サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク


桑田 武




名前 くわた たけし
生年月日 1937年1月5日
経歴 荏原高−中央大−大洋−巨人−ヤクルト
入団年 59年に中央大から入団
在籍年 59年−68年
背番号 59年−68年[8]
投打 右投げ右打ち
守備 内野手
カレーライス
荏原高校時代は3番を打っていた。4番を打っていたのは金井 武夫で、寺尾中の頃から仲の良かった二人はよく相撲をとったが10番中6〜7番は桑田が勝った。なお金井はのちに大相撲で「金ノ花」というシコ名で小結にまで出世している。中大時代には駿河台の食堂でカレーライスを6杯たいらげたという逸話を持っている。4年春に東都大学MVP。

新人王
プロ入団時には争奪戦となったが中大のマネージャーが大洋に入社していたこともあって大洋に入団。開幕戦から4番を任されて、当初初年度の目標に掲げていた「10本塁打、30打点」を5月に達成すると、その後も打ちまくって31本塁打、84打点を放ち新人王に輝いた。31本塁打は前年の長嶋茂雄が記録した新人29本塁打を超える新人最多記録になった。同年に18勝10敗で防御率1.19という驚異的な数字を残して、沢村賞にまで輝きながら、桑田に新人王をさらわれた阪神の村山 実は晩年まで悔しがっていた。

120点
60年に就任した三原監督からは、「3打席連続三振でもいいから、4打席目にホームランを打ってくれればいいんだ。君には70点平均を望んでいない。どこかで120点を出してくれればいいんだ」と言われた。桑田はその言葉どおりにレベルスイングからアッパースイングに変えた。すると不思議なことに本塁打は半減し、打率は自身唯一の3割を記録した。

金田から
60年のヤクルト戦で、金田の内角ストレートを三塁線を抜くツーベースにした。続く打席で金田はまたも内角にストレートを投げ込んできた、桑田はそれをはじき返し、同じように三塁線を抜くツーベースにした。すると二塁ベース上の桑田に金田が近づいてきた。「あのボールをよく打ったな。これまで俺の、あのボールを続けて打ったヤツは一人もいない。お前が初めてだぞ」と声をかけられた。桑田は「自分のバッティングに自信を持ったのは、このときが最初で最後かな」

:8打数8安打:
60年4月24日に行なわれた広島とのダブルヘッダー初戦で四球を含む4打数4安打を記録すると、ダブルヘッダーの第2戦でもスリーベースとツーベースを含む4打数4安打を放って、1日で8打数8安打1四球を記録する凄まじい活躍を見せた。

優勝へ
60年6月29日、下関球場で行われた巨人とのダブルヘッダー。第一戦を延長12回の末に、巨人の森昌彦のサヨナラ悪送球で物にして迎えた第二戦。試合は一方的な巨人ペースで、2回が終わって0対5と大きく引き離されてしまった。だが選手たちは「逆転するぞ!」と声を掛け合って、徐々に反撃を開始する。そして8回に鈴木武のタイムリーで6対6の同点に追いつくと、延長12回の裏に桑田が義原武俊からライトスタンドにサヨナラ本塁打を放ち、2試合連続で引き分け寸前の12回にサヨナラという奇跡的な一日を達成した。この日から大洋の初優勝は現実味を帯び始めた。

1対3
60年のオールスター、試合前のホームラン競争に出場した桑田はパリーグ三人の合計8本を、一人で上回る9本塁打を放った。水原監督は「あとの二人はもう打たなくていいぞ。」と声をかけた。だがオールスターには6回出場するも本塁打は打てなかった。

開幕2戦で
61年には、当時の日本記録である3本のサヨナラ本塁打を記録、しかも一本目は延長戦となった開幕戦で放ち、二本目は、その翌日の開幕二戦目の9回二死から飛び出した逆転サヨナラスリーランであった。

惜しくも
64年には5月30日の巨人戦から6月24日の広島戦まで20試合連続ヒットを記録するなど好成績を残して自己ダントツの161安打で最多安打を獲得。打率も自己2位の.299で打点は自己最多の96打点とメガトン打線の中軸として大活躍し、チームも優勝目前まで行ったが最終的には阪神に抜かれて1ゲーム差の2位に終わった。

大型サード
主にサードを守ったが、67年には内野全てに外野まで守るなどユーティリティープレーヤーぶりを発揮、だが守備はとても誉められてたものではなく、ショートを守った64-65年には2年連続で最多エラーを記録。のちの田代、古木と続いていく大型サード達の守備がお粗末なのは桑田から続くチームの伝統である。

移籍
67年には打率.265で、27本塁打と活躍し7年連続20本塁打を達成したが、68年に就任した別当監督とはウマが合わず、起用方を巡って対立し遠征先の旅館でバットを持って追いかけて取っ組み合う事件が起こるなど114打数で15安打、本塁打はわずか1本に終わった。オフシーズンになると近鉄の監督になっていた三原が獲得を打診するが、桑田がパリーグを拒否して巨人に移籍。巨人では王、長嶋に続く5番として期待されたが1本のヒットも打てなかった。

::
59年、61年、66年と3度の4試合連続ホームランを記録。

逮捕
70年はヤクルトに移籍したが、オートレース八百長事件で逮捕。結局大洋を出てからは1本もヒットを打てず、大洋時代の68年7月17日の巨人戦の2打席目から47打席連続ノーヒットという記録を継続したまま引退となった。

備考
小津安二郎監督の遺作である「秋刀魚の味」のワンシーンで、白黒TVに写る桑田の姿がある。





初記録
初出場
初安打
初本塁打
初打点
初盗塁
その他の記録
200本塁打 67年5月18日
連続試合サヨナラ本塁打 61年4月8日-4月9日





59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
新人王 1回
本塁打王 1回
打点王 1回
最多安打 1回
オールスター 6回


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
59 大洋 125 435 64 117 20 3 31 236 84 25 8 0 2 58 4 99 13 11 .269
60 大洋 114 392 50 118 15 7 16 195 67 16 3 0 4 44 3 72 10 16 .301
61 大洋 130 471 70 132 25 3 25 238 94 20 5 4 3 53 1 108 10 21 .280
62 大洋 112 431 50 112 18 0 22 196 48 2 1 0 1 34 0 83 11 16 .260
63 大洋 139 493 65 118 25 1 25 220 76 7 6 2 8 58 3 72 21 14 .239
64 大洋 140 539 75 161 30 1 27 274 96 5 6 0 5 49 3 81 13 30 .299
65 大洋 132 480 65 128 21 3 24 227 75 5 3 0 4 36 0 84 11 20 .267
66 大洋 119 441 48 105 12 0 25 192 64 3 2 2 3 18 1 70 13 15 .238
67 大洋 118 400 62 106 14 1 27 203 63 5 2 2 1 35 6 73 9 14 .265
68 大洋 49 114 5 15 2 0 1 20 7 1 2 2 1 13 1 34 5 1 .132
69 巨人 13 14 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 8 1 0 .000
70 ヤクルト 3 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 .000
球団 10年 1178 4196 554 1112 182 19 223 2001 674 89 37 12 32 398 22 776 116 158 .265
通算 12年 1194 4214 554 1112 182 19 223 2001 674 89 37 12 32 401 22 787 117 158 .264


  日本シリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
60 大洋 4 15 1 3 0 0 0 3 1 1 1 0 0 1 0 2 0 0 .200


  オールスター打撃成績
回数 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算 6回 14 38 1 6 0 0 0 6 1 0 1 0 1 3 0 11 0 5 .158






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年