サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク

岩本 義行



名前 いわもと よしゆき
生年月日 1912年3月11日
経歴 広陵中−明治大−大同電力−南海−全広島−植松組−太陽−松竹−大洋−洋松−水沢駒形クラブ−東映
入団年 52年に松竹から移籍
在籍年 52年−53年
背番号 52年−53年[2]
投打 右投げ右打ち
守備 外野手
首位打者
中学から本格的に野球を始めて広陵中に転向、当初は控え選手だったが遠征で四国へ行った際に乱闘が発生し、その直後に許可を得ずに自分で代打を告げてホームランを放ちレギュラーを掴むきっかけとなった。甲子園では11打数6安打を記録。明大では33年に59打数23安打、打率.390で首位打者。当時の六大学記録となるシーズン3本塁打、ゲーム13塁打を記録した。34年に明大を卒業するが当時はプロがなかった事もあって「野球はもう飽きた。これからは普通の勤め人で生きる」と大同電力に入社した。

::
大同電力には野球部はなかったが、東京倶楽部の一員として都市対抗野球で準優勝。38年に結成したばかりの南海に入団し、初代主将を任されたがシーズンの幕が開く前に召集を受けて戦地に行くことになった。40年に復員し満州リーグでプレー。

3本塁打
42年7月11日の名古屋戦では2回にレフトスタンドに叩き込むと、4回にも再びレフトスタンドに運ぶ2打席連続ホームラン。7回はショートフライに終わったが、9回にはまたまたレフトスタンドに運んで戦前唯一の1試合3本塁打を達成した。なお同年の南海のチーム本塁打は11本であり、10本以下で本塁打王がでるような時代に生まれた大記録だった。同年には三冠全て2位になった。

::
再び応召してチームを離れると、その後は南海には戻らず故郷で終戦を迎えた。プロ野球が再開しても既に33歳という事もあって九州のノンプロで監督兼選手になったが、チームが解散すると借金をしてチームメイトたちに退職金のない選手たちに分け与え、借金清算のために38歳にしてプロ野球の松竹に入団した。また松竹は小西 得郎に監督就任を要請したが、小西がこれを固辞したため、チームは監督不在のままキャンプに突入したていたが岩本はキャンプ地の岡山県倉敷市からオート三輪に乗って東京に行って説得し、小西は監督に就任した。

セ1号&史上初のトリプル3
50年には開幕2戦目の3月11日に下関球場でセリーグ1号ホームランを放った。その約30分前に毎日の戸倉が西鉄戦でパ1号ホームランを放っていたため、2リーグ分裂後の初本塁打は逃してしまった。またその後に岩本はセのナイター初本塁打も記録しているが、これもその前に戸倉が大英戦でパのナイター初本塁打を放っていて史上初のナイター本塁打も戸倉に奪われてしまった。同年には打率.319、39本塁打、34盗塁という大活躍で毎日の別当と共に史上初のトリプル3を達成した。中でも38歳にして記録した34盗塁は驚嘆の一語に尽きる。

::
岩本を含めた史上最強打線の活躍でリーグ制覇、日本シリーズでは打率.280、3本塁打、7打点を記録し、第6戦では満塁で敬遠されるという勲章も手にしたが初戦では1対1で迎えた9回裏に無死二塁からの三盗に失敗し大暴走と非難を受けた。

::
51年4月22日の国鉄戦から6月6日巨人戦まで27試合連続ヒットを記録。この記録は76年に張本に抜かれるまでリーグ記録となった。また50年の10月に4試合連続ホームランを放った岩本だが、51年にも5月9日の広島戦から12日の名古屋戦まで2年連続の4試合連続ホームランを記録した。

4本塁打
51年8月1日、国鉄とのダブルヘッダー第一戦では9得点を上げたチームにあって岩本はノーヒットに終わってしまった。だが第二戦では初回に小鶴 誠に続く2者連続ホームランを放つと、3回は遊飛に終わったが、5回にレフトスタンドに運んでこの日2本目。6回にはレフトに場外ホームラン。8回にもレフトに放り込んで史上初の1試合4本塁打。9回にも痛烈な当たりを放ったが、これは惜しくもフェンス直撃のツーベースとなったが、これで18塁打という日本新記録も作った。

日本記録も
二つの新記録を作った岩本だったが「『あんちゃん、よう打ったのぉ』とみんなに言われた程度、地方球場だったから、あんまり騒がれもしなかった。ワシも詳しいことはよう覚えとらん」、なおこの試合では松竹が9本塁打という日本記録も達成しているが、上田球場という地方球場だったため映像どころか、写真の一枚も残っていないという。同年には39歳にして本塁打王に1本届かない31本塁打を放った。

大洋移籍
52年に大洋に移籍するとシーズン24死球という日本記録(現セ記録)を達成した。40歳だった岩本は「痛くないんですか?」と聞かれて、「そりゃあ死球は怖いが、当たったワシがヘタなんだから、バッターは当たろうと思って打席に入っても、いざとなりゃ本能的に逃げるもの。そこでぶつかる自分のヘタさ加減を棚に上げて、痛がるわけにはいかんでしょう」。また40歳で迎えた同シーズンには打率.286、16本塁打、18打点を記録した。

最年長本塁打
53年に小西が監督を退くと「じゃあワシも」と引退、引退後には鉱山で働き始めたが、55年には補強選手として都市対抗野球に出場、56年には東映で兼任監督として選手復帰、57年8月18日に阪急種田から駒沢球場のレフトスタンドに飛び込むホームランを放ったが、この一撃は45歳5カ月で打った史上最年長本塁打になった。ちなみに2位は野村克也の45歳1カ月。81年に殿堂入り。

神主打法
神主がお祓いするようにバットを正面に構える「神主打法」で知られたが、この打法は34年に来日した大リーグ選抜のジミーフォックス(通算534本塁打)がバットを垂直に立てて構えているのにヒントを得て編み出した。

最多死球
岩本は内角球を全く避けなかったため最多死球を3度も記録した。ある試合では左ヒジに死球を受け一塁に出塁すると、次打者の初球に盗塁を成功させた。すると次の打席でまたしても同じ箇所に死球を受けた。岩本は内出血を起こしているにもかかわらず一塁に向かったが、監督の説得でようやく交代した。またヘルメットがなかった時代にもかかわらず、頭に死球を受けても平然としていたため「あんちゃんの頭は鉄で出来ている」、「ボールの方がへこんだ」とチームメイトにからかわれた。岩本自身は「投手だって狙って投げたわけじゃない。ワシが避けるのがヘタなのにあまり痛がったらかわいそうじゃけんのう」と語った。





初記録
初出場
初安打
初本塁打
初打点
初盗塁
その他の記録
殿堂入り 81年
27試合連続安打 51年4月22日〜6月6日
シーズン24死球[セ記録] 52年
ゲーム4本塁打[日本記録] 51年8月1日
ゲーム最多18塁打[日本記] 51年8月1日


40 41 42 49 50 51 52 53 56 57
ベストナイン 2回
オールスター 3回


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
40 南海 45 165 20 37 9 1 0 48 10 9 - 2 1 18 5 25 - 4 .224
41 南海 84 340 34 68 14 0 7 103 30 17 - 0 - 30 6 30 - 4 .200
42 南海 104 358 51 98 17 3 7 142 46 37 16 5 - 71 5 18 - 7 .274
49 太陽 52 196 30 48 12 0 8 84 34 5 2 0 - 19 6 22 - 6 .245
50 松竹 130 552 121 176 23 3 39 322 127 34 8 0 - 40 7 48 15 7 .319
51 松竹 110 422 100 148 24 0 31 265 87 10 4 0 - 63 11 43 12 1 .351
52 大洋 120 454 82 130 24 3 16 208 81 16 6 0 - 44 24 41 19 4 .286
53 洋松 110 411 47 110 17 1 9 156 49 8 4 1 - 38 5 40 10 5 .268
56 東映 86 204 14 42 1 0 5 58 21 4 2 0 2 18 6 21 8 1 .206
57 東映 15 19 3 2 0 0 1 5 2 0 0 0 0 4 0 7 0 0 .105
球団 2年 230 865 129 240 41 4 25 364 130 24 10 1 - 82 29 81 29 9 .277
通算 10年 856 3121 502 859 141 11 123 1391 487 140 42 8 3 345 75 295 64 39 .275


  日本シリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
50 松竹 6 25 6 7 3 0 3 19 7 0 1 0 - 2 0 0 0 2 .280


  オールスター打撃成績
回数 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算 3回 8 27 1 6 0 0 0 6 0 0 0 0 - 1 0 1 0 1 .222


  投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
40 南海 1 0 0 0 0 - 1.0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0.00
通算 1年 1 0 0 0 - 1.0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0.00






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年