サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク

森 徹



名前 もり とおる
生年月日 1935年11月3日
経歴 早稲田大学高等学院−早稲田大−中日−大洋−東京
入団年 62年に中日から移籍
在籍年 62年−65年
背番号 62年−65年[6]
投打 右投げ右打ち
守備 外野手
力道山
森 徹は満州で手広く事業を行なっていた森家の次男として生まれた。戦時中には当時大相撲の関脇だった力道山が慰問で満州を訪れた際に森家と懇意になって、力道山は徹を弟のように可愛がったという。徹は3人兄弟で育ったが、森が10歳のころ兄は戦死し、妹は病死した。それからすぐに父も亡くなり、戦後になると母とともに満州から函館に引き上げてきた。知人の家に預けられた12歳の森はその後に東京に移り住んで早大学院高に入学。早大学院高では柔道選手としても有名だった。力道山の影響もあって早くからウエイト・トレーニングに精を出して173センチにして95キロという屈強な体を作り上げた。

ベストナイン4回
早稲田大では1年時には柔道部と野球を掛け持ちしていたが、野球に専念した2年春からの3季連続を含む4度のベストナイン。2年秋の早慶戦では第1戦で藤田 元司から先制の2点タイムリー、第3戦では同じく藤田 元司から1対1の同点で迎えた延長11回表に決勝ツーランを放って早稲田の完全優勝に大きく貢献し、試合後にはチームメイトから胴上げされた。

新人王ならず
58年に中日に入団するとルーキーにもかかわらず開幕戦で4番を任されて本塁打を放つなど活躍、9月17日の阪神戦から21日の大洋戦まで4試合連続ホームランを記録するなどリーグを2位の23本塁打を放った。73打点も記録するなど新人として申し分の無い活躍を見せたが、シーズン中盤に病気で離脱したことが響いて新人王は長嶋にさらわれた。

二冠王
59年にはシーズン最終戦の阪神戦で通算100勝がかかっていた阪神のエース小山から2本塁打を放って本塁打数を31本として大洋のルーキー桑田 武と共に本塁打王に輝き、87打点で打点王も獲得した。球界を代表する選手になりつつあったが、4年目の61年に濃人 渉が監督に就任した事をきっかけに状況が一変。就任当初に自宅を訪ねてきた濃人監督からキャプテンに指名されると、森はしぶしぶ引き受けたが同僚から「監督が森を大人しくさせるためにキャプテンにすると言っていた」と告げられて激怒、監督と共に出演したTV番組で「適当にやるよ」とコメントして関係が悪化した。

力道山の力で大洋移籍
選手の好き嫌いが多かった濃人監督との対立が表面化して、61年オフには南海とのトレードが画策されたが、この話を聞きつけた力道山が中日フロントに「森を南海に出すのなら、その原因を作った濃人監督を辞めさせて喧嘩両成敗にするのが筋。さもなければ森が行きたいという球団に出すべきだ」と直談判した。フロントは国民的なスターだった力道山の説得に折れて、主力選手の森を交換相手なしの金銭トレードという形で大洋へ放出した。森が大洋への移籍を選択したのは大学時代の監督である森 茂雄が球団社長で監督が大学の先輩である三原であったことも影響したが、それよりも中日と同じセ・リーグへの移籍に拘ったからだと言われている。

ロッテに移籍
66年にロッテに移籍したが翌67年に二軍監督だった因縁の濃人がヘッドコーチに昇格し、その後シーズン中に戸倉監督が成績不振で休養すると濃人がチームの指揮を執ることになり、森はスタメンが外されることが多くなった。翌68年にはハワイキャンプのメンバーからも外された森は永田オーナーの説得を振り切って引退を決意した。


森は乱視と斜視という野球選手として致命的な欠陥な持っていた。乱視は眼鏡で何とかなったが、斜視はどうしようもなかった。そのせいでインハイのストレートは大の苦手だったが、それを隠すためにホームランを打つたびに「打った球はインコース高めのまっすぐ」と答え続けた。現役時代に森の目が悪いことを見抜いたのは三原監督だけだったという。

グローバルリーグで監督
引退後の69年にはアメリカで発足した中南米やアジアを巻き込んだ世界規模のリーグ戦であるグローバルリーグに東京ドラゴンズの監督として参加。森は精力的に選手の練習に加わって、選手のレベルアップに尽くしチームも好調なスタートを切ったが、リーグそのものが開幕から1カ月程度で資金難から解散となってしまった。その後はプロ野球OBクラブで指導者の育成に尽力した。





初記録
初出場
初安打
初本塁打
初打点
初盗塁
記録達成日
100本塁打






58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68
本塁打王 1回
打点王 1回
ベストナイン 3回
オールスター 5回


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
58 中日 112 421 46 104 18 1 23 193 73 7 7 3 2 18 3 85 9 5 .247
59 中日 130 486 66 137 27 5 31 267 87 9 6 0 9 37 4 77 12 6 .282
60 中日 129 469 61 129 22 3 21 220 72 9 9 0 4 45 5 67 17 3 .275
61 中日 123 428 34 109 19 0 13 167 60 5 6 0 6 26 3 60 8 6 .255
62 大洋 133 481 62 122 18 3 22 212 67 2 7 0 4 21 3 65 13 3 .254
63 大洋 134 466 49 112 23 2 24 211 68 5 7 1 3 27 1 57 19 5 .240
64 大洋 130 357 39 91 15 2 15 155 54 4 4 3 3 18 2 31 13 5 .255
65 大洋 87 162 18 31 4 0 13 74 28 3 0 1 0 3 2 19 6 1 .191
66 東京 101 333 37 71 10 1 17 134 43 8 4 1 0 25 4 60 7 0 .213
67 東京 91 256 20 65 9 2 10 108 33 4 1 0 0 8 1 45 11 2 .254
68 東京 7 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 .000
球団 4年 484 1466 168 356 60 7 74 652 217 14 18 5 10 69 8 172 51 14 .243
通算 11年 1177 3868 432 971 165 19 189 1741 585 56 51 9 31 228 28 568 115 36 .251


  オールスター打撃成績
回数 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算 5回 12 31 0 4 1 0 0 5 3 0 2 0 0 2 0 10 1 1 .129






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年