サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク

高木 由一



名前 たかぎ よしかず(旧登録名:高木好一:高木嘉一)
生年月日 1949年3月13日
経歴 淵野辺高−相模原市役所−大洋(71年D外)
入団年 71年にドラフト外
在籍年 72年−87年
背番号 72年[81]:73年−74年[35]:75年−76年[63]:77年−87年[6]
投打 左投げ左打ち
守備 外野手
相模原市役所
淵野辺高に入学すると野球部が無かったため2年生の時に同級生達に声をかけて何とか10人の部員を集めて野球部を発足させた。高木は4番エース兼外野手としてプレーしたが、監督を引き受けてくれた教師も野球経験に乏しいなど満足な野球の指導を受けられないまま高校を卒業した。相模原市役所に就職して地方公務員になった高木は役所の野球部に入部して野球を続けた。週末限定で活動する草野球の延長のようなクラブだったが、入社3目の70年に日本産業対抗野球大会の官業公社部門で陸上自衛隊などを押しのけて見事に優勝。本選では敗れたが高木は丸善石油戦で後楽園球場のバックスクリーンにホームランを叩き込んだ。

公務員から大洋入団
71年の11月に高木は同僚に誘われて「冷やかし程度」で大洋の入団テストを受けたところ同僚は落ちたが高木は見事に合格した。役所の昇任試験にも合格していた高木はなかなかプロ野球でやっていく決意を固めることが出来ず、とうとう神経性胃炎まで患ってしまった。医者から「とてもプロではやっていけないでしょう」と言われたこともあって大洋に断りの電話を入れたが、父親に「やり直しができるのは若いやつの特権だ、俺の時代は兵隊だったんだ、兵隊に行ったつもりで頑張ってこい」と促されて大洋への入団を決めた。

初打席初ヒット
初年度の72年には別当監督がシーズン途中に休養すると、高木の入団テストに立ち会っていた青田 昇コーチが代理監督に就任。青田コーチは入団テストで高木を高く評価していた事もあって、就任直後に高木を一軍へ昇格させると9月2日中日戦でいきなり1番レフトでスタメン起用。高木は期待に応えて初回に稲葉から右中間へツーベースを放って初出場初打席初安打を記録した。だが4日の中日戦で1点を追う9回裏二死満塁という大舞台で代打に起用されたが星野 仙一がカウント3−2から投じた高めのボール球を振って空振り三振に倒れるなど2本目のヒットは打てず13打数1安打に終わってルーキーイヤーを1安打で終えた。

残留
1年目のオフに相模原市役所時代の野球部マネージャーと結婚したが、翌年は1軍出場なしに終わってしまう。2年目のオフにはクビ一歩手前まで追い込まれたが、秋季練習で行われたテストで好結果を残して残留を勝ち取った。だが3年目もわずか2打席で0安打と入団3年間で1安打しか打てなかった。高木は解雇も覚悟していたが、高木の素質を買っていたボイヤーが球団に掛け合い、長嶋 茂雄の引退試合の日に行われた契約更改で残留を告げられた。

::
土俵際に追い詰められた高木だったが4年目の75年も前半戦は二軍で打率1割前後という極度の不振に陥って「今年こそクビだ」と覚悟したが、球宴休みで二軍に顔を見せた沖山一軍打撃コーチにタメが無いことを指摘されて打撃フォームを調整すると打って変わってヒットを量産。江尻の故障もあって一軍へ昇格すると12試合の出場ながら4本のツーベースを含む6安打を記録した。

::
76年には201打数56安打(打率.279)、7本塁打、24打点を記録した。翌77年には頭部死球で欠場した江尻 亮に代わってスタメンの座を掴むと、初めて規定打席にも到達して打率323、20本塁打、73打点という素晴らしい成績を残した。中でも同年に沢村賞を獲得した小林繁(巨人)を4本塁打を含む23打数9安打と打ち込んで小林キラーとして名を売った。

::
80年5月7日の広島戦で江夏からサヨナラヒット。

サヨナラ
82年4月3日に行われた阪神を迎えての開幕戦。試合は9回表が終わって2対2の同点と緊迫した展開だった。大洋は9回裏に阪神のエース小林を攻めて一死一、三塁というチャンスを作り打席に小林キラーの高木が入った。ここで阪神ベンチは勝負強い高木との勝負を避けて満塁策を選択したが、小林が投じた捕手若菜に投じた敬遠球が大暴投となり三塁からサヨナラのランナーがホームインした。高木由は開幕戦敬遠球サヨナラ暴投という怪記録を打席でただ見守るだけだった。

代打の切り札
83年あたりからは代打での起用が多くなったが、85年には代打でリーグトップの打率.382(55打数21安打)を記録するなど切り札として活躍。代打での通算成績は258打数74安打で打率.287は代打で200打席以上起用された選手では球団トップの成績だった。

シーズン途中に引退
87年のシーズン途中にチームが新外国人のアドッチを獲得したこともあり、6月という異例の時期に現役引退と二軍打撃コーチ補佐への就任が発表された。6月18日に行われた引退試合では4回裏に代打で登場して巨人の西本からライト線にツーベースを放って有終の美を飾った。通算打率.295という高打率を残したがヒット数は957本と惜しくも1000安打には届かなかった。

::
シーズン途中のコーチ就任となったが翌年からは正式にコーチ専任として球団に残り、90年代後半には「マシンガン打線」と呼ばれる強力な打線を生み出した。その後もフロント入りした2010年に友好球団である中国の天津ライオンズの監督を務めた以外は大洋・横浜のユニホームを現場で着続けて、13年限りでチームを離れるまで42年間に渡って球団一筋を貫いた。





初記録
初出場 72年9月2日中日戦
初安打 72年9月2日中日戦:稲葉から
初本塁打
初打点
初盗塁


72 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87
オールスター 2回


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
72 大洋 7 13 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 6 0 0 .077
74 大洋 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000
75 大洋 12 22 1 6 4 0 0 10 1 0 1 0 0 2 1 6 0 0 .273
76 大洋 94 201 25 56 13 0 7 90 24 3 1 1 1 11 1 40 6 2 .279
77 大洋 125 433 68 140 28 0 20 228 73 3 3 4 0 45 2 68 6 3 .323
78 大洋 126 451 78 147 30 2 23 250 80 2 4 4 4 56 3 58 10 2 .326
79 大洋 89 274 32 77 12 2 6 111 40 1 1 2 1 30 1 56 5 0 .281
80 大洋 128 460 62 130 24 3 12 196 56 5 6 3 5 47 2 88 12 4 .283
81 大洋 115 382 44 103 17 1 9 149 50 7 8 2 1 43 4 69 4 4 .270
82 大洋 92 289 33 82 12 6 10 136 35 0 4 4 1 30 2 45 4 3 .284
83 大洋 78 195 25 72 13 0 6 103 36 1 2 0 2 24 0 21 5 1 .369
84 大洋 100 271 26 74 11 1 6 105 35 0 1 0 0 37 1 40 14 4 .273
85 大洋 93 147 12 44 7 1 3 62 17 1 1 0 0 20 1 33 5 0 .299
86 大洋 69 91 3 22 6 0 0 28 14 1 0 0 1 10 0 15 3 0 .242
87 大洋 17 16 0 3 0 0 0 3 2 0 0 0 0 0 0 4 1 0 .188
通算 15年 1147 3247 410 957 178 16 102 1473 463 24 32 20 16 355 18 550 75 23 .295


  オールスター打撃成績
回数 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算 2回 6 6 1 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .333






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年