サイトマップ リンク
ベイスターズ記録あと何?

サイト内検索>
ホーム ニュース 通算記録 シーズン記録 日本記録 世界記録 選手名鑑 タイトル 球団歴史 ドラフト
安打
本塁打
打点
盗塁
犠打
打率
試合
三振
併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
盗塁死

三振

併殺
勝利
奪三振
セーブ
登板
敗戦
被本塁打
et cetera
7381塁打8594被本塁打95サヨナラ本塁打今日は何の日?動画
ベイスターズ通算記録

■>安打
■>二塁打
■>三塁打
■>本塁打
■>打点
■>盗塁
■>三振
■>併殺打

■>勝利
■>敗戦
■>セーブ
■>奪三振
■>完投
■>完封
■>登板
■>被本塁打
■>投手ヒット

 
 
 
 
 
 
 
Drive Your Dreams. TOYOTA

1

2

3

4

5

6

7

8

9

R

H

E

三浦完全燃焼の引退登板!

RYOAI
B
S
O





4



6



3



5



9



7



8



2



1








6



8



7



4



3



9



2



5



1




三浦 石川 梶谷 久保 筒香 モスコーソ



GOOD NEWS
続・三浦一問一答<9/30>サンスポ
フェニックス・リーグ参加選手が決定<9/30>公式
三浦「ありがとう!」<9/30>三浦公式
CSに向けて社会人チームと練習試合<9/30>公式
三浦「近い将来、優勝できる。絶対に」<9/30>スポニチ
三浦が涙「最高の現役人生」<9/30>ニッカン
生きざま詰まった119球<9/30>スポニチ
憧れの永ちゃんからサプライズ<9/30>スポニチ
三浦、試合後インタビュー<9/30>BBC
三浦さんのために、必死に打った13安打<9/30>スポニチ
恩師の小谷氏が見た三浦<9/30>報知
同学年からコメント<9/30>スポニチ
20代前半100打点は大打者への第一歩<9/30>BBC
筒香2冠「コーチや裏方さんに感謝」<9/30>サンスポ
JR関内駅にメッセージ<9/30>サンスポ
長男、番長そっくりな投球フォーム<9/30>報知
高校時代の恩師「宝」<9/30>サンスポ
高橋尚成が見た三浦<9/30>報知
スポーツ紙各紙と地元紙に全面広告<9/30>スポニチ
元nWoの天山「気迫が凄かった」<9/30>東スポ
BAD NEWS
山口、CSファースト出場は絶望的<9/30>サンスポ
15年連続で勝率5割未満<9/29>サンスポ
阪神・鶴岡が引退会見<9/29>ニッカン
虎・鶴岡が引退へ<9/29>スポニチ
2位届かず…「出来ることはやった」<9/28>サンスポ
筒香先制2ランも「負けたら意味ない」<9/29>デイリー
今永5失点「ズルズルいってしまった」<9/28>デイリー
巨人・村田がサヨナラ満塁弾<9/27>デイリー
須田は左太もも裏肉離れ<9/27>時事通信
ラミ非情、番長を早期交代も<9/27>デイリー
もうできない苦しい時の三浦頼み<9/26>ニッカン
須田離脱で先発を中継ぎ起用も<9/26>サンスポ
須田「引退試合に投げられないのが悔しい<9/25>報知
ハマに悲鳴…須田が負傷降板<9/25>サンスポ
須田PS絶望的<9/25>スポニチ
須田が負傷、「時間がかかりそうだ」<9/24>サンスポ
須田、今季中の復帰は絶望的<9/24>デイリー
阪神、鶴岡と進退会談<9/24>サンスポ
ハマスタ浸水<9/22>エリアン公式
雨天中止なら三浦登板も延期<9/22>スポニチ

ニュース
NumberWeb
Yahoo!プロ野球速報
TBSラジオ試合速報
TBSラジオ横浜個人成績
デイリーベイスターズ
横浜スタジアム天気
オフィシャルサイト
公式サイト
石川 雄洋 三浦 大輔
黒羽根利規 三浦 大輔
梶谷 隆幸 山口 俊
関根 大気 高崎健太郎
渡邊 雄貴 林 昌範
モスコーソ 小林 寛
百瀬 大騎 三嶋 一輝
嶺井 博希 山ア 康晃
戸柱 恭孝 砂田 毅樹
亀井 塔生 綾部 翔
青柳 昴樹 網谷 圭将
坪井 智哉 佐々木主浩
金城 龍彦 藤井 秀悟
中村 紀洋 斎藤 隆
内川 聖一 菊地 和正
村田 修一 森本 稀哲
藤田 一也 相川 亮二
入来 祐作 盛田 幸妃
石井 琢朗 高橋 尚成
波留 敏夫 江尻慎太郎
高木 豊 ブランドン
河野 友軌 クルーン
大西 宏明 山本 省吾
赤堀 大智 白井 一幸
小関 竜也 OH!ベイ
ベイスたん 南 隼人
フェイスブック こもりすみえ
公式動画 ケチャップ
ハマスタ diana


























































オススメリンク
2000本安打への道
2000本安打に挑戦するバッターたちを応援するサイト<必見!>

2軍も愛する人
のためのHP
みんなのファーム観てある記では連日の二軍試合結果が!

Kazmix World
投手援護率や、月間成績、相手別成績などデータ満載!

EX-BAYSTARS
マスコットやdiana、YYパークの情報満載

ベイの翼で飛べ!!
大洋・横浜に在籍した全選手の個人成績データベースが!



三浦投手引退
三浦投手がマウンドに向かうたびに、あるいはピンチになって声援が上がる時、アウト一つごとに、ヒットを打ちエンドランで三塁まで進む姿、三浦投手を援護しようと奮起するチームメイトを見て、タイミングは人それぞれでしたが試合開始からずっとスタンドを見渡せば誰かが涙を流していました。

引退試合を見るとその選手が活躍した試合を思い出す事が多いのですが、三浦投手は特定の試合ではなく右打者左打者問わずアウトローに吸い込まれていくストレートでの見逃し三振が心に残っています。鍛え抜かれたアスリートの何気ない動きが美しいように、ブルペンで何万球も磨きに磨き抜いた三浦投手のストレートは実にかっこよかったです。

最後まで横浜の三浦大輔でいてくれて本当にありがとうございました!いつかまたヨ・ロ・シ・クお願いいします!


1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
東京ヤクルト 1 3 0 3 0 3 1 0 0 11 15 0
横浜DeNA 1 5 0 0 0 0 0 0 0 6 13 0
●三浦(0-3)-加賀-田中-三上-山崎康
梶谷18号、エリアン5号、ロペス34号
梶谷:二塁打39位→38位、打点38位→37位
宮崎:ヒット115位→114位
加賀:奪三振53位→52位、登板31位→30位、被本塁打63位→62位、三上:登板58位→57位
田中:奪三振93位→91位、登板62位→61位
1
開場前から異様な雰囲気がスタジアムを包み、ビアガーデンにもファンがあふれてまともにビジョンが見れない状況になるなど3万人をはるかに超えるファンが集った一戦。三浦がNPB史上単独7位となる488回目の先発のマウンドへ上がると大きな歓声が上がったが先頭の坂口にライト前ヒットを打たれてしまうと、真剣勝負のヤクルトが仕掛けてきた川端とのヒットエンドランがライト前ヒットとなって無死一、三塁というピンチになってしまう。スタンドは静まり返ったが、その後に大きな声援が上がって三浦を後押しすると山田をピッチャーゴロ併殺に切って取って先取点こそ許したが二死を取ると、バレンティンはアウトローのストレートで見逃し三振に切って取る!

1-2
1回裏には一死から梶谷がレフトスタンドにソロを叩き込んですぐさま同点に追いつく!さらにロペスは四球を選んで出塁したが筒香が空振り三振に倒れると、宮崎はレフトポール際にファウルを運んだが打ち直しでショートゴロに倒れて勝ち越しならず。2回表には先頭の雄平が放った右中間への飛球が桑原が打球判断を誤った事もあってツーベースになってしまうと、一死後に西田にレフト前ヒットを打たれて一死一三塁となった所で再び三浦へ大歓声が上がったが、一軍初打席の高卒ルーキー廣岡にレフトスタンドへスリーランを叩き込まれてしまう。

2
2回裏に先頭のエリアンがバックスクリーン右にソロを叩き込んで反撃ムードを作ると、二死後に三浦がセンター前ヒットを放って大きな歓声が上がる!さらに続く桑原のカウント3-2からのエンドランがセンター前ヒットとなると三浦が三塁まで進んでチャンスを広げる!ここで梶谷がライト線へ2点タイムリーツーベースを放って同点に追いつくと、ロペスがレフトスタンドに勝ち越しツーランを叩き込んで大逆転に成功する!!

3
3回表には川端をファーストゴロ、山田が放った三遊間への打球は宮崎がグラブの先で好捕、バレンティンは空振り三振と上位打線を三者凡退に抑えてスタンドが大きく盛り上がる!その裏には先頭の宮崎がレフト前ヒットで出塁すると、エリアンが打ち上げたレフト線へのフライに対してスライディングキャッチを試みたバレンティンが負傷(フェアゾーンに落ちたが判定はファウルに…)すると打ち直しでセカンドフライ、倉本はセンター前ヒットを放って一死一、二塁としたが、高城が空振り三振、三浦がショートゴロに倒れて追加点ならず。

4
4回表に先頭の雄平が当てただけの飛球が思いのほか伸びてレフトフェンス直撃のツーベースになってしまうと、西浦を四球で歩かせて無死一、二塁というピンチになってしまう(このあたりからほぼ全ての投球に対してスタンドから大きな声援が上がるように)。さらに西田にレフト線へツーベースを運ばれて1点を返されて、なおも無死二、三塁というピンチが続いたが、廣岡を空振り三振、代打飯原も空振り三振に切って取って二死を取る!続く坂口も追い込んだが、そこから粘られて10球目で四球を選ばれてしまうと、川端にはあわやグランドスラムのフェンス直撃の打球を打たれてしまう。走者一掃かと思われたが梶谷からの送球を受けたエリアンが素晴らしいバックホームを投じて一走はアウトにする!

4-5
4回裏にはヤクルト三番手の館山から先頭の桑原がセンター前ヒットで出塁したが二盗を刺されてしまうと、続く梶谷は四球からの二盗で一死二塁としたがロペスが空振り三振、筒香がショートゴロに倒れて乱打戦のムードが止まってしまう。5回表には山田をサードファウルフライ、鵜久森は完璧なインローのシュートで見逃し三振、雄平はセカンドフライに打ち取って三浦が5回を投げ切る!その裏には一死からエリアンが右中間を抜くツーベースを放ってチャンスを作ったが、続く倉本が高いバウンドのピッチャーゴロで際どいタイミングもアウト、(ネクストバッターズサークルに三浦が向かって大歓声)高城もピッチャーゴロでヘッドスライディングを見せたがアウトと同点に追いつく事が出来ない。

6
そして迎えた6回表には先頭の西浦にセンター前へポテンヒットを打たれてしまうと、二盗と四球で無死一、二塁というピンチを背負ってしまう。さらに廣岡のライト前で無死満塁となり、いつ降板が告げられてもおかしくない場面となってしまう。さらに代打三輪にはセンター前に落とされて1点を追加されてしまったが、坂口をライトフライに打ち取ると、川端が放ったセカンドゴロを前進守備のエリアンがジャンピングキャッチで好捕してバックホームでアウトにする!(エリアンコールと三浦コールが混じる)。勝利投手への可能性が残るかと思われたが、続く山田に左中間へツーベースを運ばれて致命的な2点を追加されてしまう。

6-7
なおも続いた二死二、三塁で三浦が続投すると鵜久森をセカンドフライに打ち取って総立ちの観客から大歓声を浴びる。三浦もスタンドに一礼して降板を覚悟したが、その裏の打席にも三浦が向かって涙を流しながらセンターフライに倒れると、7回表にマウンドに上がった三浦が先頭の雄平をストレート3球で空振り三振に切った所で降板というラミレス監督の計らいで特別の時間が作られる。

7-9
三浦降板後はスタンドの雰囲気も落ち着き、三浦から代わった加賀がいきなり西浦にソロを運ばれるなど6対11で敗れて15年ぶりの勝率5割は逃した。試合後のセレモニーではラミレス監督の通訳のマイクが不調、シーズンを振り返るVTRも当初は音声が出ないなど音声トラブルが重なったが、花火を挟んで行われた三浦投手を振り返るVTRは素晴らしい出来で多くのファンが涙を流した。
9/14 9/15 9/16 9/17 9/18 9/19 9/23 9/24 9/28 9/29
横2−3ヤ

井納
横8−6神

石田
横1−2神

三浦
横6−3神

モスコーソ
横6−3広

三嶋
横3−1広

今永
横12-4巨

石田
横6ー5巨

三嶋
横5−6ヤ

今永
横6-11ヤ

三浦
出場選手登録投手成績打撃成績試合日程>>


1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
横浜DeNA 0 0 0 0 0 0 2 0 1 3 7 1
埼玉西武 0 4 0 0 1 0 0 0 X 5 9 0
●久保康(1-6)-熊原
山崎憲1号、渡邊5号
山崎憲が最終戦でホームラン!!
久保康が5回を8安打、1四球で5失点…
熊原が3回を1安打、無四球で無失点!
百瀬が2安打!
9/6 9/7 9/8 9/10 9/11 9/16 9/19 9/21 9/24 9/25
横4−5楽

熊原
横2−6楽

久保康
横4−3

モスコーソ
横4−8巨

国吉
横4−5巨

綾部
横1−2ロ

ペトリック
横1−4ロ

久保康
横3ー1巨

国吉
横8−2西

ペトリック
横3−5西

久保康
投手成績打撃成績試合日程>>




イチロー
代打でレフトフライ…
MLB23位まであと”24安打”
MLB34位まであと”1盗塁”
MLB95位まであと”6得点”
今季成績 打率.289、94安打、10盗塁、47得点
MLB通算 3029安打、508盗塁、1395得点

グリエル
久々の2安打!
今季成績 打率.258、32安打、3本、15打点
横浜通算 打率.305、73安打、11本、30打点
9/23 9/24 9/26 9/27 9/28
1安打


0安打


1安打


0安打


0安打


9/24 9/25 9/26 9/27 9/28
1安打
1打点

0安打


0安打


0安打


2安打




岩隈 久志
白星逃すも6回1失点で勝利に貢献!
今季成績 防御率3.96、16勝12敗、142奪三振
MLB通算 63勝37敗、693奪三振

青木 宣親
2安打1四球!!
今季成績 打率.277、112安打、7盗塁、60得点
MLB通算 675安打、88盗塁、326得点
9/4 9/9 9/14 9/20 9/26
7回3点

5奪三振
6.2回2点

5奪三振
6.1回1点

2奪三振
3.1回6点

5奪三振
6回1点

5奪三振
9/23 9/24 9/26 9/27 9/28
1安打
1得点

0安打


1安打


1安打


2安打
2得点



ダルビッシュ
圧巻の7回2安打1四球9奪三振!
MLB通算800奪三振達成!
今季成績 防御率3.53、6勝5敗、120奪三振
MLB通算 45勝30敗、800奪三振

田中 将大
7回1失点で防御率リーグトップ!
奪三振0の怪投
リリーフが打たれて逆転負け…
今季成績 防御率3.07、14勝4敗、165奪三振
MLB通算 39勝16敗、445奪三振
8/29 9/4 9/9 9/17 9/24
6.2回3点

9奪三振
4回5点

4奪三振
6.2回1点

9奪三振
5回7点

8奪三振
7回0点

9奪三振
8/30 9/5 9/10 9/15 9/21
5回2点

4奪三振
6.1回2点

4奪三振
7.1回1点

10奪三振
7回1点

0奪三振
6回4点

5奪三振


前田 健太
4回3失点で降板…
今季成績 防御率3.28 、16勝10敗、176奪三振

9/5 9/11 9/16 9/21 9/27
6.1回1点

8奪三振
6回3点

3奪三振
5回1点

6奪三振
5回2点

6奪三振
4回3点

5奪三振

セ・リーグ順位表
広島 88 52 2 -
巨人 71 68 3 16.5
横浜 69 71 3 19.0
ヤクルト 64 77 1 24.5
阪神 63 76 3 24.5
中日 58 82 3 30.0
スケジュール
通算成績
通算 3855 4827 283
ヤクルト 809 855 55
広島 783 875 56
阪神 728 941 49
中日 724 933 64
巨人 666 1001 49
松竹 22 32 3
西日 11 9 0
西武 22 27 1
楽天 20 28 2
ロッテ 20 29 1
日ハム 18 31 1
オリックス 17 32 1
ソフトバンク 15 34 1
2016年度対戦成績
ヤクルト 14 11 0
巨人 14 10 1
阪神 9 15 1
広島 12 13 0
中日 13 11 1
ソフトバンク 0 3 0
日本ハム 0 3 0
ロッテ 3 0 0
西武 1 2 0
オリックス 3 0 0
楽天 0 3 0
交流戦順位表
ソフトバンク 13 4 1 -
ロッテ 12 6 0 1.5
広島 11 6 1 2.0
楽天 11 7 0 2.5
日本ハム 10 8 0 3.5
西武 9 9 0 4.5
巨人 9 9 0 4.5
横浜 7 11 0 6.5
中日 7 11 0 6.5
阪神 7 11 0 6.5
ヤクルト 6 12 0 7.5
オリックス 5 13 0 8.5
セ47勝60敗1分
ホーム入場者数
16年 1,939,146人
平均 26,933人
15年 1,813,800人
14年 1,564,528人
13年 1,425,728人
12年 1,165,933人
11年 1,102,192人
10年 1,209,618人
09年 1,246,967人
08年 1,129,954人
07年 1,231,997人
06年 1,106,511人
05年 976,004人
先発別チーム勝敗
石田 健大 13勝12敗
山口 俊 11勝7敗1分
井納 翔一 11勝12敗
今永 昇太 10勝11敗1分
モスコーソ 6勝7敗
久保 康友 6勝9敗
ペトリック 4勝3敗
三嶋 一輝 3勝1敗
砂田 毅樹 3勝4敗1分
熊原 健人 2勝1敗
国吉 佑樹 0勝1敗
三浦 大輔 0勝3敗
球団通算
安打 75674 +13
二塁打 12515 +2
三塁打 1359
本塁打 7381 +3
打点 32202 +6
盗塁 5072 +1
三振 5646 +7
併殺打 6483
サヨナラ本 95
勝利 3855
敗戦 4827 +1
セーブ 1157
奪三振 51303 +10
完投 1592
被本塁打 8594 +2
イースタン順位表
巨人 70 47 4 -
楽天 62 48 3 4.5
西武 58 48 8 6.5
ロッテ 61 52 5 7.0
横浜 52 68 4 19.5
日本ハム 49 67 4 20.5
ヤクルト 42 69 5 25.0
2170勝2304敗179分
各年度全試合
60年98年
14年15年16年
監督・コーチ
ラミレス
小川 博文
木塚 敦志
光山 英和
小池 正晃
有働 克也
進藤 達哉
篠原 貴行
万永 貴司
青山 道雄
島田 直也
永池 恭男
投手
久保 裕也
山口 俊
柿田 裕太
井納 翔一
三嶋 一輝
山崎 康晃
今永 昇太
林 昌範
福地 元春
平田 真吾
大原 慎司
綾部 翔
砂田 毅樹
モスコーソ
小杉 陽太
野川 拓斗
国吉 佑樹
藤岡 好明
ブロ-ドウェイ
熊原 健人
小林 寛
石田 健大
加賀 繁
三浦 大輔
須田 幸太
高崎健太郎
久保 康友
飯塚 悟史
三上 朋也
安部 建輝
田中健二朗
山下 峻
エレラ
長田秀一郎
萬谷 康平
ペトリック
ザガースキー
田村 丈
捕手
黒羽根利規
高城 俊人
西森 将司
亀井 塔生
戸柱 恭孝
嶺井 博希
網谷 圭将

内野手
山崎 憲晴
倉本 寿彦
石川 雄洋
柴田 竜拓
山下 幸輝
エリアン
ロマック
白根 尚貴
山本武白志
ロペス
白崎 浩之
内村 賢介
柳田 殖生
松井飛雄馬
宮崎 敏郎
後藤 武敏
百瀬 大騎

外野手
梶谷 隆幸
筒香 嘉智
乙坂 智
渡邊 雄貴
青柳 昴樹
関根 大気
荒波 翔
井手正太郎
桑原 将志
下園 辰哉
松本啓二朗


安打
二塁打
三塁打
本塁打
打点
盗塁
三振
併殺
盗塁死
勝利
セーブ
奪三振
完投
完封
敗戦
被安打
被本塁打
Average Record
打率
防御率
奪三振率
三振率
被本塁打率
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
SeasonRecord
安打
本塁打
打点
盗塁
打率
三振
勝利
奪三振
セーブ
日米通算 球団在籍選手
打者あ
打者か
打者さ
打者た
打者な
打者は
打者まや
打者らわ
投手あ
投手か
投手さ
投手た
投手な
投手は
投手まや
投手らわ
et cetera
大洋ホエールズ
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ
全選手一覧
監督
その他

打者タイトル
投手タイトル
MVP
新人王
沢村賞
カムバック
et cetera
ベストナイン
ゴールデングラブ
サイクルヒット
ノーヒットノーラン
日本記録
球団記録
ALL
50S
60S
70S
80S
90S
00S
Team Record
巨人
阪神
中日
広島
ヤクルト
松竹&
西日本

ALL
勝利
敗戦
打率
本塁打
三振


65年
66年1次
66年2次
67年
68年