サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク

若菜 嘉晴



名前 わかな よしはる
生年月日 1953年12月5日
経歴 柳川商−太平洋(71年D4位)−クラウン−阪神−大洋−日本ハム
入団年 83年に阪神から移籍
在籍年 83年−88年
背番号 83年−86年[9]:87年−88年[22]
投打 右投げ右打ち
守備 捕手
捕手転向
野球を始めたのは中学からで当初は投手だったが、中学3年の時に先輩が卒業してチームに捕手がいなくなったため投手兼任で捕手を始めることになった。柳川商高でも投手として入部し、すぐにベンチ入りも果たしたが、1年秋に福田監督からキャッチャー転向を指示された。若菜はこれを拒否して野球部を辞める決断を下したが、特待生として入学していたため野球部を辞めるなら退学となるため仕方がなく投手を断念した。捕手の面白さはなかなか分からなかったが打撃に目覚めて、同級生の真弓と競い合って大きく飛躍した。

地元西鉄に入団
地元西鉄からドラフト4位指名を受けて入団となったが、西鉄は黒い霧事件などもあって1位から3位が入団拒否となり、4位の若菜が最高順位となった。また高校時代のチームメイトの真弓 明信とは縁が深く、真弓は線が細いとの理由で同年のドラフトでは声がかからなかったが、電電九州を経て一年遅れで西鉄に入団した。

渡米
初年度は1軍のブルペンキャッチャーを務めて経験を積んだ。真弓が入団して間もなく二人が所属する西鉄が身売りして太平洋クラブと名前を変えた。給料なども厳しくなり若菜はオフには酒屋や郵便局などでバイトをして冬を乗り切った。ただその年には苦しい予算の中で若菜らをアメリカ西海岸へ留学させて、若菜は捕手のノウハウを叩き込まれた。なお真弓も半年遅れて遅れて渡米している。

満塁ホームラン
76年に初ヒットを放つと同年には39試合に出場したが、打率は.239に終わってクビになりかけた。だが秋のオープン戦で巨人と対戦した際に巨人の長嶋監督が「欲しい」と発言した事が新聞に載り、「長嶋さんが言うのならばもう1年」という経緯で首が繋がった。翌77年には開幕第2戦の日本ハム戦で高橋 一三から満塁本塁打を放って大きくアピール。これにスタメン捕手の不調と控え捕手の故障が重なってチャンスを掴むと、4月30日の阪急戦で水本からまたもグランドスラムを放ってスタメンの座を手に入れる。その後も活躍を続けて、監督推薦でオールスターにまで選出された。そのオールスターでも中日の鈴木孝からホームランを放っている。

サヨナラから一転
77年9月15日阪急戦、同点で迎えた9回裏二死一、二塁のサヨナラのチャンスで打席に入った若菜は阪急のエース山田 久志の初球を叩き、痛烈な打球を三遊間に放ったが、打球が二塁走者の足に当たってまさかの守備妨害となり、若菜にはヒットが記録されたがスリーアウトになってしまった。

大型トレード
その後太平洋クラブはクラウンライターになり、さらに西武への身売りで本拠地が若菜の地元である九州から埼玉に移転というライオンズの激動の時代となった。だがドラフト会議前日に行われた巨人と江川の空白の一日事件からわずか2日後の深夜に阪神からミスタータイガース田淵 幸一と古沢 憲司の2人、西武から若菜 嘉晴、真弓 明信、竹之内 雅史、竹田 和史の4人という歴代でも五指に入ると言われる超大型トレードが発表されて若菜は真弓と共に大阪に行くことになった。

小林とバッテリー
ドラフト会議で阪神から指名を受けた江川とのトレードで移籍することとなった巨人の小林は若菜とバッテリーを組み開幕から巨人に8連勝を記録するという離れ業を見せた。若菜は112試合に出場して打率.303を記録し、ダイヤモンドグラブにも選出された。アンチ巨人の英雄となった小林とともに若菜の人気は上がっていったが、その人気で天狗になった若菜は数々のスキャンダルを起こし、阪神で4年完成捕手として活躍したにもかかわらず82年に戦力外通告を受ける。若菜は別のチームに職を求めたが、トラブルメーカーを取ってくれるチームは無かった。

大洋入団
野球を捨てれない若菜は渡米して西鉄時代に加わったことのあるマイナーリーグのチームに職を求めた。マイナーリーグでブルペンキャッチーをして過ごしていた若菜に国際電話が入る。捕手難に苦しむ大洋が若菜に目をつけたのだ。若菜は「女神からのコールに思えた」と入団を即決し、短いアメリカ生活を終えた。6月30日に帰国したが、その前にニューヨーク・メッツに昇格する話もあったとか。

85年にはオールスターに選出されて史上二人目の両リーグでの球宴本塁打を記録

激写
87年8月4日巨人戦。8回表の巨人の攻撃で代打石井のレフト線への当たりで一塁走者の中畑がホームをついた。間一髪のタイミングだったが若菜は滑り込んできた中畑にタッチすると平光主審はアウトをコールした。翌日のスポーツ新聞には若菜がタッチする瞬間の写真がデカデカと掲載され、その写真には左手のミットではなく右手のわきの下に挟まれたボールの姿があった。

パスボール
阪神に移籍した初年度に若菜は日本記録の17パスボールを記録しているが、シーズンオフのクイズ番組で12球団対抗の団体戦で連想ゲームをしていていたとき、阪神の選手達に「パスボール」というお題が出ると、阪神の選手達は一斉に「ワカナ、ワカナ!」と叫び、回答者だった選手が即「パスボール!」と答えた。(同79年には自身唯一のゴールデングラブを獲得)。ただこれは当時頻繁に行われていたサイン盗み対策でノーサインでのピッチングを行っていたためで、中でも江本が投じるエモボールでの後逸が17個中14個を締めた。また同年には5月29日の大洋戦で平松の前に3打席連続で見逃し三振に倒れると、第4打席、第5打席は斉藤明の前に空振り三振に倒れて日本記録のゲーム5三振を記録した。

::
引退後はダイエーのバッテリーコーチとして城島を育て上げた。





初記録
初出場
初安打
初本塁打
初打点
初盗塁
その他の記録
ゲーム5三振(日本記録) 79年5月29日
シーズン17パスボール(セ記録) 79年





74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91
ゴールデングラブ 1回
オールスター 6回


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
74 太平洋 6 5 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000
75 太平洋 12 4 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 .000
76 太平洋 39 71 6 17 1 0 1 21 5 1 1 1 0 6 1 9 3 0 .239
77 クラウン 103 318 29 93 10 1 4 117 29 1 8 6 1 10 5 29 7 9 .292
78 クラウン 108 267 25 57 5 0 4 74 21 1 5 4 6 9 2 46 14 7 .213
79 阪神 112 386 38 117 10 1 9 156 42 8 5 1 3 32 0 37 10 5 .303
80 阪神 126 441 34 113 12 2 4 141 32 2 4 12 1 26 1 42 21 5 .256
81 阪神 115 360 24 101 13 2 3 127 32 4 2 15 1 27 0 23 12 5 .281
82 阪神 73 211 14 45 5 1 3 61 21 3 1 3 2 12 1 24 6 3 .213
83 大洋 28 60 5 21 8 0 0 29 2 0 0 2 0 9 0 6 1 3 .350
84 大洋 99 292 26 79 6 0 8 109 25 2 2 2 2 9 1 45 13 4 .271
85 大洋 130 403 28 108 9 2 7 142 44 1 2 11 3 16 1 34 20 2 .268
86 大洋 122 372 29 107 14 1 4 135 29 3 5 8 1 22 1 41 10 5 .288
87 大洋 81 229 23 69 12 1 4 95 27 1 0 5 1 20 0 23 9 1 .301
88 大洋 74 156 13 37 5 1 1 47 8 0 0 1 0 16 0 12 5 2 .237
89 日本ハム 55 84 6 21 2 3 1 32 9 0 2 2 0 3 1 7 3 0 .250
90 日本ハム 63 138 6 33 4 1 1 42 11 0 1 0 0 7 2 16 3 1 .239
91 日本ハム 41 81 0 19 1 0 0 20 3 0 0 2 0 1 0 5 0 1 .235
球団 6年 534 1512 124 421 54 5 24 557 135 7 9 32 5 92 3 161 58 17 .278
通算 18年 1387 3878 308 1037 117 16 54 1348 340 27 39 75 21 225 16 399 137 53 .267


  オールスター打撃成績
回数 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算 6回 16 25 5 7 1 0 2 14 3 0 1 0 0 0 0 5 0 1 .280







 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年