サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手














































MLB記録 タイトル

関連リンク


石井 琢朗



名前 いしい たくろう:(旧登録名:石井忠徳)
生年月日 1970年8月25日
経歴 足利工高−大洋−横浜(88年D外)−広島
入団年 88年ドラフト外
在籍年 89年−08年
背番号 89年−92年[66]:93年[0]:94年−08年[5]
投打 右投げ左打ち
守備 投手:内野手
左打ち
小学3年生のときに父親が監督を務める「犬伏クラブ」で野球を始める。少年時代は巨人ファンで月刊ジャイアンツを愛読しながら篠塚に憧れを持っていた。また家に貼ってあった王 貞治のポスターの影響もあって左打ちになった。6年生の時に一番ピッチャーとしてチームを引っぱり、県大会の決勝まで駒を進めた。足利工高では1年の秋からエースとなり、2年の夏には甲子園に出場。3年夏は授業で行われた柔道でけがをしたこともあって甲子園出場はならなかった。

大洋入団
進路は内定をもらっていた東洋大への進学か、社会人かで悩んでいたが、大洋スカウトの江尻亮に「ドラフト外で獲りたい」と言われて、まだ獲得が正式決定ではないタイミングで東洋大の内定を断り江尻スカウトを慌てさせた。同年秋にドラフト外で大洋に入団。元々は投手として入団だった。高校通算76勝12敗、防御率1.53。

初ヒットと初勝利
初年度の89年には高卒のドラフト外にもかかわらずキャンプから一軍に帯同して、4月13日の広島戦で早くも初登板を果たすと17試合に登板して防御率3.56という高卒ルーキーとしては文句の付けようのない成績を残した。初先発となった10月10日のヤクルト戦では初回に荒井に先制ホームランを打たれたが、2回裏からは無失点ピッチング。4回表に銚子のソロで同点に追いついてからも投手戦が続いたが8回表に大洋打線が4安打を集中し3点を勝ち越し、石井はその裏も無失点に抑えて8回を5安打1失点にヤクルト打線を抑える。9回裏こそエラーなどで2点を失い完投を逃したが、10奪三振を奪う好投で初勝利。なお3回表には初ヒットも記録している。

野手に転向
2年目にイースタンリーグで防御率2.13を記録し最優秀防御率を獲得するなど期待の若手の一人だったが石井は投手に限界を感じてヘッドコーチになっていた江尻に野手転向を直訴、「もう1年待て」と止められて、翌91年も二軍では防御率2.54という好成績を残したが一軍定着は果たせなかった。同年オフに須藤監督に直接野手転向を願い出ると、「石井は桑田2世になる」と期待していた須藤監督は石井の「もう限界です」という言葉に激怒し、話し合いは決裂したかと思われたが石井の野手としての能力も買っていた須藤監督は同日のうちに野手転向を承認した。名前も忠徳から琢朗に改名して心機一転で臨んだ92年に野手転向一年目にして59安打を放つと、翌93年にはレギュラーに定着し野手転向わずか2年でゴールデングラブにも輝いた。

盗塁王
93年10月13日には肺炎で入院したが、盗塁王がかかっていた石井はシーズン最終戦の10月22日広島戦のダブルヘッダー第二戦に強行出場、見事に2盗塁を成功させ、シーズン24盗塁で巨人の緒方と共に盗塁王を獲得した。24盗塁での盗塁王は2リーグ以降では最低記録。

サードからショートへ
96年には大矢監督の内野コンバートで、サードからショートへ転向、初年度こそ成績を落としたが、翌年には自己最高の打率.319を記録し、初のベストナインを獲得、98年にはショートとしてゴールデングラブも獲得し、完全にショートを自分の物にした。また1番打者として2番波留とアイコンタクトでエンドラン等を仕掛ける事を許可されるなど大矢監督と権藤監督から高い信頼を受けた。

涙のサヨナラヒット
98年には優勝争い真っ只中の7月14日巨人戦で7対5の2点リードで迎えた9回表ツーアウトから巨人・石井の放ったショートゴロをはじいてしまうと、そこから佐々木が打たれて、まさかの同点に追いつかれた。その直後の9回裏に一死二塁で代打が送られずそのまま打席に向かった抑えの佐々木はネクストバッターズボックスの石井に声をかけた「タク、俺は打てないから頼んだぞ」、予告通りに佐々木が三振に倒れて二死二塁となったが、続く石井の放った打球は左中間に落ちるサヨナラタイムリーとなり、石井はグラウンドに崩れ落ちて泣き続けた。

球団初!
98年は打っては174安打で最多安打、走っては39盗塁で盗塁王、守ってはゴールデングラブと走攻守でリーグNo1の成績を残して自身2度目のベストナインに選出されるなどチームの38年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献した。また103得点で松井 秀喜と並んで最多得点を記録したが、なんとこれは球団創設49年目で初の最多得点だった。

日本シリーズ初打席でセーフティーバント
日本シリーズでは初打席で「前から考えていた」というセーフティーバントで出塁すると、すかさず二盗も成功させて先制のホームを踏んだ。第2打席でも四球で出塁して得点を記録すると、第3打席でもライト前ヒットで出塁してホームに還ってシリーズの流れを引き寄せた。第2戦でもソロを含む2安打1四球で2得点を記録すると、第5戦では3安打2四球で3得点とシリーズ新記録となる9得点をマークして優秀選手に選出された。

6年連続150安打!
02年には長嶋 茂雄以来史上二人目となる6年連続150安打を達成した。新記録が期待された03年だったが、開幕から絶不調に陥り、わずか96安打で100安打も10年連続でストップさせてしまった。山下監督から「明日はスタメンを外すからベンチで気分転換しろ」と言われて「他の選手がショートを守る姿を見て気分転換はできません。下に行かせてください」と直訴しての二軍落ちも経験した。翌04年には打率.295で158安打と復活した。

フルイニング出場
05年は打率.255に終わったものの、球団史上初のショートでの全試合フルイニング出場を果たし、8回目の150安打も達成した。石井は「しんどかった。でもチームがAクラスに残れて良かった」、と3年連続最下位を脱出したチームに安堵感を漂わせた。Aクラスを決めた翌日に行われた同年の最終戦では初回に先頭打者本塁打を放つと、6回表にもライトスタンドへソロホームランを放って自身初の1試合2本塁打を達成した。

1999+?
06年5月10日、2000安打まであと3本として迎えた楽天戦。5回裏にレフト前ヒットを放つと、8回裏には勝ち越しのきっかけとなるツーベースを放ち、いよいよあと1本とした。そして延長11回裏に一死満塁のサヨナラのチャンスで代打鶴岡が三振に倒れると横浜ファンから大歓声が上がるという異常事態の中で石井が打席に入った。石井はカウント2−3から2球ファールで粘ったあとの8球目を見逃して、押し出しフォアボールを選んだ。球場中がため息に包まれるという世にも奇妙なサヨナラ勝ちとなった。

2000安打
06年5月11日楽天戦。前日に2000安打にリーチをかけた石井は、初回に大歓声に包まれながら打席に入ると、楽天先発愛敬の3球目をセンター前に運んで見事に地元で大記録を達成した。石井がガッツポーズをしながら一塁を駆け抜けると試合は中断し、記念セレモニーが行なわれた。試合後のお立ち台では「ここ何年間は苦しい思いして、自分でも成績が・・」と言って言葉を詰まらせた。投手として1勝を上げながらの2000安打は川上 哲治以来2人目だと振られると「100勝目指して頑張ります」と笑わせた。

移籍
06年は2年連続のフルイニング出場を果たして自身最多に並ぶ174安打を放ち打率.288という好成績を残した。だが07年は膝の故障に苦しみ、右手首も骨折するなど故障に苦しんで、打率こそ.275を記録したが14年連続で記録していた二桁盗塁が途切れてしまった。プロ20年目のシーズンとなった08年はキャンプ、オープン戦から勝負をかけたが、若手起用のチーム方針もあって夏場以降はスタメンから外れることが多くなり、シーズン終盤には非情ともいえる戦力外通告を受けた。石井は現役続行を希望して同年秋に広島への入団が決定した。また同オフには自費で横浜スタジアムを借りて応援してくれていたファンへのイベントを開催した。

100号本塁打
09年7月4日に横浜スタジアムで行なわれた横浜戦では6番ショートでスタメン出場し、5回表にかつての同僚三浦から横浜ファンで埋まるライトスタンドに通算100号本塁打を打ち込んだ。2202試合目での100本塁打は毒島の1773試合を大幅に上回る史上最も遅いスロー記録だった。石井が自らのブログに「こんな舞台を用意してくれた、野球の神様に感謝したいと思います」と綴った。

広島史上最年長ホームラン
10年には打席数は減ったものの打率.318、出塁率.369という好成績を残した。11年は統一球などの影響もあってか成績を落としたが9月3日の中日戦で2年ぶりのホームランを放って衣笠の40歳9ヶ月を越える広島史上最年長本塁打41歳0ヶ月を記録した。

引退
コーチ兼任で臨んだ12年はオープン戦で自打球で右足を負傷。石井は強い痛みで骨にまで届いている感覚があったが診断を受けると気持ちが切れると考えて病院には行かずにシーズンに入ったが結果が残せず7月9日に登録抹消。8月27日に同年限りでの引退を発表した。会見で石井は「皆さん悔いはないと言って辞めていきますけど、絶対悔いは残ると思います」と語った。激しいCS争いを繰り広げるチームメイトには「みなさん、僕をCSに連れて行ってください」と伝えて「琢朗さんをCSに」はチームとファンの合言葉になった。

2つの引退試合
9月30日に行われた引退試合には同年のマツダスタジアム最多となる32095人が集まり、来場者に配られた「石井琢朗 ありがとう」と記されたポスターが掲げられる中で打席に入った1番ショート石井は第1打席でレフト前ヒット、7回裏の第4打席では涙を流しながらライト前ヒットを放った。また9月23日に古巣の横浜スタジアムで予定されていたセレモニーは雨天で延期となり、奇しくも14年前に横浜が優勝を決めた10月8日に振り替えとなった。同試合にも同年の横浜スタジアム最多の27518人が集い、球場外にはチケットを買えなかったファンが溢れかえる超満員となった。最後の試合ではヒットを打つことは出来なかったが2つの四球を選んでらしさを見せた。

ビッグレッドマシンガン打線
引退した12年時点で遊撃手で史上最多の1767試合、1番打者としては2位の1366試合に出場、11位の2432安打、14位の358盗塁、10位の1298得点とプロ野球史上でも三指に入るリードオフとして活躍。引退後は広島に残り守備走塁コーチや打撃コーチを歴任、サードコーチャーを務めた15年は判断ミスを重ねてファンから批判を受けて長年続けてきたブログの更新もストップしてしまったが、同年の秋から打撃コーチに転身すると秋季キャンプで1日800スイングという猛練習で不振に苦しんだ打撃陣を立て直すと、得点圏では三振をしない事と徹底させるなどビッグレッドマシンガン打線と呼ばれた強力な打線を作り上げて広島カープを25年ぶりの優勝に導いた。

V2に貢献
広島のチーム出塁率はリーグ5位だった15年の.312から.343まで上昇させ、さらに17年には.345というダントツトップの数字を記録、状況によっては無死満塁だったら併殺での1点でもOK、打率3割を目指しながらも残り7割の凡打に意味を持たせるなどの意識改革を行い、17年のチーム得点は2位に147点という大差をつける736点を記録した。連日のように自ら打撃投手も1時間以上務めるなど献身的な姿勢でチームを支えてチームも圧倒的な成績で2連覇を達成するなど名コーチとして評価を高めた。コーチ時代は単身赴任だったこともあって同年オフに学生の子供たちと一緒に過ごす最後のチャンスを求めて広島を退団し、家族が住む東京のヤクルトスワローズの打撃コーチに就任した。

::
ヤクルトでも前年リーグ5位の出塁率.306を広島に迫る.347まで上昇させて、前年に勝率.319だったチームを一気に2位にまで躍進させた。またプロのテニス選手を目指す次女の練習に付き添い、プロ選手としての助言も送るなど父親としての顔も注目を集めた。





初記録
初出場 89年4月13日広:4回から中継ぎとして
初安打 89年10月10日ヤ:加藤からセンター前
初本塁打 92年7月26日広:北別府から
初打点 92年4月18日ヤ:高津から
初盗塁 92年5月10日巨:初回に二盗
その他の記録
90年イースタンリーグ最優秀防御率
99年7月22日ヤクルト戦でセ記録の1試合6得点
98年日本シリーズ優秀選手
03年7月8日中日戦で1試合4犠打の日本タイ記録

記録達成日
2000試合 07年6月13日日本ハム戦
1000安打 99年7月15日神:山崎から
1500安打 02年8月22日巨:入来から
2000安打 06年5月11日楽天戦
300盗塁 03年8月6日巨:七回に三盗
記録達成日
100本塁打 09年7月4日横浜戦:三浦から






89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
最多安打 2回
盗塁王 4回
ベストナイン 5回
ゴールデンクラブ 4回
オールスター 6回


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
89 大洋 17 5 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 .400
90 大洋 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
91 大洋 10 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500
92 大洋 69 219 26 59 3 3 3 77 23 4 1 16 1 12 2 33 4 10 .269
93 横浜 121 414 53 110 19 5 5 154 36 24 16 39 2 42 6 64 5 7 .266
94 横浜 130 451 68 113 21 2 3 147 40 10 6 39 0 69 0 66 6 8 .251
95 横浜 124 444 69 137 22 2 2 169 41 23 11 23 2 69 7 63 4 5 .309
96 横浜 129 496 94 140 19 3 1 168 29 45 21 25 1 75 7 76 3 11 .282
97 横浜 132 521 95 166 23 1 10 221 44 23 18 23 4 57 7 58 5 15 .319
98 横浜 135 555 103 174 34 5 7 239 48 39 10 2 2 63 7 69 4 17 .314
99 横浜 131 537 108 157 24 3 8 211 58 39 11 2 3 73 7 81 4 11 .292
00 横浜 134 546 91 165 19 5 10 224 50 35 11 5 3 61 4 83 5 10 .302
01 横浜 140 580 81 171 34 4 8 237 36 26 8 7 1 54 5 81 3 12 .295
02 横浜 140 569 78 156 29 2 8 213 49 19 11 12 2 48 5 95 2 9 .274
03 横浜 115 415 49 96 12 1 6 128 26 20 10 21 0 46 1 53 3 7 .231
04 横浜 131 535 80 158 26 6 10 226 43 11 10 6 2 45 2 85 3 10 .295
05 横浜 146 612 95 156 22 2 8 206 40 18 7 7 1 61 7 77 6 8 .255
06 横浜 146 604 91 174 30 0 6 222 32 12 11 5 1 63 2 99 4 10 .288
07 横浜 108 360 35 99 11 0 2 116 13 6 5 27 0 21 4 39 5 5 .275
08 横浜 98 279 26 73 7 0 2 86 18 1 1 12 0 23 4 47 2 4 .262
09 広島 89 211 27 48 10 3 2 70 18 2 0 11 0 20 4 33 4 7 .227
10 広島 74 148 15 47 5 1 0 54 20 1 1 5 0 11 1 20 2 3 .318
11 広島 61 92 11 23 2 2 1 32 4 0 0 2 0 12 0 13 1 1 .250
12 広島 31 42 2 7 1 0 0 8 2 0 0 0 0 5 0 4 1 0 .167
球団 20年 2158 8145 1243 2307 355 44 99 3047 626 355 168 271 25 882 77 1171 68 159 .283
通算 24年 2413 8638 1298 2432 373 50 102 3211 670 358 169 289 25 930 82 1241 76 170 .282


  日本シリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
98 横浜 6 22 9 8 0 0 1 11 1 3 0 0 0 6 0 4 0 0 .364
通算 1年 6 22 9 8 0 0 1 11 1 3 0 0 0 6 0 4 0 0 .364


  オールスター打撃成績
回数 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算 6回 13 31 4 8 1 0 0 9 2 3 1 0 1 1 1 5 2 0 .258


  投手成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 投球回 安打 本塁 四球 死球 奪三振 自責点 失点 防御率
89 大洋 17 0 0 1 1 0 30.1 34 2 19 0 19 14 12 3.56
90 大洋 2 0 0 0 1 0 4.0 6 0 2 1 0 5 4 9.00
91 大洋 9 0 0 0 2 0 14.2 23 3 8 3 4 16 15 9.20
通算 3年 28 0 0 1 4 0 49.0 63 5 29 4 23 35 31 5.69


  二軍打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死 三振 併殺 失策 打率
89 大洋 - - - - - - - - - - - - - - - - -
90 大洋 - - - - - - - - - - - - - - - - -
91 大洋 - - - - - - - - - - - - - - - - -
92 大洋 17 55 5 14 2 1 0 18 14 1 3 1 8 4 2 5 .255
03 横浜 8 28 5 10 1 0 0 11 3 4 0 0 1 3 0 1 .357
通算 5年 - - - - - - - - - - - - - - - - -
投手時代の二軍打撃成績は調査中…
球団在籍時のみ


  二軍投球成績
チーム 登板 完投 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四死 三振 失点 自責 防御率
89 大洋 5 0 1 1 0 18.1 13 0 4 10 5 3 1.47
90 大洋 11 5 4 2 0 76.0 63 5 20 45 21 18 2.13
91 大洋 17 7 7 5 1 106.1 90 11 27 47 32 30 2.54
通算 3年 33 12 12 8 1 200.2 166 16 51 102 58 51 2.29






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年