サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク


近藤 和彦



26
名前 こんどう かずひこ
生年月日 1936年3月2日
経歴 平安高校−明治大学−大洋−近鉄
入団年 58年に明治大学から入団
在籍年 58年−72年
背番号 58年−72年[26]
投打 左投げ左打ち
守備 内外野手
剣道
近藤は高槻中学時代から右ひざに水がたまる持病に悩まされていた。このひざを直そうと近藤の母親は和彦を剣道をやらせた。剣道で面を打つときの前後運動が膝にいいだろうと考えたらしい。

ポジションは代打
平安高校時代には、投手をやりたいと監督に申し出たが、希望は叶えられず近藤は代打専門で3年間を過ごした。明治大学に入ったときにも「ポジションは?」と聞かれて、「代打専門で、ポジションはありません」と答えている。このときはまだ天秤打法ではなく、大下や、与那嶺に憧れてバットを立てて構えていた。明大では2年春、3年春、4年春と3度のベストナインに輝いた。

天秤打法誕生1
58年2月16日、大洋に入団し鹿児島キャンプに来た近藤は、宿舎の錦港旅館で夜食を食べ終えると、大鏡の前で素振りを行っていた。そこに青田が通りかかった、30秒ほど素振りを見ていた青田が「おい和彦、相撲とろうや。」、と持ちかけてきた。身長では近藤が15センチも上回っていたが青田の上手投げで近藤は投げ飛ばされた。すると青田が「大下は手首が無類に強かった、与那嶺もアメリカンフットボールをやっていたから、凄い筋力を持っていた。お前みたいな非力なやつがそんな構えじゃプロのボールに負けるぞ、もっと速い球をどう打つか工夫してみろよ」、と近藤はキャンプ初日に打撃フォームを否定されてしまった。

天秤打法誕生2
青田と分かれた後、近藤はバットを持ってフォームを模索していた、斜めにしてみたり、立ててみたりしてるうちに、何気なくバットで剣道の面を打ってみた。すると近藤は「これだ!」と閃いた。面の素振りは両手を15センチほど離して構える、これが以外にバットでもスムーズに行える。次に近藤は「剣道の面は上下の素振りだ、これをどうしたら野球の地面に水平な素振りにするか?。」と考え、両手を15センチ離しながら、バットを横に寝かせて、頭上で軽く上下させてみた。するとどうだろう実に楽にバットが触れるではないか。こうして青田に否定されてから数時間で天秤打法は生まれた。

思わぬ難敵
ところで天秤打法には弱点があった。天秤打法は投手が投げ始めてから、バットを振り出す位置に持っていきタイミングを合わせるのだが、これが投球マシンではさっぱりうまくいかない、何と言ってもマシンには腕がない、だからタイミングが全く合わないのだ。しばらく悩んだ末に近藤は一切マシンでの練習は行わなくなった。

新人王ならず
レギュラー取りも青田が絡んでいた、一年目開幕からベンチ入りしたが、最初は代打だった。7月になって中日戦で青田が二塁打を打って滑り込んだ際に足首を捻挫し、次の守りから近藤がライトに入った。青田はそれ以後ヒットを二本も打つと「おいカズ、代われや」と近藤に出番を譲った。こうして出番を増やした近藤は、円月殺法とも言われた奇天烈な打ち方で打率270、自己最高の13本塁打を放った、新人として申し分のない成績だが、同期に二冠王の長嶋がいたため新人王を逃した。

サヨナラ
60年7月17日ダブルヘッダー第二戦巨人戦、大混戦のセリーグで首位戦線にとどまっていた大洋だったが7月15日から始まった巨人4連戦で3連敗を喫してあとのない4戦目を迎えていた。試合は島田、秋山という両エースの奮闘もあって2対2で9回裏に入った。そして一死ランナーなしで打席に入った近藤は巨人の堀本の内角ストレートを振りぬき、ライトスタンドにサヨナラホームランを叩き込んだ。三原監督は「チームにとって最大のピンチを救った」と近藤を褒め称えた。近藤は三原監督が退場となった7月31日中日戦でもサヨナラヒットを放っている。

初優勝
60年は首位打者は同期の長嶋に譲ったが打率.316で初優勝に貢献した。

サイクルヒット
61年7月8日阪神戦ではヒット、二塁打、三塁打を放って迎えた第五打席にホームランを放ち見事にサイクルヒットを達成した。

快速鈍行列車
明大時代からのニックネームは「ドンコ」、最初は近藤を逆さから呼んだ「ウドンコ」だったが、近藤のあまりの足の遅さに、鈍行列車にかけて「ドンコ」になった。それほど足は遅かった近藤だが、それがなんと61年には35盗塁で盗塁王を獲得した、友人に「何の賞をもらったんだい?」と聞かれるたびに「それが妙な話、盗塁王なんだ」と近藤は照れた。

MVP
63年オールスターゲームでは稲尾から球宴史上初のサヨナラ本塁打を放ちMVP。またオールスターでは60年の第三戦から、64年の第一戦まで9試合連続ヒットという記録も打ち立てた。これは00年位イチローに抜かれるまで日本記録だった。

幻のサヨナラ
66年5月10日阪神戦では3点をリードされて迎えた9回裏に伊藤のツーランを放って追い上げると、続く重松がレフトスタンドに運んで同点に追い付いた。そして続く近藤和もバッキーから三者連続ホームランとなる左翼ポール直撃のサヨナラアーチを放った。大歓声の中ホームインしてベンチに帰ると新聞記者に囲まれてインタビューが始まった。そこに三原監督がやってきてこう言った「和よ、やりなおしだ。」、実は近藤がホームランを打つ直前にライトスタンドの大洋ファンが空き瓶が投げ込んだためタイムがかかっていて、サヨナラホームランが取り消しになっていた。近藤が打ち直した打球はピッチャーゴロに終わり、試合も負けてしまった。

打率2位
60年、61年と首位打者争いで長嶋に破れ続け、2位に甘んじた、62年は長嶋には勝ったものの森永に破れ、またしても2位で歴代唯一の3年連続打率2位を記録。さらに67年は中日の中、巨人の王との熾烈な争いの末、最終戦の対中日ダブルヘッダーで中と直接対決になり、2試合で中が8打数6安打、近藤が8打数1安打でまたも2位に終わった。

単打王8回
近藤は通算1736安打を放ったが、内訳としては実に8割近くの1387安打が単打で、最多安打は1度だが最多単打はプロ野球史上歴代1位の8回獲得。1本のバット折らずに4年間使ったことさえあるという。

グラブ
近藤は外野を守ったが、試合中に外野から一塁に回されることもよくあった。そんなとき近藤は「グラブから、急にミットに変えると重く感じるんです」と言って外野グラブをファーストミットに変えることもなく一塁の守備ついた。プロ野球史上グラブでファーストを守ったのは近藤だけである。

「涙」の引退
近藤は73年に引退したが引退の理由も聞かれると、「涙なんですよ、投手の動作を20秒、25秒とまばたきしないで見ていると、涙で投手が見えなくなる。最後の一年は近鉄に移籍しましたが、そこで決めたんですね。」、絶頂期には90秒まばたきしないで耐えられた。それが30秒耐えられなくなった時に、近藤は自らの老いを感じバットを置いた。

ベストナイン7回
タイトルこそ少ないが球団記録のベストナイン7回が示すように、その能力の高さは折紙付で最多安打、盗塁王、最高守備率2度と走、攻、守、全てにすぐれた職人であった。





初記録
初出場
初安打 堀内庄から
初本塁打
初打点
初盗塁
記録達成日
1000安打
1500安打 68年9月2日巨人戦



その他の記録
サイクルヒット 61年7月8日阪神戦
最多単打8回 60-63、65-68年
球宴初のサヨナラ本塁打 63年





58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73
最多安打 1回
盗塁王 1回
ベストナイン 7回
オールスター 9回


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
58 大洋 121 418 51 113 15 3 13 173 37 10 7 1 2 43 4 43 7 3 .270
59 大洋 110 409 45 114 17 4 8 163 22 6 6 3 1 31 3 37 7 7 .279
60 大洋 128 459 60 145 21 4 7 195 55 20 12 5 5 55 1 45 5 5 .316
61 大洋 130 475 72 150 21 3 11 210 48 35 10 5 0 74 1 50 6 5 .316
62 大洋 130 471 71 138 11 0 8 173 38 15 11 15 6 48 2 36 3 1 .293
63 大洋 139 485 62 148 10 1 7 181 42 19 5 9 8 77 4 34 5 4 .305
64 大洋 138 510 66 139 25 2 7 189 35 7 7 9 1 63 3 41 8 8 .273
65 大洋 134 493 75 152 24 0 9 203 33 15 13 9 4 54 1 51 7 5 .308
66 大洋 130 482 59 145 14 2 7 184 34 14 6 4 0 49 3 50 4 4 .301
67 大洋 119 422 62 138 18 0 7 177 33 6 8 16 3 37 5 54 4 4 .327
68 大洋 126 472 55 137 19 1 5 173 28 2 7 9 3 45 2 50 9 1 .290
69 大洋 122 444 44 106 12 0 9 145 29 5 2 6 2 48 3 66 9 4 .239
70 大洋 97 299 29 76 8 0 7 105 28 4 1 4 1 33 1 36 5 6 .254
71 大洋 67 137 9 19 2 0 3 30 12 0 0 2 1 17 1 15 3 2 .139
72 大洋 46 51 6 5 2 0 1 10 5 0 0 0 1 4 0 10 6 0 .098
73 近鉄 52 54 2 11 1 0 0 12 4 1 0 2 0 6 1 12 0 0 .204
球団 15年 1737 6027 766 1725 219 20 109 2311 479 158 95 97 38 677 34 618 88 59 .286
通算 16年 1789 6081 768 1736 220 20 109 2323 483 159 95 99 38 683 35 630 88 59 .285


  日本シリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
60 大洋 4 15 2 6 1 0 0 7 0 2 0 0 0 0 1 2 0 0 .400


  オールスター打撃成績
回数 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算 9回 25 74 10 25 6 0 2 37 6 1 1 0 0 9 0 8 0 0 .338






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年