サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手





MLB記録 タイトル

関連リンク


駒田 徳広



10
名前 こまだ のりひろ
生年月日 1962年9月14日
経歴 桜井商業高校−巨人80年D1位−横浜
入団年 94年に巨人から移籍
在籍年 94年−00年
背番号 94年−00年[10]
投打 左投げ左打ち
守備 内野手
満塁で敬遠
桜井商高時代には大型サウスポーとしても活躍。満塁男らしく天理高戦で満塁で敬遠されたこともある。甲子園予選では桜井商業高校のエースで4番だった駒田は0-3から満塁本塁打で逆転しながら、満塁本塁打を打たれて甲子園の夢は散った。これで投手に見切りをつけた駒田は打者に専念することになった。

初スタメン
83年4月10日大洋戦。試合前の練習で中畑 清が右手首を痛めて一軍出場経験のない駒田にスタメンのチャンスが回ってきた。駒田が大洋の先発が予想された右田から前年に二軍で3本塁打を放つ相性の良さを持っていたからだった。ちなみに前年の駒田は二軍で7本塁打。

初打席
初回にプロ初打席が回ってきた駒田は2−1から右田のカーブを叩くと打球はライトスタンドへ飛び込んだ。駒田は史上16人目の初打席本塁打を史上初の初打席満塁本塁打で飾った。駒田は「ベースを回っているとき、頭の中がボーッとして空を飛んでるような感じでした」と語っている。ちなみに続く第三打席ではこれまた珍しい振り逃げを記録した。

一本足打法
衝撃的なデビューを飾った駒田は同83年に86試合に出場して打率.286、12本塁打、47打点という高卒3年目としては申し分の無い成績を残した。だが翌年は王監督の指示で王貞治の一本足打法の生みの親である荒川 博の自宅を訪ねて一本足打法へのフォームチェンジを行う事になり、監督命令という事もあって真剣で天井にぶら下げた紙を切るといった練習や合気道の朝稽古などにも通ったが好成績は残せず、1年後の85年4月に自らの意思で一本足打法を止める事を決意した。

50番トリオ
背番号50番だった駒田と54番の槙原、55番の吉村の三人は50番トリオと呼ばれていたが、87年に113試合に出場して打率.287を記録すると、翌88年からは背番号を10番に変更した。同年からはレギュラーとして毎年のように3割前後の打率を記録した。

失言対失言
89年日本シリーズ。巨人有利とされていたが、巨人は近鉄に3連敗で後が無くなった。だが第3戦で勝利投手になった近鉄の加藤が「巨人は、ロッテより弱いですよ」とヒーローインタビューで発言し、これに怒った巨人は第4戦から4連勝で奇跡の逆転優勝を飾ったことになっている。駒田は第7戦で世紀の大失言をした加藤から先制ホームランを放った。駒田はマウンドの加藤に「バーカ」とこれまた失言を吐いたと言われる。駒田はこのシリーズで打率.522を記録しMVPに輝いた。だがこの事件の事実は違っていて加藤が「パリーグのチームよりも怖さが無い」と言う趣旨の発言をしたのを、新聞が拡大解釈して「最下位のロッテよりも弱いと言わんばかりだ」と報道し、第7戦が始まるころには、加藤が「ロッテより弱い」といったことになっていた。

3年連続全試合出場
90年には自身初の全試合出場を果たして打率.287、22本塁打、83打点を記録すると、翌91年にも全試合に出場してキャリアハイとなる打率.314を記録。92年も3年連続の全試合出場で打率.307、27本塁打、64打点という活躍を続けて、オールスターにも3年連続で出場と巨人の中軸として活躍していたが、92年オフに監督が長嶋監督に交代すると打撃コーチとして入閣した中畑コーチと秋季キャンプで衝突して流れが変わり始める。

FA移籍
翌93年には売り言葉に買い言葉で中畑コーチとの確執が大きくなり5月22日の阪神戦で連続試合出場が450試合でストップした。同年は打率.249と大きく数字を落とし、藤田前監督に電話で相談すると、藤田前監督はチーム内部の動きを探ってくれて「このままだとトレードだ。巨人を出る勇気と根性はあるか?」と忠告をくれた。巨人が同年のオフに駒田とポジションがかぶる大打者落合 博光をFAで獲得する事が予想された事もあって駒田は移籍を決意して、FAで駒田は横浜に入団した。会見では「大変やりがいを感じる。骨をうずめるつもりで頑張る。球場が街の真ん中にあって格好いいね」

セリーグ記録
横浜に入団した駒田だったが駒田獲得資金を捻出するために長年チームを支えてきた球団の顔である高木豊、屋鋪ら含む大量解雇を横浜が行った事もあってファンの間では賛否両論が巻き起こった。そんななか始まった94年シーズンに駒田は打率.284、13本塁打とまずまずの数字を残したが、左打者でありながらセリーグ記録の29併殺に自己最多の95三振を記録した事もあって駒田はヤジを浴びつづけた。

満塁男
96年には8月22日巨人戦で0対2とリードされて迎えた8回表に横浜が宮里のヒットなどで無死満塁という大チャンスを作り、駒田は「1点差か同点、もしかしたら逆転して自分に打席が回ってくるかな」と思っていたが、ブラッグス、畠山が倒れてあっけなくツーアウトになってしまう。巨人ファンから「打つな」コールが鳴り響く中で打席に入った駒田は河野のストレートを振り抜き打球はライトスタンドに突き刺さる自身9本目のグランドスラムとなった。

首位肉迫
97年8月24日巨人戦ではサヨナラ犠飛を放ち首位ヤクルトに2.5ゲーム差と迫った。「周りはいろいろ優勝への星勘定をするけれど、これまでだって計算できない勝ち方をしてきて今がある。今までの歴史にはない違った勝ち方で優勝したい。それが横浜らしいよ」

70000万号
巨人時代の87年9月7日に横浜スタジアムで行われた大洋戦でプロ野球通算5万5千号を打った駒田だったが、97年9月9日には東京ドームの巨人戦でプロ野球通算7万号本塁打を放った。

目をつぶって
98年4月18日中日戦。3年近くヒットを打っていない大の苦手である山本昌と対戦して力ない空振り三振に倒れると、権藤監督から「あんなぶざまな三振してくるなんてお客さんに失礼とは思わんかい!おまえがやることか!目をつぶってもいいから思いっきり振って来んかい!」と激しい叱責を受けた。すると駒田は1対1の同点で迎えた5回裏に山本昌に2−1と追い込まれながらフルスイングをして11本目の満塁ホームランを放って見せた。

6年連続満塁弾
98年5月12日広島戦で野村克也に並ぶ12本目の満塁アーチを放った。横浜に移籍後の94年から99年まで6年連続で満塁ホームランを放ち、自身の日本記録を更新した。

キャプテン
98年にはキャプテンとして優勝争いの経験がないチームを引っ張った。「この優勝はみんなで勝ち取ったもの。巨人時代の優勝はベテランについていったもの。今回は自分たちで何とか工夫しての優勝で充実感が漂うね」

日本シリーズ優秀選手
日本シリーズでは第4戦までは不振にあえいだが、2勝2敗で迎えた第5戦では満塁走者一掃のスリーベースを含む4安打5打点という活躍で勝利に貢献。続く第6戦では川村、西口の息詰まる投手戦で0対0のまま迎えた8回裏にライトフェンスを直撃する先制の2点タイムリーツーベースを放って優秀選手賞を獲得した。「あの場面は僕のためにあったようなものだね。あー疲れた。みんな以上に僕が疲れているよ」

ゴールデングラブ10回
ゴールデングラブ賞を西武の伊東 勤の11回に次ぐ史上2位でファースト史上最多の10回受賞。横浜移籍後も6年連続で受賞するなど獲得するなど非常に守備はうまかったが、浜スタ特有の一塁上空に舞う風には苦戦して、フライが上がると右往左往する事もあった。

伏線
99年は5月18日から6月17日まで25試合連続安打を記録するなどまずまずの成績を残していたが、99年7月17日中日戦で連続試合出場が739試合でストップした。このことや作戦面での対立から権藤監督との間に亀裂が深まっていった。99年の10月には内部崩壊を起こし始めたチームに危機感を持った選手会長の石井が首脳陣と選手を集めて話し合いを行なった際に石井から「駒田さん、何かありますか?」と振られた際にキャプテンを務めていたこともあって駒田は「同じ釜の飯というじゃないですか。3つも4つも釜があると、どれを食べていいのか分かりません」とチーム状況を表現して権藤監督との亀裂は決定的になってしまった。

父の日
00年6月18日広島戦、2000安打にあと30安打と迫っていた駒田に事件が起こった、6回二死一二塁のチャンスで打席が回ってきた。ところが打席に向かっていた駒田に権藤監督は代打中根を告げた。右投手のミンチーにもかかわらず右打者を代打に出されたことに激怒した駒田はバットとヘルメットを投げつけて、ユニホームをゴミ箱に捨て、ロッカールームで暴れまわった。実はこの日は父の日で家族がスタンドに来ており、しかもその様子をテレビが密着取材していた。山下ヘッドコーチから「今日は帰っていいから」と言われて帰宅したが、無断帰宅の職場放棄と報道されて、駒田には罰金と二軍降格のペナルティがかせられた。

2000安打
2000安打を目前にして二軍に落とされた駒田だったが、一月後に再登録されると9月7日中日戦で野口からレフト線に二塁打を放って2000本安打を達成した。だが駒田は9月下旬に横浜から戦力外通告を受ける。2球団で1000安打という大記録まであと21本での戦力外通告だった。駒田は「まだやれる自信がある」と現役続行を表明し、自由契約となって声がかかるのを待ったが、他球団からの誘いがなく、翌年の一月になって引退を決意した。

12年連続100安打
際立っていい成績を残した年はないが、88年から12年連続で100安打以上を記録するなど「無事此れ名馬」を地で行く頑丈な身体で安定した成績を残した。また固め打ちが得意で猛打賞を142回も記録した。引退後は独立リーグの四国アイランドリーグの高知で監督を務める一方で自らのアイデアで試合後にバーのマスターとして野球ファンと交流する異色の日々を送った。





初記録
初出場 83年4月10日洋:7番ファーストで
初安打 83年4月10日洋:右田から
初本塁打 83年4月10日洋:右田から
初打点 83年4月10日洋:右田から
初盗塁
記録達成日
2000安打 00年9月6日中:野口から
2000試合 00年4月30日広島戦
1000三振 99年5月27日ヤクルト戦


その他の記録
プロ野球通算70000号 97年9月9日巨:ガルベスから
プロ野球通算55000号 87年9月7日洋:欠端から
739試合連続出場 93年−99年
25試合連続安打 99年5月18日−6月17日
シーズン29併殺打 セリーグ記録


81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 00
ベストナイン 1回
ゴールデングラブ 10回
オールスター 6回


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
83 巨人 86 182 27 52 5 2 12 97 47 2 1 3 0 13 1 31 5 3 .286
84 巨人 79 84 11 20 3 1 2 31 11 1 0 0 0 7 0 21 3 1 .238
85 巨人 92 151 13 38 7 1 3 56 20 1 1 2 2 15 2 24 4 1 .252
86 巨人 64 101 13 26 6 0 3 41 18 1 0 3 1 15 0 21 2 0 .257
87 巨人 113 331 50 95 7 1 15 149 40 1 1 8 2 29 1 55 6 7 .287
88 巨人 116 365 45 112 22 2 11 171 40 0 4 6 1 32 0 43 11 4 .307
89 巨人 126 413 47 125 31 3 11 195 56 10 6 3 0 40 2 60 10 5 .303
90 巨人 130 470 70 135 27 3 22 234 83 7 3 0 5 51 2 70 11 7 .287
91 巨人 130 510 66 160 23 2 19 244 66 5 2 0 2 44 2 78 16 8 .314
92 巨人 130 505 73 155 25 1 27 263 64 1 4 0 2 47 2 70 10 3 .307
93 巨人 122 437 35 109 18 0 7 148 39 1 2 2 4 39 0 89 18 8 .249
94 横浜 130 525 60 149 33 2 13 225 68 0 1 0 3 28 2 95 29 8 .284
95 横浜 130 499 45 144 29 4 6 199 66 0 1 0 2 37 1 78 20 11 .289
96 横浜 130 485 57 145 22 1 10 199 63 1 3 1 2 45 1 78 18 7 .299
97 横浜 135 507 57 156 31 2 12 227 86 2 3 0 6 45 0 73 20 7 .308
98 横浜 136 551 63 155 25 1 9 209 81 0 2 0 8 27 0 86 21 12 .281
99 横浜 129 519 53 151 29 1 9 209 71 0 1 0 6 31 2 84 14 12 .291
00 横浜 85 306 25 79 14 0 4 105 34 2 0 0 1 18 1 57 11 3 .258
球団 7年 875 3392 360 979 183 11 63 1373 469 5 11 1 28 231 7 551 133 60 .289
通算 20年 2063 6941 810 2006 357 27 195 3002 953 35 35 28 47 563 19 1113 229 107 .289


  日本シリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
83 巨人 3 6 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .167
87 巨人 6 22 3 6 1 0 1 10 1 0 0 0 0 1 0 2 0 0 .273
89 巨人 7 23 4 12 3 0 1 18 5 1 0 0 0 3 0 3 0 2 .522
90 巨人 4 14 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 5 0 0 .143
98 横浜 6 25 3 7 1 1 0 10 7 0 0 0 0 1 0 4 0 0 .280
球団 1回 6 25 3 7 1 1 0 10 7 0 0 0 0 1 0 4 0 0 .280
通算 5回 26 96 10 28 5 1 2 41 14 1 0 0 0 6 0 15 0 2 .311


  オールスター打撃成績
回数 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算 6回 13 36 3 4 0 0 1 7 1 0 0 0 0 1 0 8 0 0 .111


  二軍打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四死 三振 併殺 失策 打率
00 湘南 18 74 8 26 6 1 2 40 15 0 0 0 2 11 3 0 .351
通算 1年 18 74 8 26 6 1 2 40 15 0 0 0 2 11 3 0 .351
球団在籍時のみ






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年