サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク

小野 正一



27
名前 おの しょういち
生年月日 1933年9月30日
経歴 磐城高−常磐炭鉱−清峰伸銅−毎日−大毎−東京−大洋−中日
入団年 65年に東京から移籍
在籍年 65年−67年
背番号 65年−67年[27]
投打 左投げ左打ち
守備 投手
ファーストからエースに
社会人の常磐炭鉱、清峰伸銅を経て毎日に入団。社会人時代には主に一塁手で、たまに登板すると「コントロールはないが、めっぽう速い球を投げる」と評判だった。毎日では投手に専念することになり、初年度は4勝1敗に留まったが、翌年には5月30日から13連勝を記録するなど、共に稲尾に次ぐ26勝9敗で防御率1.73という素晴らしい成績を残した。58年は故障で13勝10敗に留まったが、59年には22勝9敗と復活。

11勝
60年の6月には16試合に登板し、57.2イニングを投げて何とわずか3失点。防御率0.47で日本記録の月間11勝という大記録を作った。中でも6月22日からは"”5日間で6試合に登板し”4勝を記録。この間にチームは日本記録の18連勝を記録し、南海を抜いて一気に首位に立った。

MVPならず
小野は7月16日、開幕から99日にして20勝に到達という当時のリーグ記録を作るなど絶対的なエースとしてチームを引っぱり、チームのリーグ制覇に大きく貢献した。33勝11敗、防御率1.98で二冠王にも輝いたがMVPは打者部門で二冠に輝いた山内 和弘に譲った。同年の33勝は主にリリーフで稼いだもので、救援21勝は日本記録。

日本シリーズ
大洋との間で行なわれた日本シリーズは、ミサイル打線とエース小野を要する毎日が圧倒的に有利とされていたが、第二戦で2点をリードして迎えた6回裏に小野が近藤和、桑田の連打などで同点とされると、7回裏に鈴木武のタイムリーで勝ち越しを許してしまう。毎日はその直後の8回表に一死満塁というチャンスを作ったが坂本がスクイズを失敗して無得点に終わり敗戦。この作戦で毎日の西本監督は永田オーナーともめて辞任することになり、その後江夏の21球に繋がっていく。

日本シリーズ2
第三戦も落とし0勝3敗と後がなくなった毎日は第4戦のマウンドに小野を送った。小野は4回まで大洋打線を2安打に抑えていたが、5回表に渡辺清の放ったライナーをレフトの山内が弾いてツーベースにしてしまうと近藤昭の放った打球が小野の足元を抜けてセンター前ヒットとなり勝ち越し点を許してしまった。小野は「グラブを出すのが一瞬遅かった」と悔やんだが後の祭り。毎日は7回裏に一死ニ、三塁というチャンスを作りながら、またも坂本がスクイズを失敗し、結局0勝4敗でシリーズを落とすことになった。

大洋移籍
65年に大洋に移籍。三原監督は「これで左打者対策は解決しました」といって喜んだ。初年度には9勝13敗、防御率3.33を記録した。なお小野は59年から5年連続で最多四球という時代を代表するノーコンだったが、移籍後初登板となった4月13日の中日戦ではカーブを有効に使って無四球で完投勝利を記録している。

大記録の陰で
66年5月1日の広島戦ダブルヘッダー第二試合では小野が先発予定だったが、広島が左腕の小野を予想して右打者を並べてくると読んだ三原監督は、先発に佐々木 吉郎を投げさせて広島が左打者に代えてきたら小野に交代する作戦に変更した。だが佐々木が初回から絶好調で一人のランナーも許さない。小野は絶えずブルペンで調整しつづけていたが、佐々木はあれよあれよと完全試合を達成。いつリリーフに出るか分からないため、ブルペンで投げつづけた小野は佐々木よりも球数を投げていたそうだ。

13球団
小野はプロ初年度は4勝に留まっているが、その中には同年限りで消滅する高橋ユニオンズ、翌年限りで毎日と合併することになる大映が含まれていた。その後小野は西鉄からの44勝を含む142勝をパリーグ7球団から稼いだ。65年に大洋に移籍すると初年度に大洋を除くセ5球団から勝ち星を挙げ、68年に中日に移籍すると8月4日の大洋戦で白星を挙げ史上初の13球団から白星を達成した。(毎日からの勝利がないため全球団からの白星ではない)

184勝
69年に13勝12敗と6年ぶりの二桁勝利を達成した。翌70年に7勝10敗、防御率3.75を記録していたが同年限りで引退し200勝には届かなかった。





初記録
初登板
初勝利 56年4月4日近鉄戦
初奪三振
初セーブ
初完投
その他の記録
月間11勝 60年6月
5年連続最多四球 59年-63年





56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
最優秀防御率 1回
最多勝 1回
最高勝率 1回
ベストナイン 1回
オールスター 6回


  投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
56 毎日 37 0 0 4 1 - 114.2 106 4 31 4 62 1 0 45 35 2.74
57 毎日 55 15 7 26 9 - 296.1 202 12 90 5 245 2 0 73 57 1.73
58 大毎 36 5 0 13 10 - 182.2 132 5 66 1 191 1 0 42 36 1.77
59 大毎 56 14 4 22 9 - 288.1 201 13 118 6 244 6 1 84 75 2.34
60 大毎 67 13 5 33 11 - 304.0 231 11 101 2 258 3 0 81 67 1.98
61 大毎 58 11 3 17 14 - 251.0 213 24 97 4 211 2 1 105 88 3.16
62 大毎 44 6 1 9 15 - 177.2 157 8 85 6 121 3 0 77 66 3.34
63 大毎 47 9 1 13 17 - 235.0 177 16 123 6 206 6 0 92 80 3.06
64 東京 46 5 0 5 9 - 162.2 150 16 87 0 119 2 0 79 67 3.70
65 大洋 37 5 1 9 13 - 146.1 135 12 53 3 84 4 0 65 54 3.33
66 大洋 41 3 0 5 7 - 119.2 109 15 56 3 85 1 0 53 46 3.45
67 大洋 24 0 0 2 7 - 56.2 60 7 15 1 48 1 0 39 26 4.11
68 中日 48 6 1 6 11 - 195.0 168 19 83 4 145 0 0 82 77 3.55
69 中日 39 8 3 13 12 - 218.0 182 20 65 5 141 0 4 75 64 2.64
70 中日 36 5 1 7 10 - 161.0 161 17 46 3 84 2 1 74 67 3.75
球団 3年 102 8 1 16 27 - 322.2 304 34 124 7 217 5 0 157 126 3.51
通算 15年 671 105 27 184 155 - 2909.0 2384 228 1116 53 2244 34 7 1066 905 2.80


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
56 毎日 37 31 1 5 2 0 0 7 0 1 0 0 0 2 0 13 1 2 .161
57 毎日 55 98 2 8 1 0 0 9 4 0 0 5 0 8 0 44 2 4 .082
58 大毎 36 52 1 6 0 0 0 6 2 0 0 2 1 3 0 22 1 2 .115
59 大毎 56 99 3 12 0 0 0 12 3 0 0 7 0 3 0 31 1 0 .121
60 大毎 67 101 4 8 1 1 0 11 6 0 0 2 0 1 0 43 1 5 .079
61 大毎 58 79 5 12 2 0 1 17 4 0 0 4 1 3 0 30 2 0 .152
62 大毎 44 57 4 7 1 0 0 8 2 0 0 1 0 1 0 17 1 0 .123
63 大毎 47 72 5 9 2 0 0 11 0 0 0 8 0 0 0 24 1 1 .125
64 東京 46 44 4 13 3 0 0 16 3 0 1 1 0 2 0 14 0 4 .295
65 大洋 38 42 3 5 2 0 0 7 0 0 0 2 0 1 0 17 0 2 .119
66 大洋 42 28 1 4 0 0 0 4 3 0 0 2 0 1 0 9 0 0 .143
67 大洋 24 12 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 .250
68 中日 48 62 4 9 0 0 2 15 2 0 0 2 0 0 0 28 0 1 .145
69 中日 40 71 7 13 4 0 1 20 4 0 0 1 0 0 1 26 1 0 .183
70 中日 37 50 4 7 1 0 0 8 3 0 0 3 0 2 0 24 0 2 .140
球団 3年 104 82 4 12 2 0 0 14 3 0 0 4 0 2 0 27 0 2 .146
通算 15年 675 898 48 121 19 1 4 154 36 1 1 40 2 27 1 343 11 24 .135


  日本シリーズ投球成績
チーム 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
60 大毎 2 0 0 0 2 - 10.1 10 0 2 0 8 0 0 4 4 3.27


  日本シリーズ打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
60 大毎 2 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000


  オールスター投球成績
回数 登板 完投 完封 勝利 敗戦 S 回数 安打 本塁 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責 防御率
通算 6年 7 0 0 0 0 - 18.0 11 1 5 0 14 0 0 3 2 1.00


  オールスター打撃成績
回数 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算 6年 7 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年