サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
打者>まやらわ:投手>まやらわ監督大洋横浜大洋横浜全選手
選手名鑑

■>打者:あ:
■>打者:か:
■>打者:さ:
■>打者:た:
■>打者:な:
■>打者:は:
■>打者:まや:
■>打者:らわ:

■>投手:あ:
■>投手:か:
■>投手:さ:
■>投手:た:
■>投手:な:
■>投手:は:
■>投手:まや:
■>投手:らわ:

■>監督
■>その他

■>大洋ホエールズ
■>横浜大洋
■>横浜ベイスターズ
■>全選手
MLB記録 タイトル

関連リンク

山崎 賢一



名前 やまざき けんいち
生年月日 1962年7月20日
経歴 所沢商−大洋(80年D外)−横浜−ダイエー
入団年 80年にドラフト外で入団
在籍年 81年−93年
背番号 81年−84年[46]:85年−89年[59]:90年−93年[2]
投打 左投げ左打ち
守備 外野手
野球始める
5人兄弟の長男として生まれた賢一は小学校高学年から軟式野球をはじめ、家業の畳屋を継ぐために商業高校である所沢商に進学。強豪チームの所沢商では2年の春までは補欠だったが、子供時代に大リーグボール養成ギブスを買いに出かけた事があるというほどのトレーニング好きの山崎は徐々に力をつけ、所沢商の高鍋監督が気付いたときには大きく成長していたという。

大洋入団
所沢商では3年夏に県大会の準々決勝で敗れると、高鍋監督に連れられて大洋の入団テストを受けに横浜スタジアムに向かった。大洋の別当監督と知り合いだった高鍋監督が山崎にまだ力不足である事を痛感させて今後の野球人生に生かしてもらおうという目的だったが、打撃練習を見た別当監督が「これ大洋で獲るから」とプロのスカウトは訪れたこともない山崎の獲得を決めた。山崎は西武の入団テストも受けたがこちらは不合格になって同年のオフにドラフト外で大洋に入団した。

組長>番長
高校時代のあだ名は組長だったが、沖山打撃コーチに「社会に出ればランクがさがるだろう」と言われ、番長を襲名した。また当時の山崎は沖山コーチが「守備も上手くなかったし、足もあまり早くなかった」というように、いかにもドラフト外の選手であった。

こけしバット
入団して3年間は二軍でも代打での出番がほとんどでチャンスを貰えなかった。山崎はアピールしようと長打を狙っていたが、84年の夏に基打撃コーチが山崎をたしなめ、「外野の頭を超えるような打球は打つな」と単打主義に徹底させるためにタイ・カップ型のバットを山崎に使わせた。すると成績が上向くようになり、その後幾度かのモデルチェンジを経て、翌年の開幕直前にグリップエンドが極端に大きい「こけしバット」が完成した。

こけしバット2
山崎はこの時のことを「このままじゃ一軍はおろか、ファームのレギュラーもおぼつかない。そんな追い詰められた状態だったからこそ、『自分にはこのやり方しかない』って基さんの教えることを100%信じることが出来たと思うよ。へんなプライドに邪魔されることもなかったからね」と語っている。

自信
84年の秋のキャンプでは左肩を痛めていた事もあって毎日ひたすらベースランニングと特守に精を出した。「痛めているのは肩だけだったからね。だったらこの際、苦手な走塁や守備を徹底的に練習しようと考えた」、自主トレに入ってからも走り続けた山崎は、翌年の合同自主トレで球界でトップクラスの快速を誇った屋鋪と同じ組でダッシュ練習に挑んだ。並ぶことは出来なかったが、他の選手が引き離される中で追走することが出来た。「これがものすごい自信になった。プロに入って始めて掴んだと言ってもいいぐらいの自信だね」

背番号59
ようやく二軍で結果を残し始めた山崎だったが、85年からは背番号59に変更させられた。「もう本当に後がないなって思ったね。選手枠(60人)一歩手前の数なわけだし」、だが走攻守の全てで生まれ変わった山崎はイースタンリーグの開幕戦で1番センターの座を勝ち取ると、そこから6試合で26打数10安打を記録した。すると平塚球場の練習前ミーティングで江尻監督に「山崎、前に出ろ」と言われ、恐る恐る足を踏み出すと「明日から一軍だ。しっかり頑張れよ!」

初出場
85年4月24日広島戦で負傷退場した屋鋪に代わって守備に入り、ついに一軍初出場を果たしたが、7回裏の初打席ではセカンドゴロに倒れるなど、約10日間で再び二軍に降格。だが山崎はイースタンリーグで盗塁王に輝く22盗塁を記録して8月29日に一軍に復帰すると、9月12日の阪神戦で中西から初ヒットとなる内野安打を放ち、10月16日中日戦で郭から初本塁打と結果を残した。

サヨナラのお膳立て
86年は開幕一軍を勝ち取り、開幕二戦目の4月5日阪神戦では2対2で迎えた7回裏に代打で出場すると、そのままレフトの守備につき、岡田のフェンス際の大飛球をダイビングキャッチ、「フェンスのことは全然頭になかった」という山崎はそのままフェンスに激突したが、ボールをこぼすことはなくピンチを切り抜ける。さらに9回裏の打席では激突の影響でフラフラの頭で中西からライト線へツーベースを放ってチャンスを作ると、続く河野のヒットで三塁に進み、平田の内野ゴロの間にサヨナラのホームを踏んでお立ち台に上がった。同年は155打数38安打(打率245)を記録した。

スタメン掴むも
88年は開幕ベンチ入りを逃したが4月23日に一軍へ昇格すると、5月19日の阪神戦で2対5で迎えた7回裏に岡部から逆転グランドスラムを放って強烈な印象を残した。その後もスタメンで打ちまくって5番を任されるまでになったが、6月14日の広島戦で死球を受け長期離脱となり、打率.297を記録しながら71試合出場に留まった。

暗黒時代の中で
89年は開幕からどん底に沈んだ大洋で孤軍奮闘。6月には月間打率.446(74打数33安打)を記録するなど前半戦で3割5分を越える打率を残し首位打者争いに絡む活躍を見せた。6月までは3番か5番を打っていたが、7月8日の巨人戦で4番に起用された。山崎は「ポンセやパチョレックが調子を取り戻すまでの2、3試合」という気持ちだったらしいが、そのまま4番に定着、太いバットを短く持って、野手の間に打球を落とし、塁に出れば盗塁を決め、時にはバントまでするという、貧打に泣いた同年の大洋を象徴するような4番バッターだった。

ベストナイン
初出場を果たしたオールスターゲームでは第二戦の8回表に勝ち越しタイムリーを放ち優秀選手に輝いた。だが慣れない晴れ舞台でフルスイングを続けた事で打撃のバランスを崩し、後半戦は打率が急降下した。それでも129試合に出場し打率.309、7本塁打、56打点、17盗塁と素晴らしい成績を残し、首位から36.5ゲームでダントツの最下位に沈んだチームから、ただ一人ベストナインとゴールデングラブに選出された。

::
90年は打撃フォームが固まらず6月上旬には打率が2割台前半にまで落ち込んだが、夏場に入ると状態を上げて2年連続でオールスターゲームに出場した。だが後半戦は再び状態を落として打率.259に留まった。2年連続のゴールデングラブを受賞。

連盟提訴
90年6月17日の広島戦でショートへの内野安打を放つと、送球がそれてボールがフェンスまで転がった。これを見た山崎が二塁に向かおうと振り返った瞬間、ボールを追う正田と激突、山崎はその場に倒れ脳震盪を起こした。走塁妨害で二塁への進塁が認められると思われたが平光主審は「一塁どまり」の判定を下した。これに怒った須藤監督は延々20分に渡って抗議した。堪りかねた平光主審は「連盟提訴にしたらどうですか?」と持ちかけた。須藤は「提訴?それはどうやってやるんだ。どういう効果があるんだ」と質問し、説明を受けてようやく引き下がった。

退団
93年オフに駒田獲得に伴う大量解雇事件で退団。その後ダイエーに移籍し、96年引退。





初記録
初出場 85年4月24日広島戦
初安打 85年9月12日阪神戦:中西から
初本塁打 85年10月16日中日戦:郭から
初打点
初盗塁


85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95
ベストナイン 1回
ゴールデングラブ 2回
オールスター 2回


  打撃成績
チーム 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
85 大洋 32 51 11 13 3 0 1 19 3 3 0 1 0 6 0 11 0 0 .255
86 大洋 97 155 20 38 7 1 0 47 6 4 2 4 0 9 2 23 3 1 .245
87 大洋 42 46 5 8 2 0 2 16 6 0 0 1 0 0 1 11 0 0 .174
88 大洋 71 222 35 66 12 2 2 88 28 8 1 4 5 14 2 36 1 0 .297
89 大洋 129 476 64 147 24 5 7 202 56 17 7 9 7 38 4 59 6 0 .309
90 大洋 109 421 56 109 13 5 4 144 34 18 12 6 1 32 3 47 6 3 .259
91 大洋 54 125 14 34 7 0 1 44 15 2 3 0 1 16 0 16 3 0 .272
92 大洋 62 163 23 42 9 1 1 56 19 9 1 4 3 17 1 27 2 0 .258
93 横浜 60 135 14 25 2 0 0 27 11 0 1 2 1 14 2 25 0 1 .185
94 ダイエー 87 141 15 36 8 1 0 46 12 2 3 3 0 17 0 29 3 1 .255
95 ダイエー 80 123 11 28 8 0 1 39 12 0 3 2 2 6 1 25 3 1 .228
球団 9年 656 1794 242 482 79 14 18 643 178 61 27 31 18 146 15 255 21 5 .269
通算 11年 823 2058 268 546 95 15 19 728 202 63 33 36 20 169 16 309 27 7 .265


  オールスター打撃成績
回数 試合 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺 失策 打率
通算 2回 4 8 1 4 1 0 0 5 3 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .500






 
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera

安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック

et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年