サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手




















MLB記録 タイトル

関連リンク


クルーン



42
名前 Marc Jason Kroon
生年月日 1973年4月2日
経歴 シャドーマウンテン高−パドレス−(中略)−ロッキーズ−横浜−巨人
入団年 05年にロッキーズから移籍。
在籍年 05年−07年
背番号 05年−07年[42]
投打 右投げ右打ち
守備 投手
ドラフト2位
クルーンは父親の顔を知らずに育つなど幼い頃から苦労して来ていて、高校時代にもセレクションでの落選が続くなど、なかなか日が当たらなかった。高校3年時にシリングの母校として知られるシャドーマウンテン高に転校した事が転機となった。外野手として合格したクルーンだったが、センターからのバックホームが監督の目に留まって投手に転向。すると高校生にして150キロを越えるストレートを連発したクルーンは、91年にドラフト2位という上位指名で憧れのメッツに入団した。

マイナー69セーブ
94年にパドレスに移籍すると翌年メジャー昇格。01年にヒジの手術を行い01-02年は登板無しに終わる。医師からは「もう投げられない」と言われたが、母に進められた民間療法で奇跡的に03年に復帰登板を果たした。04年にはAAAで2勝3敗20セーブ、防御率2.72と活躍しメジャーに再昇格するも、初勝利は挙げられなかった。マイナー通算は41勝49敗69セーブ。

日本最速
05年4月30日中日戦、試合は7回表が終わって0対4と中日にリードされていたが、7回裏に種田のツーランなどで同点に追いつくと、8回裏には4点の勝ち越しに成功した。そして9回表のマウンドには佐々木に代わってストッパーを任されたクルーンが上がった。クルーンは前日の調整登板で157キロを計測しており、日本記録への期待が高まるなかの登板だった。そしてクルーンは先頭の井上の初球にいきなり155キロを投げると、二球目156キロ、3球目が157キロと徐々にスピードを増して、4球目にフォークを挟んだ後の5球目に日本タイ記録となる158キロで井上を空振り三振に切って取った。

日本最速2
05年5月11日楽天との交流戦。2点リード9回二死から登板したクルーンは、高須への初球にいきなり日本タイ記録の158キロを記録すると、内角高めに投げ込まれた二球目は日本新記録となる159キロをマークした。クルーンは「非常に名誉なことだが、何よりも勝利に貢献できたことがうれしい」と勝利の余韻に浸った。

日本最速3
159キロを記録したクルーンには当然のように、夢の160キロが期待されたが、それから159キロを9球も記録しながら、なかなか夢の160キロは実現出来なかった。そんな中迎えた05年7月19日阪神戦、先発の三浦が9回を1失点に抑えながら打線が打てずに1対1の同点のまま延長に入り、12回の裏にクルーンが登板した。クルーンはいきなり159キロを4球記録するなど絶好調。そしてついに赤星の6球目が161キロと計測されると敵地甲子園は大きなドヨメキに包まれた。そしてそのドヨメキが収まらないなか、クルーンは続く鳥谷の初球に史上2位となる160キロを計測した。クルーンは「4万人を超える観客と、1点もやれないという好試合で力が入った。そのコンビネーションで記録は出たと思う」

悪夢
06年5月27日オリックス戦。試合は5回表に石井のツーランで逆転すると、6対3とリードしたまま9回裏に入った。もちろん9回のマウンドにはクルーンが上がったが、開幕から調子の上がらないクルーンは先頭の牧田にライト前に運ばれると、続く村松に四球を与えてしまう。塩崎は三振に切って取ったが水口にもヒットを打たれて、一打出れば大逆転という場面で清原を迎えてしまう。そして打席に入った千両役者の清原は、クルーンの152キロのストレートをライトスタンドに弾き返して、つり銭なしの逆転サヨナラ満塁ホームランという最悪の結末になった。お立ち台に上がった清原は「21年間で一番嬉しいホームラン」と語り、何度もガッツポーズをして見せた。

日本最速4
悪夢からちょうど2週間後の6月10日、舞台を横浜スタジアムに移して行なわれたオリックス戦。試合は村田の逆転タイムリーなどで、7対4と3点リードのまま9回表に入った。マウンドに上がったクルーンは前回の轍を踏まえて、変化球を交えて簡単に二死を取ると打席には因縁の清原が打席に入った。クルーンは初球カーブでストライクを取ると、2球目に自身二度目の161キロ、3球目に160キロと100マイルを連発して追い込むと、最後は146キロのフォークで空振り三振に切って取った。雪辱を果たしたクルーンは何度もリベンジと口にした。

巨人移籍
07年には3勝1敗31セーブという高成績を残したこともあり球団に高額年棒を要求。球団も条件付きながら2年5億円を提示したと報道されたが、12月5日に以前から噂のあった巨人への移籍が決まった。年俸は横浜とほぼ同様の条件付き2年5億5000万円と発表されたが、一部では大リーグ関係者の話として2年8億8000万円と報道され、クルーンも自身のホームページで「ベイスターズのオファーは初めから非競争的だった」と巨人との年俸差が大きかったこと暗に認めている。

史上最速5
08年には6月1日のソフトバンク戦で延長10回裏に松田を2−0と追い込むと3球目のストレートが史上最速の162キロを記録した。外角低めに外れる完全なボール球だったが松田は思わず手を出して空振り三振に倒れた。同年には防御率2.21で巨人の球団新記録を大幅に更新する41セーブを記録して最多セーブに輝いた。

最速150セーブ
09年には9月19日のヤクルト戦で史上8人目の150セーブを達成。250試合登板での150セーブは史上最速だった。クルーンは「僕にチャンスを与えてくれた牛島さん、抑えの心得を教えてくれた佐々木さんに感謝している」とコメントした。同年には故障で一時離脱したが、46試合に登板して防御率1.26、1勝3敗27セーブという好成績を残した。

::
10年は春先から不安定な投球が続き、7月18日の横浜戦では一死一塁から連続四球で一死満塁というピンチを招くとハーパーに逆転サヨナラ満塁ホームランを運ばれて自身2度目の釣銭なしの逆転サヨナラ満塁本塁打を記録してしまった。その後も本来のピッチングを取り戻せず、防御率4.26に終わって巨人を退団した。





初記録
初登板 05年4月2日中日戦
初勝利 05年4月19日ヤクルト戦
初奪三振 05年4月2日中日戦:アレックスから
初完投
初セーブ 05年5月3日巨人戦
記録達成日
158キロ 05年4月30日中日戦:井上から
159キロ 05年5月11日楽天戦:高須から
160キロ 05年7月19日阪神戦:鳥谷から
161キロ 05年7月19日阪神戦:赤星から
162キロ 08年6月1日ソフトバンク戦:松田から


05 06 07 08 09 10
最多セーブ 1回
オールスター 4回


  投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
05 横浜 55 0 0 3 2 26 53.1 42 2 23 0 61 1 0 18 16 2.70
06 横浜 47 0 0 2 5 27 48.0 38 4 8 1 70 4 0 16 16 3.00
07 横浜 43 0 0 3 1 31 42.1 35 3 15 2 65 5 0 14 13 2.76
08 巨人 61 0 0 1 4 41 61.0 34 1 27 3 91 13 0 18 15 2.21
09 巨人 46 0 0 1 3 27 50.0 36 1 19 2 57 4 0 10 7 1.26
10 巨人 52 0 0 4 3 25 50.2 35 5 29 0 73 4 0 25 24 4.26
球団 3年 145 0 0 8 8 84 143.2 115 9 46 3 196 10 0 48 45 2.82
通算 6年 304 0 0 14 18 177 305.1 220 16 121 8 417 31 0 101 91 2.68


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
05 横浜 55 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 .000
06 横浜 47 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000
07 横浜 43 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
08 巨人 61 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000
09 巨人 46 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
10 巨人 52 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000
球団 3年 145 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2 .000
通算 6年 304 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 3 .000


  日本シリーズ投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
08 巨人 2 0 0 0 0 1 2.0 2 1 0 0 4 0 0 1 1 4.50
09 巨人 3 0 0 0 0 3 3.1 3 0 2 0 4 0 0 1 1 2.70
通算 2年 5 0 0 0 0 4 5.1 5 1 2 0 8 0 0 2 2 3.38


  日本シリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
08 巨人 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
09 巨人 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000
通算 2年 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000


  プレーオフ投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
08 巨人 3 0 0 1 1 0 2.0 2 0 2 1 4 0 0 2 2 9.00
09 巨人 3 0 0 0 0 2 3.1 1 0 0 0 3 2 0 0 0 0.00
10 巨人 2 0 0 00 0 0 2.0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0.00
通算 3年 8 0 0 1 1 2 7.1 3 0 3 1 8 2 0 2 2 2.45


  プレーオフ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
08 巨人 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
09 巨人 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
10 巨人 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 3年 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000


  オールスター投球成績
回数 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
通算 4回 5 0 0 0 0 3 4.1 4 1 0 1 4 0 0 2 2 4.15


  MLB投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
95 パドレス 2 0 0 0 1 0 1.2 1 0 2 0 2 0 0 2 2 10.80
97 パドレス 12 0 0 0 1 0 11.1 14 2 5 1 12 1 0 9 8 6.35
98 レッズ 4 0 0 0 0 0 5.1 7 0 8 1 4 2 1 8 8 13.50
98 パドレス 2 0 0 0 0 0 2.1 0 0 1 0 2 0 0 0 0 0.00
04 ロッキーズ 6 0 0 0 0 0 6.0 7 1 10 0 3 1 0 4 4 6.00
通算 4年 26 0 0 0 2 0 26.2 29 3 26 2 23 4 1 23 22 7.43


  MLB打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
95 パドレス 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
97 パドレス 12 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
98 レッズ 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
98 パドレス 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
04 ロッキーズ 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
通算 4年 24 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000


  二軍投球成績
チーム 登板 完投 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四死 三振 失点 自責 防御率
06 湘南 1 0 0 0 0 1.0 0 0 0 1 0 0 0.00
通算 1年 1 0 0 0 0 1.0 0 0 0 1 0 0 0.00
球団在籍時のみ






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年