁する倉敷商との準決勝では4番ライトで起用されて4打数ノーヒット、投げても3回からリリーフして8失点で完敗した。3年春の選抜甲子園大会で初戦のコザ、2回戦の明治準々決勝の静岡と3試合連続完封。そして準決勝の徳島商も完封し、4試合連続完封という戦後初となる選抜大会タイ記録を作った。藤田平を擁する決勝戦の市和歌山商戦の4回についに失点を許し、平松は選抜40イニング目にして初めて点を失った。試合は延長13回の息詰まる熱戦の末に、岡山東商の中島がサヨナラタイムリーを放ち、平松は選抜優勝投手となった。

日本石油入り
同年からスタートした第一回ドラフト会議の前日にはオープン戦で岡山に来ていた巨人の宿舎を訪ねて憧れの長嶋さんに会いサインを貰ったが、ドラフト会議当日には巨人からの指名はなく中日から4位指名を受けた。中日との入団交渉では契約金の上限である1000万円を超える2000万円をテーブルの上に置かれて「好きなだけやる」と勧誘されたが拒否して月給2万3000円の日本石油に入社した。

巨人入団ならず
日本石油では1年目から都市対抗ベスト4進出に大きく貢献するなど飛躍して日本代表入り。憧れの巨人のスカウトからは1位の確約を得ていたが、ふたを開けてみれば巨人1位は槌田だった。巨人は抽選の末に槌田を獲得したが、もし槌田を外していれば平松を1位指名予定だった。大洋から2位指名を受けたが平松は大洋入団を渋り、交渉は翌年に持ち込まれた。岡山東商の大先輩である秋山登と土井淳が「長島と勝負するのも一つの道」と説得すると、平松は都市対抗で優勝したら入団すると約束。そして実際に8月8日に都市対抗野球で日本石油を優勝に導きMVPにあたる橋戸賞を獲得し2日後の8月10日にようやく入団した。

プロの洗礼
入団から6日後の8月16日広島戦に早くも登板したが、藤井弘に2本塁打を浴びてプロの洗礼を浴びた。だが中3日で先発した20日のサンケイ戦では岡山東商の大先輩である土井のリードと強風にも助けられてわずか4安打に抑え込んで99球で三塁すら踏ませず初勝利を完封で飾った。だが結局初年度は3勝4敗に終わると、翌68年も肩痛の影響もあって5勝12敗と結果が出せなかった。

シュート
転機となったのは69年の春季キャンプ。雨の日に雨天練習場がなかったため体育館で練習をすることになり、滑る床の上で板塀にめがけて投球練習をさせられて「プロになっても、こんな高校生みたいな練習をさせるのか」とイライラがたまっていたところに、近藤 和彦に「そんなへなちょこボールしか投げられないのか」と言われ、腹立ち紛れに投げたのがシュートだった。社会人時代に先輩から教えてもらったシュートは必要ないと感じて一度も投げていなかったが、驚異的な変化を見せたため驚いた近藤 和彦が監督、コーチを集めると、そこでも素晴らしい変化を続けて最大の武器が誕生した。

沢村賞
69年にシュートをマスターした平松は防御率を前年の4.28から2.56と大きく改善させて、14勝12敗で初の二桁を記録した。この年から平松はシュートを武器に12年連続二桁勝利を挙げることになる。翌年にはスライダーもマスターした平松は、25勝で防御率1.95という素晴らしい活躍で球団史上初めての沢村賞に輝いた。また黄金期を迎えていた巨人戦相手に3試合連続完封を記録するなど同年に巨人から7勝を上げている。

カミソリシュート
「カミソリシュート」と言われた平松のシュートは、ボールの縫い目に指をかけずに、手首もひねることなく、ただ左肩をやや早く回転させストレートと同じ腕の振りをする、これが「切れ味」の秘密だった。ホームベース直前で大きく右打者の内角に食い込みながらホップするシュートの威力はすさまじく、次のようなエピソードを生んだ。

カミソリシュート2
平松のシュートが巨人の河埜の左手に当たった。当然デットボールと思われたが判定はストライク、これに川上監督が「デットボールが、なんでストライクなんだ!」と抗議すると、審判は「ストライクゾーンから大きく曲がって当たっただけ。ストライクに間違いない」、これに怒った川上は球審に暴力をふるって自身唯一の退場になった。当時の巨人には「平松のシュートだけは打つな。シュートを見逃して三振してもマイナス査定にはしない」という内規があったという。

巨人キラー
平松は「私は巨人戦の三日前からイレこみますからね。飯は食えない。眠れない。三日前から興奮状態に入っちゃうんです」というほど巨人戦には特別な感情を持っていた。78年5月23日巨人戦、前日の夜、例によって平松は眠れないでいた「相手は巨人だ、王や、張本と勝負する。眠っておけ。そう思うといよいよ眠れない」、ついに平松は一睡を出来ずにマウンドに上がった。平松は巨人3失点に抑え完投勝ちすると、むさぼるようにビーフシチューを食べて、食べ終わるとベットに倒れこんだ。

セリーグ記録
「シュートを打たれたらシュートでやっつけろ!、これが僕のマウンドに上がっている間、常に自分に言い聞かせていた言葉です。」、カウント球がシュートで、勝負球もシュート、打たれようが打たれまいが平松はシュートを投げ続けた、それほど威力のある球で、最盛期には40センチ近くもインコースに食い込んでいった。結果として当然のように死球は増え、120死球のセリーグ記録を持っている。

開幕戦完封
79年には開幕戦を3安打14奪三振という非の打ち所のないピッチングで完封すると、続く4月12日の広島戦では7回まで完全試合。8回一死から四球で初めての走者をを出し、9回の先頭バッターに初ヒットを打たれたが、1安打に抑えて2試合連続完封勝利。さらに4月17日の中日戦でも5回まで無失点に抑えて開幕から23イニング連続無失点を記録した。同年はオールスターまで8勝2敗という好成績を残すなどチームを引っぱり、防御率2.39で最優秀防御率に輝くと共にチームを15年ぶりの2位に導いた。

照準
80年7月19日オールスター第一戦、平松は生まれた日が9日しか違わない鈴木啓示と話し合っていた。「おれたち41年高校卒業組も32歳になったんだから、野球人生にきっちりとした照準をつけようと、私の照準は打倒巨人と200勝、鈴木は300勝。これが二人の照準ですよ」。だが何度も肩を痛めて球速が低下し、82年には耐えられず関根監督に引退を申し出て、最後の登板と思って投げた5月5日の中日戦では球速100キロそこそこしか出なかったが、それがチェンジアップのような効果をもたらして5回1失点で185勝目を上げた。その後にトレーナーと話し合って現役続行を決意した。

いつもと違う日
84年6月1日巨人戦、この日の前夜は牛肉を食べ、ぐっすりと眠れたという。翌日いつもと違う気持ちで向かえた巨人戦。平松は山倉にタイムリーを浴びたものの、素晴らしい投球を続け7回1失点で斉藤にマウンドを譲った。斉藤も無失点に抑えたが、打線が江川の前に三塁さえ踏めずに完封され、試合は0対1で敗れ平松は負け投手になった。だが不思議なことに平松の胸に悔しさが沸いてこなかった。このとき39歳6ヶ月、すでに200勝も、巨人戦50勝も達成していた。平松は「巨人戦に負けて冷静でいる自分を見て集中力がなくなってきたのかとさびしかったですね」、巨人戦で歴代2位の通算51勝を挙げた平松は同年限りで引退した。

長嶋
大洋に入団した時は憧れていた長嶋の背番号「3」をつけたが、その長嶋から25打数連続ノーヒットを記録するなど通算で181打数35安打、打率.193に押さえ込んだ。平松の200勝記念パーティーで長嶋は「どうしたら平松君のシュートを打てるか、そればかりを考えていた。平松君が登板してくる前の晩には、夜中に跳ね起きて素振りを繰り返したこともあった」とスピーチした。

200勝
風邪をよく引くことからガラスのエースと呼ばれたりもしたが、70年には332イニングを投げるなど通算3360回は球団記録。唯一の200勝投手。

25本塁打
投手として本塁打25本は金田らに次ぎ歴代4位。76年には6月27日の阪神戦から7月6日のヤクルト戦まで3試合連続のホームランも記録している。

::
2017年に競技者エキスパート表彰で殿堂入り。





チーム対戦成績
巨人 51勝47敗
阪神 41勝47敗
中日 42勝32敗
広島 29勝36敗
ヤクルト 38勝34敗
その他の記録
開幕戦5勝
通算死球120球 セリーグ記録
投手25本塁打 歴代4位


初記録
初登板 67年8月16日広島戦
初勝利 67年8月20日サンケイ戦
初奪三振 67年8月16日広:藤井から
初完投 67年8月20日サンケイ戦
初完封 67年8月20日サンケイ戦
記録達成日
100勝 74年6月1日中日戦
150勝 78年9月9日中日戦
200勝 83年10月21日巨人戦
2000奪三振 84年5月10日広島戦:山根から



67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84
沢村賞 1回
最多勝 2回
最優秀防御率 1回
ベストナイン 2回
オールスター 8回


  投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
67 大洋 16 2 2 3 4 - 70.1 66 13 14 3 42 2 1 31 28 3.60
68 大洋 51 2 1 5 12 - 120.1 119 14 54 7 77 4 0 71 57 4.28
69 大洋 57 8 5 14 12 - 245.2 215 24 56 14 157 3 1 78 70 2.56
70 大洋 51 23 6 25 19 - 332.2 226 18 68 13 182 1 2 80 72 1.95
71 大洋 43 11 3 17 13 - 279.0 211 18 82 10 153 3 2 78 69 2.23
72 大洋 41 10 0 13 15 - 243.2 211 32 84 11 118 4 0 111 93 3.43
73 大洋 49 9 1 17 11 - 207.2 180 15 56 4 110 0 0 78 70 3.03
74 大洋 46 12 1 15 16 2 243.2 222 37 74 7 175 2 1 112 99 3.65
75 大洋 28 9 1 12 10 2 172.1 145 25 50 6 134 1 0 71 62 3.24
76 大洋 41 16 2 13 17 2 260.1 227 40 95 9 170 0 0 121 110 3.81
77 大洋 32 10 2 10 9 1 166.0 182 25 50 6 105 2 0 75 73 3.96
78 大洋 36 4 0 10 5 7 146.2 142 18 49 7 83 1 0 73 64 3.92
79 大洋 30 11 3 13 7 1 196.0 155 20 50 6 138 4 0 58 52 2.39
80 大洋 30 9 0 10 11 0 199.1 227 26 57 6 107 1 1 108 95 4.30
81 大洋 17 4 0 6 7 1 110.2 109 9 31 3 70 1 0 45 43 3.49
82 大洋 25 1 0 9 10 0 140.1 150 15 31 5 83 1 0 65 62 3.99
83 大洋 23 4 1 8 8 0 131.0 136 14 53 1 83 2 0 67 57 3.92
84 大洋 19 0 0 1 10 0 95.0 114 11 36 2 58 0 1 63 60 5.68
通算 18年 635 145 28 201 196 16 3360.2 3037 374 990 120 2045 32 9 1385 1236 3.31


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
67 大洋 16 18 0 2 1 0 0 3 0 0 0 2 0 0 0 7 0 0 .111
68 大洋 51 28 4 6 3 0 0 9 0 0 0 4 0 0 0 15 0 0 .214
69 大洋 57 72 5 12 1 0 3 22 8 0 0 3 0 4 0 30 2 1 .167
70 大洋 51 100 8 14 0 0 4 26 8 0 0 8 2 3 0 49 0 3 .140
71 大洋 43 92 10 12 3 0 5 30 8 0 0 4 0 5 1 33 2 2 .130
72 大洋 41 77 5 17 1 0 1 21 4 1 0 7 0 6 0 20 1 3 .221
73 大洋 41 62 4 11 0 0 0 11 6 0 0 3 0 1 2 18 0 1 .177
74 大洋 49 75 2 13 4 0 2 23 4 0 0 4 0 3 0 25 1 3 .173
75 大洋 46 65 5 16 2 0 3 27 12 0 0 2 1 1 0 22 2 2 .246
76 大洋 28 81 7 15 1 0 4 28 7 1 0 13 0 4 0 30 0 4 .185
77 大洋 41 53 6 5 0 0 2 11 5 0 0 3 2 6 0 24 0 0 .094
78 大洋 34 48 3 5 0 0 0 5 2 1 0 4 0 3 0 19 1 3 .104
79 大洋 36 68 1 7 2 0 0 9 3 0 0 7 0 0 0 22 1 2 .103
80 大洋 30 67 8 10 0 0 1 13 4 0 0 5 1 5 0 21 1 3 .149
81 大洋 32 38 0 5 3 0 0 8 3 0 0 3 0 2 0 18 0 1 .132
82 大洋 17 48 1 7 0 0 0 7 1 0 0 2 0 0 0 20 0 3 .146
83 大洋 25 42 1 6 1 0 0 7 3 0 0 2 0 5 0 14 0 2 .143
84 大洋 23 28 2 3 0 0 0 3 0 0 0 3 0 1 0 12 0 2 .107
19
通算 18年 639 1062 72 166 22 0 25 263 78 3 0 79 6 49 3 399 11 35 .156


  オールスター投球成績
回数 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
通算 8回 9 0 0 0 2 0 20.0 19 2 2 0 17 0 0 10 9 4.05


  オールスター打撃成績
回数 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算 8回 9 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .500






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年