サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手





MLB記録 タイトル

関連リンク

ヤマシタコーポレーション

山下 大輔



名前 やました だいすけ
生年月日 1952年3月5日
経歴 清水東高−慶応大−大洋
入団年 73年ドラフト1位
在籍年 74年−87年
背番号 74年[20]:75年−87年[1]
投打 右投げ右打ち
守備 内野手
慶応進学
病院や福祉施設に介護用品等を販売するヤマシタコーポレーションの御曹司として生を受ける。清水東高の2年先輩である松下 勝巳が慶応に進学して早慶戦でホームランを打った事がきっかけとなり慶応に憧れを持った。清水東高時代の3年秋に観戦した早慶戦に感激して事もあって進路を慶応大に決めた。猛勉強のかいあって見事に合格を果たすと、1年春の明大2回戦で代打で起用されてセンターオーバーの打球で一気にホームに還ってくる華々しいデビューを飾った(記録はスリーベースとエラー)。

プリンス
1年春からレギュラーの座を掴むと、早慶戦の3回戦では0対1で迎えた9回裏に松下のツーベースなどで同点に追いつくと、なおも二死二塁で打席に入った山下がライト線に落ちるポテンヒットを放って見事にサヨナラ勝利。2年秋にリーグ2位の打率.442を記録してベストナインに選出されるとそこから4季連続ベストナインに輝いた。4年春には途中まで32打数18安打という驚異的な活躍を見せて六大学史上最高打率も見えていたが、最後の早慶戦で8打数ノーヒットに終わって記録更新はならなかった(打率.450で首位打者)。通算打率は.325を記録し、その華麗なプレーと端整な顔立ちから慶応のプリンスと呼ばれた。

12球団1位
67年から77年まで行われたドラフト会議は、まず抽選で指名順を決め、指名された選手は1位であっても抽選なしでそのまま指名した球団に交渉権が与えられた。つまり12球団の「いの一番」で指名される選手がいたのである。そして73年、大洋は抽選で1番目に指名する権利を得た。怪物といわれた作新学院高の江川 卓か、慶応のプリンス山下 大輔か、迷いに迷った矢野代表はオーナーに相談し、その結果12球団の1位で大洋山下 大輔が誕生した。

ルーキーでオールスター出場
球団の寮に入寮する際に兄が運転するベンツに布団を積んで現れて大きな話題になった。六大学のスターだった山下は非常に人気が高く、初年度からオールスターに選ばれたが、初年度はわずか30安打、打率.181に終わった。だが翌75年にメジャーでゴールデングラブを取ったボイヤーと名手の米田から守備を学び、見事にレギュラーを獲得。以後10年間にわたってショートストップを守ることに。

振り逃げ
79年4月14日巨人戦、山下は第一打席で三振をした、だが三振した球を捕手が落球し、これを見た山下は振り逃げをした。捕手は落ち着いて一塁に投げたが、一塁手が振り逃げに気付かずベースを踏まないで二塁にボールを回し始めた、すると二塁手も遊撃手にボールを回した。遊撃手はあわてて一塁に送球し山下はアウトになった。スコアに捕手、一塁手、二塁手、遊撃手に捕殺、一塁手に刺殺が記録されるという珍プレイとなった

江川の最多勝を防ぐ
82年10月9日巨人戦、2年連続20勝と最多勝をかけて江川がシーズン最後のマウンドに上がっていた。対する大洋の先発は遠藤、巨人に1点のリードを許すが、4回裏に田代が同点ホームランを放つと、ラムが勝ち越しソロを放った。5回裏には気落ちした江川から山下がとどめの一発をレフトスタンドに放り込み、江川の最多勝と2年連続20勝を防いだ。

::
83年には6月9日の巨人戦から3試合に渡って8打数連続ヒット、11打席連続出塁。

ゴールデングラブ8回:
ショートとして史上最多のゴールデングラブ8回、 77年8月25日広島戦から78年5月6日ヤクルト戦まで遊撃手322守備機会連続無失策という日本記録を達成するなど、幅広い守備範囲と正確なスローイングで球史に残る名遊撃手として鳴らした。また78年の日米野球でシンシナティ・レッズの一員として全日本と対戦したスーパースターのジョニー・ベンチが36年後に行われた雑誌の企画で、記録に残っている4人の選手として王、張本、村田に続いて「とにかく守備がうまくてスパイダーマンと呼んでいた。たしかヤマシタという名前だ。彼ならメジャーに連れて行ってもショートとして十分通用した」と絶賛した。

引退
85年に高木豊にショートを奪われセカンドに、87年には高橋雅がショートに定着し、高木がセカンドに、押し出されるように山下は控えに回った。山下は体力の限界を感じ、球団に引退を申し入れるが、古葉監督に慰留され一度は現役続行を決めた。だが翌年のオープン戦で思うような動きの出来なかった山下は開幕直前に引退を発表した。会見の席では歴代の選手たちが何度となく口にしたように、「一度でいいから優勝を経験して引退したかった」と語った。

監督就任
03年、前年最下位に沈んだ横浜の新監督に、かねてから待ち望まれていた山下 大輔が就任した。山下監督は2年間抑えで実績を残した斎藤 隆を先発に戻し、抑えには新外国人のホワイトサイドを起用したが、シーズンが始まるとホワイトサイドらリリーフ陣が崩壊し、打線も本塁打は出るがつながりを欠き、6月には10連敗を記録するなど、オールスターまでは勝率2割台という日本記録ペースで負け続けた。

二死から10失点
4月27日の巨人戦では8回二死まで3安打、無四球と完封ペースだった斎藤 隆を、なぜか木塚に交代させてしまうと、そこから木塚、福盛、田崎、稲嶺が8安打、2四球、1失策で二死からまさかの10失点で大逆転負けを食らうなど不可解な采配も多くチームを立て直すことが出来なかった。8月に課題だった抑えに中日からギャラードを獲得し、以後の勝率は4割台となんとか戦う体制を整えたが、時すでに遅くダントツの最下位に沈んだ。

監督退陣
04年は厚くなった救援陣を早めにつぎ込む継投が功を奏して4月を首位で終えるなど絶好のスタートを切った。5月もまずまずの戦いを続けていたが、5月27日の阪神戦で前日までとは一転して、2度のチャンスで投手に代打を送らないなど消極的な采配で逆転負けを許すと、翌日の巨人戦では2度の無死一、二塁で共に8番相川に送りバントを命じながら、続くピッチャーのマレンに代打を送らずにチャンスを逃してしまう。特に2回目のマレンの打席では球場がどよめきに包まれる中でマレンが凡退すると、その直後のマレンが逆転を許して敗戦。翌日からは前年同様の采配に戻り、中継ぎエースを5回から登板させたり、代走に代走を送ったり、イニング9失点で大逆転負けを食らったりと、迷采配を繰り返して最下位でシーズンを終えてしまった。





監督成績
104勝
170敗
4分け
勝率.380
Aクラス0回
その他の記録
月間MVP 81年6月
遊撃手最高守備率 76年.988:セ記録



初記録
初出場 74年4月7日阪神戦
初安打 74年4月20日神:若生から
初本塁打 74年4月22日神:山本和から
初打点
初盗塁
記録達成日
1000試合出場 82年7月22日ヤクルト戦
1500試合出場 86年9月24日ヤクルト戦
1000安打 83年6月24日ヤ:梶間から
100本塁打 83年6月23日神:野村から



74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87
ベストナイン 1回
ゴールデンクラブ 8回
オールスター 4回


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
74 大洋 92 166 15 30 1 1 4 45 9 1 1 1 0 13 6 37 3 7 .181
75 大洋 103 222 28 55 12 2 3 80 10 6 4 7 2 21 5 37 4 15 .248
76 大洋 113 380 47 105 19 2 7 149 21 14 9 4 1 41 2 43 5 6 .276
77 大洋 105 423 77 110 17 3 18 187 48 6 7 12 2 49 2 68 6 13 .260
78 大洋 129 466 55 118 22 8 9 183 41 8 2 14 2 61 3 77 12 9 .253
79 大洋 129 458 59 129 24 3 12 195 53 6 4 11 6 53 2 63 7 14 .282
80 大洋 121 419 50 111 21 4 9 167 41 15 6 9 3 29 1 52 9 17 .265
81 大洋 130 490 68 136 31 1 16 217 52 6 11 9 2 51 2 38 10 10 .278
82 大洋 130 519 79 144 23 2 18 225 42 3 4 12 2 54 5 50 3 7 .277
83 大洋 130 495 73 133 33 2 11 203 36 11 4 9 2 66 3 42 11 14 .269
84 大洋 116 413 38 102 6 0 6 126 33 4 3 14 5 36 0 36 9 10 .247
85 大洋 99 293 25 82 17 0 6 117 25 3 2 8 1 26 1 32 6 7 .280
86 大洋 118 343 31 91 14 0 7 126 33 9 2 10 4 22 2 52 3 3 .265
87 大洋 94 172 12 32 5 0 3 46 11 3 3 11 1 12 0 15 1 9 .186
通算 14年 1609 5259 657 1378 245 28 129 2066 455 95 62 131 33 534 34 642 89 141 .262


  オールスター打撃成績
回数 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算 4回 12 11 2 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .182


  監督成績
チーム 順位 勝利 敗戦 分け 勝率 ゲーム差 本塁 被本 盗塁 犠打 打率 防御率 失策
03 横浜 6 45 94 1 .324 42.5 192 185 74 78 .258 4.80 90
04 横浜 6 59 76 3 .437 20.0 194 184 46 93 .279 4.47 79
通算 2年 6 104 170 4 .380 62.5 386 369 120 171 .269 4.64 169






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年